D365ffO:PU12リリースで変更されるバッチ処理の実行制限(Batch Throttling)について

App7.2/PU8のリリースにおいて、オンラインユーザーとバッチ処理の消費リソースのバランスをとるために、マシンのCPUの使用率が閾値を超えていた場合、バッチ処理の実行を制限するというCPU使用率の規定値を40%に引き下げました。 またSQLの使用率においても同様の制限の規定値を30%に引き下げました。PU11までのリリースをお使いの場合は、サーバーコンフィギュレーション(システム管理>設定)の「このインスタンス用の調整コンフィギュレーション」から、これらの閾値を変更することが可能です。   PU12ではバッチ処理の実行制限についていくつかの変更が実施されますのでご注意ください。 下記に変更点をまとめました。   バッチ処理の実行制限に関するすべてのコンフィギュレーションは非表示になります。よってお客様がこれらの値を構成することは出来なくなります。もし、お客様からのお問い合わせにおける調査において、これらの設定を変更する必要があると判断した場合には、正当と思われる適切な理由とともにデータセンターエンジニアに要請することもございます。   CPU使用率におけるバッチ処理の実行制限の変更について PU12では2種類の異なるバッチ処理の実行制限レベルがあります。単一プロセスごととマシンごとのものです。 単一プロセス単位の閾値は40%、マシン単位のものは70%に設定されます。あるバッチ処理が消費するCPUが40%以下の場合にはそのバッチ処理の実行は制限されません。 また、あるバッチ処理のCPU使用率が40%を超えているがMachineCpuPercentLimit(規定では70%)未満の場合にもバッチの実行は制限されません。   SQL使用率におけるバッチ処理の実行制限の変更について SQL Resource Governor(ランナウェイクエリやSQLの帯域をすべて消費してしまうような処理を抑制する)が実装されることにより、この設定は基本的に削除されます。

0

D365ffO : RDP の IP レンジの制限を行う機能

Microsoft マネージ環境で RDP の IP レンジ(範囲)の制限を行う機能が有効になりました。 新しいデプロイメント環境では、パートナー様およびお客様は、RDPアクセスを許可したい各環境の IP アドレス レンジ(範囲)を指定する必要があります。 詳細は以下のドキュメントのRemote Desktop (RDP) lockdownの章に記載されています。 < Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise edition cloud deployment overview > https://docs.microsoft.com/en-us/dynamics365/unified-operations/dev-itpro/deployment/cloud-deployment-overview   お使いのD365ffO VMに RDP接続できない場合、サービスリクエストをオープンする前に、以下の点を御確認頂けますでしょうか。   LCSで環境を開いて頂き、Login > Log on to environmentを実行してD365ffO環境にブラウザでアクセスして頂き、VM自体稼働していないか、RDP接続だけが出来ないか確認ください。   LCS 内でお客様のプロジェクトを検索し、問題となっている環境が Microsoft マネージ環境(プロジェクトのメインページに表示される環境一覧)の中の一つであるかを確認してください。 環境が、お客様自身が持つサブスクリプションのクラウド ホスティング環境である場合は、Azure ポータルからRDPをダウンロードしてアクセスできるか確認ください。もしアクセスできない場合は、ネットワークセキュリティグループ(NSG)の構成を確認するか、または Azure サポート リクエスト をオープンください。   お使いの LCS の環境内で…

0