Adobe IllustratorからSilverlight用XAML文書への変換

Microsoft Expressionシリーズに慣れ親しんでなくても、Adobe Illustratorなら普段使っているというデザイン担当の方、Silverlightで既存の文書を表示してみませんか。 Illustrator の [PDF 互換ファイルを作成] オプションを有効にして作成されたネイティブ AI ファイルをMicrosoft Expression Designからインポートして、XAMLにエクスポートする際にSilverlight用にするだけで、Silverlight用のXAMLが出来上がります。これをMicrosoft Expression Blend 2から取り込んで、ビデオを貼り付ければ、紙媒体では表現しきれない動画を交えた文書にすることができます。 既存のデザイナーのワークフローに大きく手を入れなくても、ExpressionシリーズをXAML生成用の道具と割り切ることで、様々なアートワークをSilverlight用に変換することができます。 多くのアートワークのライブラリをお持ちの皆様、Silverlight用に変換して活用を考えてはいかがでしょうか。あるいは、印刷前提でDTPを行っている皆様、印刷だけではなく、PDFだけではなく、Silverlight用に変換して文書を公開する、という試みも試してみてはいかがでしょうか。操作マニュアルなどは、特に一連の流れをビデオで文書とともに配信することで、理解が早まることや間違いを減らすことにつながると思います。 このあたりの試みについては、このブログで画像を交えて紹介していこうと思います。うまくいけば、Silverlightで動画を交えて紹介できればと考えています。

1

Pathを使ったSilverlightでの日本語表示(静的なコンテンツ限定)

本来ならばTextBlockを使ってそのまま日本語が表示できればいいのですが、Silverlight 1.1の正式リリースまで待つ必要があります。 だからといって、表示ができないというわけではありません。 特に動的な表示が必要ないのであれば、Expression Designを使って、文字列をPath、つまりベクトル情報に変換してしまい、それを表示するという方法がとれます。ビデオと文字を組み合わせたような情報提供のページを作る際にはこの方法もありかもしれません。フォントのダウンロードを考えなくてすむことと、Silverlight上での表示結果は必ず同じものになるからです。 どんな感じなのかを図を交えて紹介したいと思います。Expression Designで次のような画面を作ります。 これをXAMLファイルにエクスポートします 続いてどのようなXAMLにするかを設定します。ここではSilverlightを選択します。 XAMLの内容をプレビューしてみます。文字がPathに置き換わっていることがわかります。 エクスポートしたXAMLをSilverlightで表示させてみましょう。 この方法ではSilverlightが動作している環境のフォントにはまったく依存しません。したがって、次のような文字の出力にも応用ができます。果たして実用的かどうかは定かではありませんが、通常のフォントだけでは難しい文字の装飾を行う場合には有効な方法かもしれません。 上の画面のより大きな画像は、ここをクリックしてください。 このPathデータをExpression Blendでさらに加工してアニメーションなどの効果を加えることもできると思います。 欠点は事前にPathに変換する必要があるので、動的に文字データを結合するアプリケーションでは使えないということと、どうしてもXAMLデータ量が大きくなることですが、Silverlight上の表示をより凝ったものにする上ではポイントを絞って使うのがいいのかもしれません。  

1