8.1.3の1box環境でパッケージの適用が最後のステップで失敗する問題


8.1.3の1box環境で、バイナリーアップデートやカスタマイズのパッケージを適用すると最後のステップで異常終了する現象が報告されています。
ログを確認すると、以下のようなFinancial Reportingの検証処理(DVTs)で異常が発生したことを示すエラーメッセージが記録されています。
[2:42:37.363] DVT value not found: MR.AX.Runtime.DataAccess.SqlUser
[2:42:37.363] DVT value not found: MR.AX.Runtime.DataAccess.SqlPwd
[ERROR] Terminating error encountered, deployment may not be complete!!!

この問題はPU24では対策されています。

マイクロソフト管理の開発環境で問題が発生した場合は、サポートにお問合せください。
クラウドホスト環境は弊社のエンジニアはアクセスできないため、パートナー様に以下の回避策を実施頂く必要がございます。
1.   For each machine you want to skip DVTs
a.   Find the deployable package on the machine.
(1)   E.g., Service volume (J):\DeployablePackages\f7f1623c-59b2-49bb-8bfa-1958b64f8d85
(2)   It will be the most recent package

b.   Go to the appropriate service model folder
(1)   MRApplicationService/ for AOS
(2)   MRProcessService/ for BI

c.   Find the DVT execution script: <<MR service model>>\Scripts\Update\AutoRunDVT.ps1
(1)   E.g., BI DVTs are failing, so on the BI machine -- J:\DeployablePackages\f7f1623c-59b2-49bb-8bfa-1958b64f8d85\MRProcessService\scripts\Update\JobAutoRunDVT.ps1

d.   Make a copy of the file
(1)   Edit the original, clear all contents so the file is empty, save the empty file

2.   Resume the runbook from LCS

 

今回の回避策が有効であるのは、上記のエラーが出力されている時のみで、
それ以外の理由で異常終了した場合には、この回避策は実施しないように注意してください。


Comments (0)

Skip to main content