お問い合わせのクローズのタイミングについて


内容を更新しました。

更新日 : 2019 年 3 月 1 日

 

いつもマイクロソフトサポートをご利用いただきありがとうございます。
この記事ではお問い合わせのクローズのタイミングについてご案内いたします。

お陰様で、マイクロソフトサポートでは Dynamics AX (Dynamics 365 for Operations 含む) について
日々多くのお問い合わせをいただいております。
お問い合わせの中には、回答をご案内してから、クローズのご了承を頂くまでに数か月間かかるものもございます。
これらのお問い合わせを管理する工数を他の調査の工数に充てることで、
お客様へご案内する回答の品質を高めることを目的として
お問い合わせのクローズのタイミングを以下の通りとさせていただきたく存じます。

【 1 か月以上連絡が取れない場合】
回答を差し上げた後、もしくは調査継続のため情報提供のお願いをした後、
弊社エンジニアから何度かご案内をしても連絡が取れない場合がございます。
この場合は、回答もしくは情報提供のお願いをご案内してから 1 か月 (30 日) を経過した場合、
お問い合わせをクローズとさせていただきます。
弊社からクローズのご連絡を差し上げた後、 30 日以内であれば再オープン可能です。

 

2019 年 3 月 1 日更新==
【お問い合わせの事象が再現できない場合】
お問い合わせの事象が弊社標準環境およびお客様環境で必ず再現しない場合、
調査および開発部門へのエスカレーションが極めて困難なことがほとんどです。
弊社でも事象の再現を試みますが、お客様環境でも必ず事象が再現しない場合、
事象が再現して、必要な情報をご提供いただけるまで、お問い合わせは
一旦クローズとさせていただきたく存じます。
情報が整いましたら、改めてお問い合わせいただけますようお願いいたします。
==

 

【修正プログラムに関するお問い合わせの場合】
お問い合わせの中には製品の不具合により修正プログラムをご案内する場合がございます。
弊社環境でお問い合わせの現象を修正プログラムにより解消できることが判明した場合、
修正プログラムのご案内をもって、お問い合わせのクローズとさせていただきます。
これは新しい修正プログラムのリクエストがあった場合も同様です。
修正プログラムのパートナー様での検証中もしくはお客様での検証中に問題が発生したり、
ご案内した修正プログラムにご質問がある場合は、
新しくお問い合わせを作成していただけますようお願いいたします。

 

2019 年 3 月 1 日更新==
【修正プログラムに関するお問い合わせの場合。 Dynamics 365 for Finance and operations について】
One version への変更に伴い、 Dynamics 365 for Finance and operations の修正プログラムのリリース方法が変更になりました。
One version 以前: 個別の Hotfix としてご案内
One version の対応: Monthly update でのご案内
この変更に伴い、修正プログラムが Monthly update に含まれることが判明した時点でお問い合わせはクローズとさせていただきたく存じます。
Monthly update 後にお問い合わせの問題が解消していないようでしたら、改めてお問い合わせを作成していただけますようお願いいたします。
==

 

弊社ではお問い合わせいただいた内容は、メールのやり取りを含めて、履歴を管理しております。
新しくお問い合わせを作成していただく際、お問い合わせ内容と共に、
元のお問い合わせ番号 (SR 番号) をご連絡いただければ、
元のお問い合わせと関連したお問い合わせとして対応いたします。
お問い合わせ内容を一から作成していただく必要はございません。

なお、修正プログラムに関するお問い合わせにつきましては、製品不具合に関するお問い合わせのため、
元のお問い合わせ、新しいお問い合わせのいずれも、調査時間およびインシデントは非消費として対応させていただきます。

今後のサービス品質向上のため皆様のご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら遠慮なく、弊社サポートまでお問い合わせください。

引き続きマイクロソフトサポートをよろしくお願いいたします。


Skip to main content