FAQ. Windows ストアアプリ – ハードウェア/デバイスIDを取得する方法

お客様からお問い合わせが多いので、記事に残します。 「Windowsストアアプリでデバイスを識別するIDが必要なのですが、どのように取得したらいいですか?MACアドレスは取得できないことがわかっています。」 HardwareTokenクラスを使います。以下のコードを参考にしてください。(コードを提供してくれた荒井省三エバに感謝)             var token = Windows.System.Profile.HardwareIdentification.GetPackageSpecificToken(null);            var dataReader = Windows.Storage.Streams.DataReader.FromBuffer(token.Id);            byte[] bytes = new byte[token.Id.Length];            dataReader.ReadBytes(bytes);            var id = BitConverter.ToString(bytes);  

2

12/3東京, 12/6 大阪 — 8nights — アプリ クリエイターのための Windows 8 パーティ

会場の様子は、インターネットでライブ中継されますので、ご覧下さい。 ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/watch/lv116770766 ニコニコ生放送、携帯電話からご覧の場合 http://live.nicovideo.jp/gate/lv116770766#alert_mobile USTREAM http://www.ustream.tv/channel/microsoft-8nights    

0

Android開発者コミュニティ「デ部」に直伝 – 作ってみよう! Windowsストア アプリ

先日、Androidデベロッパー倶楽部/Android Developers’Club(通称:デ部/deb)の皆様に、Windows ストアアプリ開発をお話する機会があり、その内容がEngadget日本版の記事になりました。 前編: http://japanese.engadget.com/promo/appsdev5/ 後編: http://japanese.engadget.com/promo/appsdev6/ ・・・ デ部の皆様からたくさんの濃い質問をいただき、Javaの処理系に慣れている皆様なので、特に JavaScriptのpromiseの利用や、JavaScript から 自作のWindows ランタイムコンポーネント( C++で作成 )を呼び出す、ことに関心が高かったです。 JavaScriptのpromiseの連結、についても質問がありました。 例えば、 aAsync(), bAsync(), cAsync() を続けて実行する場合は、aAsync()    .then(function () { return bAsync(); })    .then(function () { return cAsync(); })    .done(function () { finish(); }); という形で書くのがおすすめです。 ・・・ 懇親会にもたくさんの方が参加され、デ部のパワーを感じました。ありがとうございます! 続編もやりましょう。  

0

XDev 2012 で講演しました 「ライブコーディングで学ぶ、Windows 8の機能を活かしたWindows ストア アプリの開発」

2012/11/7(水) 16:40過ぎからタイトルのセッションを行いました。フォローアップとして、記事を残しておきます。 セッション資料は こちら。ライブコーディングで作成したアプリと同様のサンプルを添付ファイルに掲載しておきます。※ 違いは、HTML/JavaScript側は ms-gridの設定をきちんとしたバージョン。XAML/C#側は、検索の機能を加えています。 関連資料として、  http://bit.ly/w8devstart も合わせてご覧ください。 内容としては、Windows 8 の新しいプラットフォームを利用した Windows ストア アプリの開発を、ライブコーディングを通じて紹介するものでした。セッション時間が短かったため、細かく解説するよりも、ツールでどんどんアプリが出来ていく過程を見ていただく、という形式でお話しました。 イントロ タッチファーストのOSとして生まれ変わったWindows 8を簡単にご紹介し、従来通り、マウスやキーボードでも操作できる話として、ショートカットキーの話も交えました。 [Windows]+[q] : 検索チャーム [Windows]+[i] : 設定チャーム [Windows}+[c] : チャーム [Windows]+[x] : 管理系などのメニュー表示 [Windows]+[b] または [d] : デスクトップへの切り替え (一度操作した後は、[Windows]キーで切り替え) Windows ストア アプリの開発環境にはWindows 8とVisual Studio 2012が必要になります。 お名前.com デスクトップクラウド for Windows アプリもご紹介しました。   HTML + JavaScript による Windows ストア アプリのライブコーディング 取り上げた内容: ・Blend…

0

iOS アプリ開発者向け、Windows 8 リソース

Windows 8に興味のある、iOS アプリ開発者の皆様用のリソースが公開されています。 iOS 開発者向けリソース: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/jj680134 設計のケース スタディ: iPad から Windows ストア アプリへiOS を使い慣れた設計者と開発者が Windows ストア アプリの設計原則に従ってアプリを作り直す際に役立つ情報です。 iOS開発者のための概要 Windows ストア アプリの開発を開始するうえで理解しておく必要がある概念、開発ツールについて、iOSとの対比で紹介しています。 API Mapping Index iOS の APIに対応する Windows ランタイム (WinRT) の API を見ることができます。同じページでAndroid版もあります。 Objective-C と C#: 概要 (英語) こちらは英語ですが、類似の文書を Windows Phone向けのものからお読みいただけます。 => Android、iOS 開発者のためのWindows Phone アプリケーション開発情報 このリンク先にある、「iPhone アプリケーション開発者のための Windows Phone ガイド」をダウンロードしていただくと、第4章に「Objective-C プログラマのための C#プログラミング」を日本語でご覧いただけます。 参考にしてください。  …

