環境ごとにおけるインストール済みX++更新プログラムの確認方法


それぞれの環境にてすでにインストールされているX++更新プログラムを確認する方法をまとめました。

 

1.サンドボックス:開発とテスト(Sandbox Tier 1

1.開発環境にRDPします。

2.Visual Studio を起動します。

3.[Dynamics 365]->[Addins]->[Apply Hotfix]を選択します。

 

4.[View Installed Hotfixes]のタブより、インストール済みのKBが確認できます。

 

2.サンドボックス:スタンダード承認テスト(Sandbox Tier 2

LCSを使用して[View detailed version information]>[Unknown Publisher]リストの下にて確認できます。

 

3.本番環境(Produciton

2と同様の手順となっています。  

 

4.クラウドホスト環境(Cloud-hosted Environment

1と同様の手順となっています。


Comments (0)

Skip to main content