問い合わせシート(更新)

日頃から、サービスリクエスト登録時に問い合わせシートをご活用頂きありがとうございます。 迅速な初期調査を行えるように、調査に必要ないくつか項目を追加させて頂きました。 問い合わせシートでお問い合わせ頂くことにより、より迅速な調査及び、エスカレーションが可能となりますので、 お手数ですが、新しい問い合わせシートを御活用頂けると幸いです。 CaseSheet

2

事前同期から先へ進めない問題

ソフトウェア更新のチェックリストの「事前同期(必須)」をクリックすると「スクリプト履歴のアップグレード」フォームが開き、[閉じる]ボタンをクリックしても「事前同期」が完了にならない既知の問題が有ります。 AX2012R2,R3ともにHotfixが提供されていますので、お手数ですがHotfixを御適用頂けますでしょうか。 HotfixはアプリケーションHotfixですので、Hotfix適用後にソフトウェア更新のチェックリストを実行頂く必要がございます。   (R2) KB Article Number (s) : 2942662   Location:( http://hotfixv4.microsoft.com/Microsoft%20Dynamics%20AX%202012%20R2/nosp/KB2942662/6.2.1000.6801/free/473735_intl_i386_zip.exe )   (R3) KB Article Number (s) : 3042872   Location:( http://hotfixv4.microsoft.com/Microsoft%20Dynamics%20AX%202012%20R3/nosp/KB3042872/6.3.1000.1712/free/482612_intl_i386_zip.exe )

0

LCSからSRをオープン頂いた場合のお願い

Partner sourceから新規サービスリクエスト(SR)をオープンするとLifecycle Services (LCS)の Cloud-powered supportを使用してSRをオープンするように促されます。  Cloud-powered supportを使用してSRをオープンする際に、ファイルを添付された場合、サポート担当者がファイルにアクセスするためには、お手数ですがサポート担当者をLCSプロジェクトに追加頂く必要がございます。SRのサポート担当者が決まり、SRを受け付けたメールが届きましたら、メール内に記載されている、サポート担当者をプロジェクトに追加頂けますでしょうか。詳細な手順は添付AddSupportEngineerToProject.docxをご参照ください。 AddSupportEngineerToProject.docx

0

[Retail] EPOS にOPOS プリンターを設定したが認識されない

[現象] Retail の EPOS に OPOS プリンターの設定を行ったが、プリンターが正常に認識されず、Retail 起動時に以下のエラーが発生することがあります。 エラーメッセージ————————————An error occurred and Retail POS could not find the printer. You can try to fix the problem, and then click Retry. Or, click Cancel to start Retail POS without printer.   [ご確認いただきたい点]  上記エラーが発生した場合、以下の設定についてご確認ください。ご確認いただいても引き続きエラーが発生する場合には [解決しない場合] にある資料とともに新規お問合せください。 1. プリンターの設定 プリンターに対応している OPOS ドライバー、ソフトウェアからプリンターに印刷できることを確認してください。 2. OPOS Common Object Control EPOS…


サービスリクエストをご登録頂く前に

特定の「ユーザ」や「環境」のみで発生する現象は、「システムの不整合」が原因で発生している可能性がございます。AX2012環境で、以下の条件で問題が発生した場合は、添付SolveInconsistencyAX2012(Jpn).docxをご参考の上、システム不整合を解消する手順を実施頂き、変化が有るか御確認頂けますでしょうか。 (1) 特定のユーザ、クライアントPCのみで現象が発生する場合。添付SolveInconsistencyAX2012(Jpn).docxの以下の3つの手順を実施頂き、変化が有るか御確認頂けますでしょうか。(A)AXクライアントとAOSのファイルバージョンが同じか確認(F)クライアントキャッシュファイルの削除(G)使用状況データの削除 (2) バッチやサーバ側で実行されるプログラムのみで現象が発生する場合。添付SolveInconsistencyAX2012(Jpn).docxの以下の2つの手順を実施頂き、変化が有るか御確認頂けますでしょうか。(C)フルコンパイル(D)CILの完全な再作成手順 (3)複数のAXインスタンスが有る中で、特定のインスタンス(サーバ、クライアント)のみで発生する現象。添付SolveInconsistencyAX2012(Jpn).docxの全ての手順を実施頂き、変化が有るか御確認頂けますでしょうか。 SolveInconsistencyAX2012(Jpn).docx

0

Hotfixのリクエストを行うとエラーが発生する現象の解決策

Life Cycle ServiceのIssue Searchで検索したHotfixのリクエストを行うとエラーが発生する場合がございます。 同様の現象が発生した場合は、お手数ですが、以下の解決策を御適用の上、再度Hotfixのリクエストを行って頂けますでしょうか。   <再現手順> LCSのIssue SearchでHotfixを見つけて、[Download hotfix]ボタンをクリックする。     Hotfixのダウンロードサイトが表示されるので、チェックボックスをON、メールアドレスを入力した後に、[Request hotfix]をクリックする。   エラーが発生します。   <解決策> 以下の2つのサイトをIEの信頼済みサイトに追加して、IEを再起動ください。 http://support.microsoft.com/ https://support.microsoft.com/  

