Partner Source のユーザー登録から Life Cycle Service でのサービスリクエスト登録まで

Life Cycle Serviceからサービスリクエストを登録できない、という御連絡や御質問を最近多く頂きます。 「Partner Source のユーザー登録から Life Cycle Service でのサービスリクエスト登録まで」の手順を添付ファイルに纏めましたのでご活用頂けると幸いです。 PSBC-LCS  


Dynamics AX開発チームへのエスカレーションに関して

ある現象に関して、製品の不具合の可能性が有る場合や、開発者による詳細な調査が必要な場合は、サポートチームから開発チームにエスカレーションを行います。 エスカレーションの種類や、エスカレーションが開発チームに承認される基準等、エスカレーションに関する情報を纏めさせて頂きました。 エスカレーションの種類 Hotfixリクエストが承認される基準 Hotfixリクエストが承認されてから、Hotfixが提供されるまでの流れ その他 a. PriorityとHotfixが提供されるまでの日数 b. Collaboration request回答期間の目安 c. Get Help d.ビジネスインパクト   1.エスカレーションの種類 以下は、どのような場合にCollaboration Request, Request for Hotfix, Code Defect, Design Change Requestを使用するかのガイドラインです。     a. Design Change Request (DCR) デザインチェンジは、新規、拡張等、まだ製品に実装されていない機能です。 それに加えて、DCRはワークフローの変更や、既に提供済みの振る舞いの変更の場合もあります。 それは1つ期待される動作を別の期待される動作に変更したり、そのシナリオの範囲を拡大するような機能の拡張を対象とします。 DCRが機能拡張をターゲットとする場合は、特定のデータ群や構成の変更に及びます。 期待される動作はビジネスシナリオと共に技術的な実装方法、範囲、視点によって決まります。 上記2つに該当する場合は、リクエストはDCR(Design change request)と考えられます。 DCRは不具合ではなく、機能拡張です。このため、DCRは大規模のプロジェクトになり、大変時間を要します。 DCRは月単位のプロセスとなりますので、DCRのSLAはございません。     b. Request for Hotfix (RFH) Request for hotfixは、1つの問題を修正する目的のため一部分の修正です。 Hotfixはお客様からのリクエストが有る場合のみ提供されます。 RFHは予期せぬ結果や誤った結果を生むような、製品不具合をターゲットとしています。 お客様がHotfixをお待ちですので、RFHにはSLAを設定して解決までの日数を記録しています。…


Hotfixリクエストが承認される基準

パートナー様から「製品不具合なのに何故Hotfixが提供されないのか?」というご意見を頂くことがございます。 製品の不具合であっても、必ずしもHotfixが提供される訳ではございません。 [製品不具合か御要望][ビジネスインパクト][影響範囲及びリスク]を元に開発チームで慎重に検討した結果、より重大な不具合から優先的に対応します。 中でも[ビジネスインパクト] が重要な判断基準となりますので、お手数ですが、詳細かつ具体的なビジネスインパクトを御連絡頂きたいと思います。 詳細は添付PointTriageDecisionCriteria.pdfを御参照頂けますでしょうか。PointTriageDecisionCriteria


Management Reporter における Dynamics AX デバイス CAL ライセンスの取り扱いの注意点

Dynamics AX のユーザー様が、Management Reporter (以下 MR) をご利用になる際のライセンスの注意点をご案内します。   必要なライセンスについては以下の資料に記載がございます。 Microsoft Dynamics AX 2012 R3 ライセンス ガイド http://download.microsoft.com/download/0/1/F/01F0468A-D528-4C5F-93D6-805215F3A893/microsoft_dynamics_ax_2012_r3_licensing_guide_JP.pdf  付録 IV – CAL レベル別セキュリティ ロール > 重要事項 ——————————————————————– Microsoft Dynamics AX 2012 R2 サーバーには Management Reporter 機能が含まれています。使 用権を取得するには、Management Reporter のデザイナーに Enterprise CAL、Management Reporter のビューアーに Functional CAL が必要です。   上記の記載には、ユーザー CAL と デバイス CAL について明記されていませんが、MR の CU12 以前のバージョンでは デバイス…


