AX2012R2 DEMO VM

AX2012R2のデモ用のHyper-Vイメージがダウンロード可能となりました。   <Microsoft Dynamics AX 2012 Demo Tools and Materials> https://mbs.microsoft.com/customersource/downloads/servicepacks/AX2012DemoToolsMaterials.htm

0

Microsoft Dynamics AX 2012 R2 GA

Microsoft Dynamics AX 2012 R2がGA(generally available)となりました。 AX2012R2 関連情報のリンクを以下に記載させて頂きます。   Microsoft Dynamics AX 2012 R2 の紹介 http://www.microsoft.com/dynamics/ax-2012-r2/ja-jp/default.aspx   製品、ドキュメントのダウンロード <CustomerSource> https://mbs.microsoft.com/customersource/downloads/servicepacks/MicrosoftDynamicsAX2012R2 <PartnerSource> https://mbs.microsoft.com/partnersource/deployment/resources/productreleases/MicrosoftDynamicsAX2012R2   Microsoft Dynamics AX 2012 R2 Now Available! Sematic scales operations to unify it’s global manufacturing http://community.dynamics.com/b/theedge/default.aspx   Official Dynamics AX 2012 R2 Content (update) – Where is it, and how can you…

0

チャートコントロール

AX2012R2から使用可能となったチャートコントロールを紹介します。 チャートコントロールはユーザコントロールの1オプションで、エンタープライズポータルにチャートデータを表示できます。チャートコントロールは、表示速度が速いため、ロールセンターの表示速度を上げる効果があります。 ユーザコントロールと同様に、Visual Studioで作成し、アイテム追加時に、EP Chart Controlテンプレートを選択します。  表示データは「Report Data Provider (RDP) クラス」又は「Analysis cube」から取得します。作成方法は以下の情報をご参照ください。 <関連情報>Chart Controls Overview [AX 2012]http://msdn.microsoft.com/en-us/library/hh965689.aspx 作成方法は以下のWalkthroughを御参照ください。Walkthrough: Creating a Chart Control with Data from a Report Data Provider Class [AX 2012]http://msdn.microsoft.com/EN-US/library/hh975425.aspxWalkthrough: Creating a Chart Control with Data from an Analysis Services Cube [AX 2012]http://msdn.microsoft.com/EN-US/library/hh965685.aspx Information sourceサイトから、関連するビデオと資料がダウンロード可能です。https://informationsource.dynamics.com/TC2012: Develop compelling visualizations of business data with Dynamics…

0

データパーティション (AX2012R2)

AX2012R2の重要な新機能に「データパーティション」が有ります。   (概要) 複数の会社を、パーティションで区切ることで、1AXインスタンスで複数のビジネスを管理することが可能になります。 <今までの構成>     <AX2012R2の構成>     詳細には、テーブルにpartitionフィールドが追加になり、格納先パーティションのRecIdが格納されます。     データを「会社単位」「パーティション単位」「全会社、パーティションに共有」に保存するかは、テーブルの以下のプロパティで制御できます。 SystemTable SaveDataPerCompany SaveDataPerPartition     (作成方法) システム管理>設定>パーティションをクリック     [追加]をクリックして、パーティションキー、名前を入力。       Microsoft Dynamics AX Configuration Utilityを起動して Partitionに作成したパーティション名を入力して、保存。     AXクライアントを起動すると、「パーティション初期化チェックリスト」が表示されます。 チェックリストを完了すると、パーティションが使用可能となります。     (Tips) Inititalはデフォルトのパーティションです。 パーティション作成時に、DAT会社が作成されます。全てのパーティションにDATは存在します。 同じ名前の会社を複数のパーティションで作成可能です。   (関連サイト) Data partitioning architecture [AX 2012] http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj728665.aspx Plan for data partitioning…

0

Information Source

既にご存じかも知れませんが、Information Sourceというサイトから、Dynamics関係の様々な製品情報やツールを入手することが可能です。 < Information Source > http://informationsource.dynamics.com/rfpservicesonline/RfpServicesOnline.aspx   情報を入手するには、先ずサインインする必要が有ります。   Partnersource,CustomerSourceアクセス時に御使用になっているWindows Live ID(Hotmailアドレス等)とパスワードを入力してサインインします。   <ライブラリ> ライブラリでは、様々なカンファレンス等で使用されたドキュメントやビデオを検索、入手が可能です。     <サービス> サービスには、現在7個のAX2012用ツールが公開されています。   (注)Betaバージョンのツールは、Dynamics AXサポートチームのサポートスコープ外となっています。 Betaバージョンのツールに関して、何かフィードバックございましたらMicrosoft Connectサイトから御連絡ください。 https://connect.microsoft.com/dynamicssuggestions   Information Sourceの説明が以下のサイトにございますのでご参照ください。 <Microsoft Dynamics InformationSource   http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh378081.aspx < Microsoft Dynamics – Information Source for Microsoft Dynamics AX https://mbs.microsoft.com/partnersource/support/selfsupport/productreleases/MSDAXInfoSourcePS.htm