0

Microsoft Dynamics AX 2012 R3 CU8 におけるマイナンバー制度の対応について

マイナンバー制度とは 2013年5月、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(いわゆるマイナンバー法)が国会で成立し、2016年(平成28年)1月から番号の利用が開始される運びとなっています。 大きく分けて、法人に割り当て、配賦する法人番号と、個人に割り当て、配賦し、通知する個人番号が運用されていきます。それぞれの詳細は、国税庁と内閣府のホームページから確認していただくことができます。 Microsoft DynamicsAX は基幹情報システム(いわゆるERP)としてそれらのデータを管理する機能が求められます。マイナンバーの利用開始が近づくことに連れて、お問い合わせも増えてきております。今回の投稿は Microsoft Dynamics AX(以下、AXと略称) での対応を検討し、情報を公開したいと思います。   Microsoft Dynamics AX 2012 R3 CU8 での対応 AX では顧客マスター、もしくは仕入先マスターに法人を特定するための番号が多数存在しています。よく利用されているものとして「税登録番号」と「課税控除番号」があります。顧客マスターを開いた上、リボンメニューで登録→税申告の順にクリックして、税登録タブに登録番号を登録できます。日本の法人番号の定義として適切なフィールドだといえるでしょう。 この他に、課税控除番号(顧客マスターの「請求書と出荷」タブ)、及び組織番号(顧客マスターの「一般」タブ)がともに法人を一意に特定するためのデータとして用意されています。 仕入先マスターにも、税申告の登録番号、課税控除番号、組織番号がともに用意されています。 一方の自社情報の管理について、「法人」マスターに用意されている税務登録番号を利用することが一般的です。AXで用意されている標準帳票の顧客請求書で、上記税務登録番号を出力しています。その他に、税申告の登録番号も用意されています。 個人のマイナンバーはERPでは従業員と給与モジュールでの利用が想定されます。AXは従業員マスターで個人情報を管理する機能が提供されています。その一部として政府及び組織のIDを管理する機能が用意されています。マイナンバーは、National IDのIDタイプに該当し、番号を登録して管理することが可能です。 マイナンバーが特に大事な情報である上、アクセス権限のコントロールが重要となるでしょう。AXではフィールドごとのアクセス制御をコントロールできる強力なセキュリティ機能が用意されております。お客様が扱っている重要なマイナンバー情報を堅牢に守ることができます。   今後の計画 当社の開発部隊も日本のマイナンバー制度を検討していますが、各マスターでのデータ管理については上述のように、似た意図で設計されたフィールドがすでに存在します。したがって、日本特有機能としてのマイナンバー制度に関連するフィールドを追加する計画がありません。   一方で、AXでは消費税申告書、法人税申告書別表十六関係、償却資産申告書およびその明細書を法定書式で出力する機能が、日本特有機能として用意されています。これらの法定帳票にも法人番号が掲載されることが想定されます。しかし、本稿の執筆時点ではまだ書式やサンプルが関係府庁から公表されていません。これらが公表され次第、日本特有機能としての上記帳票も変更するように計画されています。     本稿に含まれる情報は、その発行日の時点で検討された問題に関する Microsoft Corporation の現在の見解を表しています。Microsoft は市場の変化に対応する必要があるため、本稿に記載された内容に関する責任を Microsoft は問われないものとし、Microsoft は発行日の後に提供するいかなる情報の正確さも保証することはできません。 本稿は情報提供のみを目的としております。Microsoft は、本稿に記載された情報について、明示的、暗示的、または法的に一切保証することはありません。 お客様ご自身の責任において、適用されるすべての著作権関連法規に従ったご使用を願います。このドキュメントのいかなる部分も、米国 Microsoft Corporation の書面による許諾を受けることなく、その目的を問わず、どのような形態であっても、複製または譲渡することは禁じられています。ここでいう形態とは、複写や記録など、電子的な、または物理的なすべての手段を含みます。ただしこれは、著作権法上のお客様の権利を制限するものではありません。
 Microsoft は、このドキュメントに記載されている内容に関し、特許、特許申請、商標、著作権、またはその他の無体財産権を有する場合があります。別途 Microsoft のライセンス契約上に明示の規定のない限り、このドキュメントはこれらの特許、商標、著作権、またはその他の無体財産権に関する権利をお客様に許諾するものではありません。   © 2015 Microsoft.All…

0

DIXF サービスが起動に失敗するとWindowsが再起動する問題

Microsoft Dynamics AX Data Import/Export Framework Service (DIXFサービス)のレジストリ値ErrorControl がデフォルトで3に設定されているため、Windows起動時にDIXFサービスが起動に失敗すると、Windows が再起動する場合がございます。 この問題を防ぐために以下のレジストリ値を1に設定頂くことをお勧めいたします。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\Microsoft.Dynamics.AX.DMF.SSISHelpService.exe\ErrorControl 次期メジャーバージョン(AX7)では、ErrorControl=1に変更される予定です。   < ErrorControl> https://technet.microsoft.com/en-us/library/cc963244.aspx

0