プライベートAOS

Sandbox環境からプライベートAOSマシン(PAOS)が削除された理由に関しては、 下記のドキュメントをご参照ください https://docs.microsoft.com/en-us/dynamics365/unified-operations/dev-itpro/deployment/cloud-deployment-overview#frequently-asked-questions <日本語訳> 使用しているTier 2からTier 5の複数のサンドボックス環境から、プライベートAOSマシンが無くなったのはなぜですか? プライベートAOS は、これまでAOSとBIマシン間のセキュアな通信のために必要でした。 最近のアップデートにより、全てのAOSとBIマシン間の通信は、直接セキュアな通信が行えるようになりました。 このため、プライベートAOSマシンを介する必要なくなり、プライベートAOSマシンの削除を順次実施しております。 この変更は、機能やセキュリティに影響を及ぼしません。

0

D365ffOのVHDダウンロード先

D365ffOのVHDはLCSのShared Asset Libraryからダウンロード可能となっています。 https://lcs.dynamics.com/V2/SharedAssetLibrary   Shared Asset LibraryのDownloadable VHDからダウンロードください。

0