KB982712:AX2012からAX 2009にバックポートされた機能


こんにちは。

あまり、知られていないかも知れませんが、AX2012のために新たに開発されたが、有用なのでAX2009にバックポートされた機能というのがあります。

KB982712で、2009SP1に機能をインストールできるのですが、これは以下の3つの機能を含みます。

1.Non-finanical Transfers

         御存知の様に、財務マイナス在庫を許可した品目で、梱包明細転記後、請求書転記前に移動を行うと、決算時に、ルーピングが発生します。

   ルーピングは、決算処理のパフォーマンスに影響し、在庫価格の分析を困難にするため、決算実行時に最大スループットや、最小スループット調整のパラメーターで、

   ルーピングの範囲を狭めている方もいるかと思います。

   そもそも、ルーピングがなぜ起こるかというと、請求書転記前に移動を行うと、財務伝票が転記されてしまう事にあります。

   それが、KB982712を適用し、在庫モデルグループで倉庫を資産在庫として設定すると、梱包明細転記後、請求書転記前に倉庫間の移動をしても、財務伝票が転記されません。

   そのため、ルーピングが発生しなくなります。

 

2.Inventory value Report

   こちらは、一般会計の財務諸表の在庫管理バージョンです。財務諸表のように、列と行を定義する事により、自由にUser定義のレポートを作る事が出来ます。

 

3.Potenticl Conflicts - Inventory and General Ledger

  これは、在庫管理と一般会計の不一致を表示するレポートです。例えば、在庫管理の勘定として定義されていない勘定科目等に、在庫Transactionが転記されたりすると、

 このレポートは、何故、不一致なのかという理由と共に、不一致transactoinを表示します。

 

以上、3つとも、非常に有用な機能かと思います。AX2012のリリースを待たずに、使えますので、是非、試してください。

 

 

Comments (0)

Skip to main content