顧客支払仕訳帳の財務分析コードの規定値について


売掛金管理 > 支払 > 支払仕訳帳から、1. 手動で明細行を入力する手順と、2. 機能 > 支払のインポートより明細行を入力する手順で財務分析コードの設定元が異なる現象がございます。
以下に、現行製品 (AX2012, D365FO) の動作について説明いたします。

 

財務分析コードの設定箇所:
------------------------------
a. 仕訳帳 (一般会計 > 仕訳帳の設定 > 仕訳帳名)
b. 顧客 (売掛金管理 > 顧客 > すべての顧客)
c. 銀行口座 (現金および銀行管理 > 銀行口座 > 銀行口座)

 

明細行を入力する手順:
------------------------------
手動で明細行を入力
または、
機能 > 支払のインポートより明細行を入力

 

動作概要
------------------------------
手入力で明細行を入力する場合:
仕訳帳マスターの財務分析コードの設定が勘定(顧客)と相手勘定の財務分析コートに設定されます。
仕訳帳マスターに財務分析コードが設定されていない場合は、顧客マスターの財務分析コードの設定が顧客勘定と相手勘定の財務分析コードに設定されます。

支払のインポートより明細行を入力する場合:
顧客マスター、相手勘定のマスターの財務分析コードの設定が、顧客勘定と相手勘定それぞれの財務分析コードに設定されます。

 

 

 

 

 

 


Comments (0)

Skip to main content