一般仕訳帳の貸借のチェックと伝票番号のルールについて

今回は一般仕訳帳の貸借のチェックと伝票番号のルールに関する注意点について説明させて頂きます。   Dynamics AX では、一般会計 > 仕訳帳 > 一般仕訳帳 から明細が入力する際、基本的には貸借が一致する場合には異なる伝票番号が割り当てられます。   入力例 ——————————————————————— 日付       伝票番号 勘定タイプ 勘定         貸方   借方   相手勘定 ——————————————————————— 10/1/2016 GL0100   元帳       Account01 100.00           n/a 10/1/2016 GL0100   元帳       Account02         100.00   n/a   この時点で貸借がバランスするため次の行を作成すると、以下のように「伝票番号」の初期表示は新しい伝票番号が採番されます。Dynamics AX の仕訳帳画面では、各明細の貸借が一致した時点で、新伝票番号を割り振った明細行が追加されるとデザイン (*) となっているためです。   ——————————————————————— 日付       伝票番号 勘定タイプ 勘定         貸方   借方   相手勘定 ——————————————————————— 10/1/2016 GL0100   元帳       Account01 100.00           n/a…

0