Microsoft Dynamics AX AOS / クライアント が強制終了もしくはハング時に取得いただきたい資料

AX AOS サービスもしくはクライアントが強制終了、ハングした場合、現象発生時の状況を確認し迅速に調査を進めるため、確認いただきたい点、取得いただきたい資料についてまとめました。サポートにお問合せいただく際にご利用ください。 0. 確認依頼 まず、以下の手順を行い、現象が解決するかどうか、ご確認をお願いします。 A) クライアントキャッシュ の削除 1) AX クライアントが実行されていないことを確認してください。 2) AX Client がインストールされているマシンにて、本件現象が発生するアカウントの キャッシュファイル( クライアントキャッシュファイル (*.auc)、Kernel Text Index ファイル (*.kti) ) を削除してください。 – %Userprofile%\Appdata\Local フォルダーにある *.kti,*.auc B) 使用状況データ の削除 1) ユーザにてAXクライアントを起動します。 2) ファイル > ツール > オプション にて オプション 画面を開きます。 [使用状況データ] メニューをクリックします。 3) 使用状況データ 画面にて、[一般]ページで [リセット] ボタンをクリックします。 4) 「続行しますか?」 の確認ダイアログが表示されますので、[Yes]ボタンをクリックしてください。 5) 使用状況データ…


通貨の「端数処理ルール 販売注文/発注書」の設定について

AX の通貨の「端数処理ルール 販売注文/発注書」の設定について説明させて頂きます。 通貨の「端数処理ルール 販売注文/発注書」の設定は 、「合計額」に対して端数処理が制御されます。販売注文/発注書の各明細行に対しては制御を行わず、明細行の端数処理は一般丸めルールに従い四捨五入されます。 各明細を合計して端数処理を実施するため、通貨の一般丸めルールの精度より販売注文の丸めルールの精度が大きい場合に「端数処理ルール 販売注文/発注書」の設定が有効となります。 ==================================== 販売注文/丸めルールが 1.00 の場合 ==================================== (通貨の精度と販売注文/丸めルールの精度が同じ場合)    通貨 JPYの 一般丸めルールの設定に従い、各明細行の正味金額 (Net amount) は、少数点未満で四捨五入され、合計額が計算されます。     ==================================== 販売注文/丸めルールが 10.00 の場合 ====================================    通貨 JPY の一般丸めルールの設定に従い、各明細行の正味金額 (Net amount) は、少数点未満で四捨五入されそれぞれ 16.00 および 2.00 となります。更に合計額が計算される際に、販売注文/丸めルールの精度に従い、10 円未満の切り捨てが行われます。        


Microsoft Dynamics AX のサポートサービスと対応範囲について

みなさま、こんにちは。 今回はサポートサービスとその対応範囲についてご案内いたします。   回答時間の短縮のためにも、下記内容を十分ご理解いただいた上でお問い合わせいただけますと幸いです。 みなさまのご協力をよろしくお願い申し上げます。     Microsoft Dynamics AX サポートサービスと対応範囲   サポートサービスの種類   サポートインシデントとアドバイザリーサービスの定義   サポート契約種別   ケーススタディ – サポートインシデントとアドバイザリーサービスの比較 –   1. サポートサービスの種類   ◇サポートインシデント • 現在直面している問題について、一問一答形式で回答• 回避策の提供を優先• ご提供いただく情報を基に、過去事例や公開情報から調査• インシデント制の課金    ◇アドバイザリーサービス •根本原因の究明や仕様確認•障害を未然に防ぐための支援  ✓アセスメント ✓ワークショップやトレーニング ✓コードレビューやパフォーマンスレビュー •エンジニア稼働時間に対する課金   ◇アカウントマネジメント •ビジネスインパクトに基づいた社内各部門との協業•定例会などによる案件の進捗管理•新製品や新機能に関する事前の情報提供   ◇プレミアサポート •24×7 体制のサポート•オンサイトによる調査•仕様変更や機能追加およびリクエスト      2. サポートインシデントとアドバイザリーサービスの定義   ◇サポートインシデント   サポートインシデントは、Microsoft Dynamics AX を使用していている際に発生した現象、…