Dynamics AX における 「EXCELにエクスポート」機能の制限事項について


「EXCELにエクスポート」機能の制限事項について

Dynamics AX では、グリッド画面 (例: 「すべての仕入先」)にて 「EXCELにエクスポート」(EXPORT TO EXCEL) 機能を提供しております。この機能をご使用いただくことにより、画面のデータを EXCEL にエクスポートすることが可能です。

ExportToExcel
(参照)
Create Open in Excel experiences
https://ax.help.dynamics.com/en/wiki/off101-office-integration-enable-users-to-edit-data-in-excel/

Dynamics AX Platform 7.2 時点、この 「EXCELにエクスポート」 機能では、2000行までのデータのみエクスポートが可能です。2000行を超えるデータの場合、2000行目までのデータのみエクスポートされ、2001行目以降のデータについてはエクスポートされません。なお、この際、特にエラーメッセージ等は表示されません。

[対応策について]

2000行を超えるデータのエクスポートには、「データ管理」(Data management)のエクスポート機能をご利用ください。具体的な手順は、下記資料をご覧ください。

Develop an entity and using it for data migration  > Developing an entity in Visual Studio and enabling it for data export
https://ax.help.dynamics.com/en/wiki/developing-an-entity-and-using-it-for-data-migration/#developing-an-entity-in-visual-studio-and-enabling-it-for-data-export

> Exercise 2: Export a limited set of data by using a sample file mapping and filters

[今後の製品の対応について]

2000行を超えるデータのエクスポートにつきましては、ユーザーにプロンプトを表示し、全件検索するのか、2000行までをエクスポートするのか、選択できるようにする機能を追加することを検討しております。
(ただし、こちらの機能については検討中のため、実装されるバージョン、時期については未定です。)
Comments (0)

Skip to main content