AX2012R2標準OLAPデータベースの既知の問題

日本語環境で、AX2012R2の標準OLAPデータベースを使用した際の、既知の問題が2つございますので連絡致します。    (問題1)日本語環境で、標準OLAPデータベース(Dynamics AX)に、カスタムキューブをSQL Server Analysis ServicesプロジェクトのウィザードのUpdate機能で追加すると、OLAPデータベースの処理を実行した際に、「高レベルリレーショナル エンジンでエラーが発生しました。 結合に必要なテーブル ‘BASEENUM…」のエラーが発生する。   [解決策] SQL Server Analysis Servicesプロジェクトのウィザードを実行するPCの下記設定を変更ください。 1. AXの言語をen-usに設定。(ツール>オプション>一般) 2. コントロールパネル>地域と言語>形式で「英語(米国)」を選択     (問題2) 日本語環境で、AX2012R2CU7で、標準OLAP databaseをSQL Server Analysis ServicesプロジェクトのウィザードのDeploy機能で展開した後、OLAP databaseを処理すると以下のエラーが発生。  「文字列から日付と時刻、またはそのいずれかの変換中に、変換が失敗しました。」   [解決策] OLAPデータベースの処理を実行するユーザの既定の言語をEnglishに変更ください。 a. SQL Server management studioでデータベースエンジンにログイン。 b. セキュリティ>ログイン でユーザを右クリックしてプロパティを選択。 c. 全般タブの既定の言語をEnglishに変更してください。

0

5.0.1600.754 以上のカーネルビルドにおいてバッチダイアログ上のボタン表示が切れる問題

こんにちは。 AX2009 SP1 KB2762286 (Kernel Build 5.0.1600.754) の Kernel Hotfix 修正内容の問題により、バッチダイアログのボタン表示が途中で切れる問題が生じました。 (フォームの一例) この問題の対処のため KB2806731 にて X++ コードの修正が行われアプリケーションHotfix としてリリースされています。KB2762286 以降の Kernel Hotfix では KB2806731 をセットで適用するようにして下さい。サポートへのお問い合わせ時には合わせてご案内するようにしております。 なお KB2806731  はまだ Partner Source に公開されていません。お手数お掛けして恐縮ですが、ケースをオープン頂き Hotfix をリクエスト頂けますようお願い致します。

0

2012からの新規に追加された機能

こんにちは AX2012では、2009/4.0には無い、新規機能がいくつか追加されています。   まず、Add-inとしてのPublic Sectorがあります。 (http://www.microsoft.com/Presspass/press/2011/may11/05-23MSPubSecDynamicsAX12PR.mspx) こちらは、名前の通り、政府機関向けの機能であり、正直、日本でどれ位、使われるかは、疑問なのですが、 日本のお客様にとって重要なのは、Public Sectorの登場により、Coreの機能が影響を受けているという事です。   具体的には、政府機関では、一定の予算内で、業務を実行する事が重要であるため、Budgetingの機能が拡張され、 又、予算の消費を早期に認識するため、Encumberance。(Purchase OrderのConfirmationの段階で、予算の消費を認識します)という機能が追加されたりしています。   又、新規に以下のモジュールが追加されています。 (各モジュールの概要は、又、次回以降に書いていきたいと思います) Budgeting(General Ledgerから独立のモジュールに) Fixed Asset(General Ledgerから独立のモジュールに) Compliance and Internal control Product Information management Production control sales and marketing Organization administration   又、新規のモジュールとならなくても、機能レベルの変更、コンセプトが大きく変更になった点があります。 現在、2012のE-learningが続々とParnter SourceにUploadされていますので、チェックして頂ければと思います。 https://mbs.microsoft.com/CMS/Templates/site/DLPP.aspx?NRMODE=Published&NRNODEGUID=%7BC4BA7F45-1232-4A4C-906D-E37D7305B2CE%7D&NRORIGINALURL=/partnersource/communities/training/trainingmaterials/student/&NRCACHEHINT=Guest&wa=wsignin1.0  

0

Hotfixの適用後のコンパイルエラーについて

こんにちは。 Hotfix適用後、AOTからコンパイルを行うと、以下の様に”The enumeration does not exist.”というエラーが出る事があります。   これは、適用したHotfixのApplication codeにenumerationが存在しているのに、Indexが作成されていないためエラーとなっているのですが、  以下のステップを実行する事に、解消する事ができます。 1. AOSを停止する。 2.アプリケーションフォルダーからapapd.aoiを削除する。 (アプリケーションフォルダは、server configuration utilityから確認出来ます)    以上、最近、御問合せが多いため、記事にしてみました。 上記のエラーが出たら、参考にしてみてください。      

0

Dynamics AX 2012 のリリースについて

こんにちは。 いよいよ、Dynamics AXの次のバージョンである、AX 2012が、米国時間の8月1日にリリースされました。 詳細情報は、以下から参照できます。 https://mbs.microsoft.com/Cms/Templates/document/General.aspx?NRMODE=Published&NRNODEGUID={759352FD-D609-4069-8237-040D242844B3}&NRORIGINALURL=/partnersource/deployment/resources/productreleases/MicrosoftDynamicsAX2012&NRCACHEHINT=Guest&wa=wsignin1.0#Loc 23の言語で、25の国に対してリリースとありますが、 日本語は、まだ対応されておらず、日本での発売は、まだ先(2013年頃の予定)になりそうです。 (言語、Localizaztionの対応などは、以下のリンクから参照できます) http://download.microsoft.com/download/0/B/4/0B4D5CC4-98FB-4D48-BCE5-9D8FE3D76611/MBS_AX_AvailabilityGuide_US.pdf    

