データパーティション (AX2012R2)

AX2012R2の重要な新機能に「データパーティション」が有ります。   (概要) 複数の会社を、パーティションで区切ることで、1AXインスタンスで複数のビジネスを管理することが可能になります。 <今までの構成>     <AX2012R2の構成>     詳細には、テーブルにpartitionフィールドが追加になり、格納先パーティションのRecIdが格納されます。     データを「会社単位」「パーティション単位」「全会社、パーティションに共有」に保存するかは、テーブルの以下のプロパティで制御できます。 SystemTable SaveDataPerCompany SaveDataPerPartition     (作成方法) システム管理>設定>パーティションをクリック     [追加]をクリックして、パーティションキー、名前を入力。       Microsoft Dynamics AX Configuration Utilityを起動して Partitionに作成したパーティション名を入力して、保存。     AXクライアントを起動すると、「パーティション初期化チェックリスト」が表示されます。 チェックリストを完了すると、パーティションが使用可能となります。     (Tips) Inititalはデフォルトのパーティションです。 パーティション作成時に、DAT会社が作成されます。全てのパーティションにDATは存在します。 同じ名前の会社を複数のパーティションで作成可能です。   (関連サイト) Data partitioning architecture [AX 2012] http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj728665.aspx Plan for data partitioning…

0