Partner Source のユーザー登録から Life Cycle Service でのサービスリクエスト登録まで

Life Cycle Serviceからサービスリクエストを登録できない、という御連絡や御質問を最近多く頂きます。 「Partner Source のユーザー登録から Life Cycle Service でのサービスリクエスト登録まで」の手順を添付ファイルに纏めましたのでご活用頂けると幸いです。 PSBC-LCS  

0

Dynamics AX開発チームへのエスカレーションに関して

ある現象に関して、製品の不具合の可能性が有る場合や、開発者による詳細な調査が必要な場合は、サポートチームから開発チームにエスカレーションを行います。 エスカレーションの種類や、エスカレーションが開発チームに承認される基準等、エスカレーションに関する情報を纏めさせて頂きました。 エスカレーションの種類 Hotfixリクエストが承認される基準 Hotfixリクエストが承認されてから、Hotfixが提供されるまでの流れ その他 a. PriorityとHotfixが提供されるまでの日数 b. Collaboration request回答期間の目安 c. Get Help d.ビジネスインパクト   1.エスカレーションの種類 以下は、どのような場合にCollaboration Request, Request for Hotfix, Code Defect, Design Change Requestを使用するかのガイドラインです。     a. Design Change Request (DCR) デザインチェンジは、新規、拡張等、まだ製品に実装されていない機能です。 それに加えて、DCRはワークフローの変更や、既に提供済みの振る舞いの変更の場合もあります。 それは1つ期待される動作を別の期待される動作に変更したり、そのシナリオの範囲を拡大するような機能の拡張を対象とします。 DCRが機能拡張をターゲットとする場合は、特定のデータ群や構成の変更に及びます。 期待される動作はビジネスシナリオと共に技術的な実装方法、範囲、視点によって決まります。 上記2つに該当する場合は、リクエストはDCR(Design change request)と考えられます。 DCRは不具合ではなく、機能拡張です。このため、DCRは大規模のプロジェクトになり、大変時間を要します。 DCRは月単位のプロセスとなりますので、DCRのSLAはございません。     b. Request for Hotfix (RFH) Request for hotfixは、1つの問題を修正する目的のため一部分の修正です。 Hotfixはお客様からのリクエストが有る場合のみ提供されます。 RFHは予期せぬ結果や誤った結果を生むような、製品不具合をターゲットとしています。 お客様がHotfixをお待ちですので、RFHにはSLAを設定して解決までの日数を記録しています。…

0