クラウドホスト環境のSSL証明書期限切れ


 

お客様/パートナー様のサブスクリプション上で稼働しているクラウドホスト環境の中で

4月15日以前にデプロイされた環境のSSL証明書が4月23日午後5時(UTC)に期限切れになります。

 

御手数ですが、こちらの手順を御参考に証明書を更新ください。

< Rotate the expired or nearly expired SSL certificate on your subscription’s one-box environments>

https://blogs.msdn.microsoft.com/lcs/2018/04/22/rotate-the-expired-or-nearly-expired-ssl-certificate-on-your-subscriptions-one-box-environments/

 

対象環境の管理者の方には以下のタイトルのメールが届いています。

ACTION REQUIRED: Rotate nearly expired/expired SSL Certificate on your One-box environments under your subscription

 

今回は直前での連絡となり誠に恐縮ですが、今後はもっと早い時期に連絡できるように開発チームも検討しています。

また、複数の環境の証明書を一度に更新する方法はございません。

もし、SSL証明書の入れ替え中にエラーが発生した場合は、LCSの言語設定を英語(米国)に変更して再実行することで解決するか御確認ください。

 

SSL証明書の更新の既知の問題と解決策が以下のブログで公開されていますので御参照下さい。

Known Issues with SSL certificate rotation feature in LCS
https://blogs.msdn.microsoft.com/lcs/2018/04/23/known-issues-with-ssl-certificate-rotation-feature-in-lcs/


Comments (0)

Skip to main content