0

特定の日本語が保存されない問題

特定の全角文字(*1)が文字列先頭の場合、フォームから入力して保存しても、再度開いた際に文字が消える既知の不具合がございます。問題はStringSizeがMemoのString型フィールドで発生します。 5.0.1500.3566以降のカーネル累積Hotfix又は、Rollup6, 7のカーネルでは対策されています。5.0.1500.3566より前のカーネルを御使用の場合は、5.0.1500.3566以降のカーネル累積Hotfixの御適用を御検討ください。 (*1)文字コードの1桁目が0の文字(例:4E00 一)

0

(AXとは関連はありませんが)PCの節電方法等について

こんにちは。 Dynamics AXとは直接関連は、ありませんが、マイクロソフトとして、以下の様な、節電や、停電対策に関する情報を発信しております。 IT devicesの節電の参考にして頂ければと思います。 o    パソコンやサーバーの停電対策、節電機能、その他、役立つマイクロソフト・サポート技術情報:http://support.microsoft.com/gp/jishin-taisaku/ja o    停電に備え、節電して Windows PC を使用する方法:http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/gg715287 o    マイクロソフト製品群のバックアップ、障害対応および節電に関する情報:http://technet.microsoft.com/ja-jp/gg703325

0

AxInventTransferLine, AxInventTransferParmLineクラスのメソッドの誤り

パートナー様より以下のメソッドの誤りを御指摘頂きましたので連絡させて頂きます。AxInventTransferLine : inventTransferTableRecordAxInventTransferLine:transferLine_SalesCalcAvailableDlvDatesAxInventTransferParmLine:inventTransferLineRecordAxInventTransferParmLine:inventTransferParmTableRecord (例)AxInventTransferLine : inventTransferTableRecord(現在のコード)    if (! prmisdefault(_inventTransferTable))    {        this.tableCacheInsert(inventTransferTableIdx, inventTransferTable);        inventTransferTable = _inventTransferTable;    } (正しいコード)    if (! prmisdefault(_inventTransferTable))    {        this.tableCacheInsert(inventTransferTableIdx, _inventTransferTable);        inventTransferTable = _inventTransferTable;    } AxInventTransferLine, AxInventTransferParmLineクラスは標準のAIFドキュメントでは使用されていません。これらのクラスを使用したAIFを作成された場合又は、これらのクラスを使用してInventTransferLine, InventTransferParmLineテーブルにデータをInsertする処理をカスタマイズされた場合には影響がございます。

0

KB982712:AX2012からAX 2009にバックポートされた機能

こんにちは。 あまり、知られていないかも知れませんが、AX2012のために新たに開発されたが、有用なのでAX2009にバックポートされた機能というのがあります。 KB982712で、2009SP1に機能をインストールできるのですが、これは以下の3つの機能を含みます。 1.Non-finanical Transfers          御存知の様に、財務マイナス在庫を許可した品目で、梱包明細転記後、請求書転記前に移動を行うと、決算時に、ルーピングが発生します。    ルーピングは、決算処理のパフォーマンスに影響し、在庫価格の分析を困難にするため、決算実行時に最大スループットや、最小スループット調整のパラメーターで、    ルーピングの範囲を狭めている方もいるかと思います。    そもそも、ルーピングがなぜ起こるかというと、請求書転記前に移動を行うと、財務伝票が転記されてしまう事にあります。    それが、KB982712を適用し、在庫モデルグループで倉庫を資産在庫として設定すると、梱包明細転記後、請求書転記前に倉庫間の移動をしても、財務伝票が転記されません。    そのため、ルーピングが発生しなくなります。   2.Inventory value Report    こちらは、一般会計の財務諸表の在庫管理バージョンです。財務諸表のように、列と行を定義する事により、自由にUser定義のレポートを作る事が出来ます。   3.Potenticl Conflicts – Inventory and General Ledger   これは、在庫管理と一般会計の不一致を表示するレポートです。例えば、在庫管理の勘定として定義されていない勘定科目等に、在庫Transactionが転記されたりすると、  このレポートは、何故、不一致なのかという理由と共に、不一致transactoinを表示します。   以上、3つとも、非常に有用な機能かと思います。AX2012のリリースを待たずに、使えますので、是非、試してください。    

0

Dynamics AXの次のバージョン

AX 6.0というコードネームで呼ばれていた次バージョンの正式名称は、Dynamics AX2012となりました。 名前は、2012ですが、2011年の後半にリリースされる予定です。 AX2012では、Office2010, SharePoint 2010 etcの他のMicrosoft 製品とのintegrationもある様です。   又、2011年2月には、AX for RetailのR2がリリースされます。 Retail for AXは、元々はLS Retailという会社が開発したものを、Microsoftを買いAXのソリューションとしたものです。 2010年1月にR1バージョンがNorth Americaでのみリリースされています。   マイクロソフトには、この他にRetail Chain Managerというソリューションがありますが、 これは、2月にリリースされるRetail for AXのR2に統合されます。   R2には、各国のLocalizationの機能が追加されるのですが、 今のところは、日本のLocalizationが追加されるとの連絡は受けていません。 (APACでは、インドと中国のLocalizationが追加されるとの情報のみ来ています)    

0