AxBuild.exe使用方法(AX2012R2CU7から)


AX2012R2CU7又は6.2.1000.4051以降のカーネルHotfixから、X++コンパイルを高速に行うaxbuild.exeが追加されています。

使用方法や注意事項等詳細は以下のサイトご参照ください。

<AxBuild.exe for Parallel Compile on AOS of X++ to p-code [AX 2012]>

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dn528954.aspx

 

AOTからコンパイルした際にはエラーとならず、AXBuildだけでコンパイルエラーが出る場合は、まず以下の2点をご確認ください。

(1) Dynamics AX Server configurationの「各開発セッションについてアセンブリのホットスワップを有効にします」(Enable the hot-swapping of assemblies for each development session)オプションがOFFになっていることを確認ください。

(2) /aオプションで指定したClient/Binのフォルダが正しいか御確認ください。

 

KB2927663でaxbuild.exeの不具合が幾つか対策されているので、KB2927663を含む最新のカーネルHotfixを適用することをお勧めします。

AX2012R2最新のカーネルHotfixは以下のサイトで御確認ください。

<Overview of Microsoft Dynamics AX build numbers>

http://blogs.msdn.com/b/axsupport/archive/2012/03/29/overview-of-ax-build-numbers.aspx

Comments (0)

Skip to main content