0

パフォーマンスモニターの使い方

こんにちは。 AOS サーバーのクラッシュ時などにリソース状態の確認を行うと有用な場合があります。ここではパフォーマンスモニターの使い方を簡単にまとめてありますので下記の添付ファイルをご参照下さい。 出典:Why does the server need to free resources and terminates client sessions?http://blogs.msdn.com/b/emeadaxsupport/archive/2009/06/08/why-does-the-server-need-to-free-resources-and-terminates-client-sessions.aspx パフォーマンスモニターの使い方.docx

0

DebugDiagによるクラッシュダンプ採取方法

こんにちは。 AOS や AX クライアントのクラッシュ時のメモリダンプ採取に便利な DebugDiag ツールの使用方法を簡単にまとめてあります。下記の添付ファイルをご参照下さい。 DebugDiagによるクラッシュダンプ採取方法.docx

0

AOS クラッシュ時の対処方法(AX 2009)

こんにちは。 AOS サーバプロセス(Ax32Serv.exe)がクラッシュした場合の対処、調査に必要な情報採取方法についてのまとめです。 1. まず以下のリンクに沿って、システムに不整合が生じていないことをご確認ください。 AX環境の不整合解消方法http://blogs.msdn.com/b/axjapan/archive/2010/11/29/10097675.aspx 2. それでも解消しない場合、最新のカーネル Hotfix の適用をご検討下さい。最新のカーネルでは多くの修正が含まれており、過去の AOS クラッシュ事象への修正も多く含まれています。カーネル Hotfix では既存のアプリケーションへの影響はありませんので検討して頂きたいと思います。 3. 最新カーネルの適用が不可であり速やかに調査開始が必要な場合、あるいは最新カーネルを適用したが問題が解決しない場合には以下の情報を採取してお送り下さい。(ファイルサイズが大きくなりますので専用のアップロードサイトをサポートエンジニアからご連絡致します) AOS サーバイベントビューアログ スタート>設定>コントロールパネル>管理ツール>イベントビューア “アプリケーション″を選択して右クリック「ログファイルの名前を付けて保存」を選択。ファイル名を指定して[保存]をクリック。 “システム”を選択して右クリック「ログファイルの名前を付けて保存」を選択。ファイル名を指定して[保存]をクリック。 クラッシュダンプの採取(右の3つからいずれか) レジストリ操作によってクラッシュ発生時に自動的にダンプファイルを生成する機能を予め仕掛けておくと便利です。 Windows Error Reporting機能を使用して、AOS(ax32serv.exe)のクラッシュダンプを取得する方法http://blogs.msdn.com/b/axjapan/archive/2011/12/16/windows-error-reporting-aos-ax32serv-exe.aspx既に仕掛けてある場合、イベントログでダンプファイルの出力箇所が分かりますのでお送り下さい。 DebugDiag ツールを使用する方法DebugDiag は GUI ツールであり簡単な操作でクラッシュダンプを採取することができます。 ダウンロードhttp://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=26798 64 bit 版と 32 Bit 版がありますので選択して下さい。 使用方法DebugDiagによるクラッシュダンプ採取方法http://blogs.msdn.com/b/axjapan/archive/2012/04/19/debugdiag.aspx ADPlus.vbs (ADPlus) を使用する方法ADPlus でもクラッシュダンプの採取ができます。稼働中のプロセスにアタッチする必要があります。また採取中にログオフをすると ADPlus だけでなくアタッチされていたプロセスも終了しますので注意して下さい。 ダウンロードhttp://msdn.microsoft.com/en-us/windows/hardware/gg463009.aspx ADPlusを使用するにはインストーラにて Common Utilities > Debugging Tools for Windows をインストールするのみで結構です。…

0

Dynamics AX 2009 SP1 RU-8 for Process Industries 3.1 がリリースされました

こんにちは。 先日お知らせした Dynamics AX 2009 SP1 RU-8 ですが、Process Industries 3.1 のリリースが追加された模様ですので報告します。 Dynamics AX 2009 SP1 RU-8 for Process Industries 3.1 (PI) (KB2678990) [Build # 5.0.1500.6493]https://mbs2.microsoft.com/Knowledgebase/KBDisplay.aspx?scid=kb;en-us;2678990

0

Dynamics AX 2009 Rollup 8 (RU8) がリリースされました

こんにちは。 Dynamics AX 2009 Rollup 8 (RU8) がリリースされましたのでお知らせします。以下のリンクからダウンロード可能です。 Dynamics AX 2009 SP1 RU-8 (KB2677618) [Build # 5.0.1500.6491]https://mbs2.microsoft.com/Knowledgebase/KBDisplay.aspx?scid=kb;en-us;2677618 Dynamics AX 2009 SP1 RU-8 for Project Time Management (PTM) (KB2678991) [Build # 5.0.1500.6492]https://mbs2.microsoft.com/Knowledgebase/KBDisplay.aspx?scid=kb;en-us;2678991 Dynamics AX 2009 SP1 RU-8 for Professional Services Automation (PSA) (KB2678992) [Build # 5.0.1500.6493]https://mbs2.microsoft.com/Knowledgebase/KBDisplay.aspx?scid=kb;en-us;2678992 * なお Process Industry 版の RU8 については現時点でリリースされていません。情報入り次第お知らせします。

0