0

Windows Phone SDK 8.0 ダウンロードポイント と Second Level Address Translation (SLAT) 対応PCかどうかを判定する方法

Windows Phone SDK 8.0 がリリースされました。 日本語版 Webインストーラー: http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35471 日本語版 ISOイメージ: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=257234&clcid=0x411 システム要件は次の通りです。 Windows 8 64 ビット (x64) クライアント バージョン ハードウェア: 4 GB のハード ディスク空き容量 4 GB の RAM 64 ビット (x64) CPU Windows Phone 8 Emulator: Windows 8 Pro エディション以上 Second Level Address Translation (SLAT) をサポートするプロセッサが必要 Windows Phone 8 Emulatorを実行させるためには、Hyper-Vを利用するため、SLAT対応が必要となります。 これを確認する方法として、 MachineSLATStatusCheckhttp://slatstatuscheck.codeplex.com/ や Coreinfo.exe http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/cc835722.aspx…

0

Windows 8 のエラー 0x8007007B ライセンス認証 (アクティベーション) がうまく行かない時のメモ

MSDN SubscriptionのWindows 8をインストールした後、ライセンス認証がうまく行かない現象を経験したので、メモを残しておきます。 状況: ・プロダクトキーを入力する機会のないままインストールが終了した ・しばらくするとライセンス認証がうまく行ってないことが判明した ・[コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [システム] にある [Windows ライセンス認証]でプロダクトキーの入力ができない ・エラー 0x8007007B が表示され、ライセンス認証に失敗する 解決策: コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力する slui 3 [Enter] プロダクトキーを入力する画面が表示されるので、持っているプロダクトキーを入力します。これで解決します。   参考になったフォーラムの記事 http://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_cp-windows_install/error-0x8007007b-when-activating-windows-8/9b5d275d-0304-4563-9996-bba0e042c8b5

0

[FAQ] Windowsストアアプリ / WinRTアプリの企業内展開 (Windows ストアを経由しない配布)

Windows 8 の新しいユーザーインターフェイスを備えたアプリは、Windows ストアアプリとして公開する方法と、Windowsストアを利用せずに、企業内展開する方法の2通りの方法で展開できます。ソースは、 http://bit.ly/w8sideloding にあります。 企業内展開の方法について簡単にまとめます。 1. アプリ パッケージを作成する際に、「信頼された証明書」を含むようにする 2. 展開したいコンピュータに対して、「信頼できるすべてのアプリのインストールを許可する」グループポリシーを設定する このポリシーを設定すると、 レジストリに影響し、 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\Appx\AllowAllTrustedApps = 1 と変更されます。 3. PowerShellを利用して、WinRTアプリをインストール (サイドローディング)します コマンドの例を挙げておきます。 •インストール add-appxpackage C:\app1.appx •インストール済みのパッケージを一覧 get-appxpackage •アンインストール remove-appxpackage <PackageFullName> この<PackageFullName>は、ファイル名ではなく、get-appxpackageで取得した名前を利用しますのでご注意ください。 ・・・ 企業内展開においては、Windows ストアの申請は不要です。タッチや Windows 8 固有の機能を活用して、業務系のアプリも作れますので、いろいろとチャレンジしてはいかがでしょうか。

0

Developer Camp 2012 Japan Fall セッションフォローアップ: Visual Studio 2012 で始める Windows ストア アプリ開発

* 2012/10/10 アップデート: セッションビデオとセッションデモファイルを加えました ** 2012/12/19 アップデート: ビデオをChannel 9のものに切り替え、 関連リソースへのリンクを追加しました * セッションビデオ  Ustreamのビデオアーカイブは、http://www.ustream.tv/embed/recorded/25924087   セッションスライド Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session – Visual Studio 2012 で始める Windows ストア アプリ開発 from Developer Camp 2012 Japan Fall 評価版で開発環境を整える: http://bit.ly/w8try Windows デベロッパーセンター: http://dev.windows.com Windows 8 アプリ開発体験テンプレート: http://bit.ly/w8atemp アプリのユーザー エクスペリエンスをデザインする (MSDN): http://bit.ly/w8uxdesign Windows ストア アプリ の 構築方法を学ぶ (MSDN):…

0

Windows ストアに開発者登録しよう

多忙な日々で、ブログの更新がままならない状況ですが、ちょこちょこ書いていこうと思います。 さて、Windows ストアの開発者登録は、現在、すべての開発者の方がご利用できます。詳細は、こちら。まだアカウントをお持ちでない開発者の方は、 https://appdev.microsoft.com/StorePortals/ja-jp へアクセスしてください。 事前にMicrosoft アカウント (旧 Windows Live ID)を作成し、https://account.live.com/ から、お使いのマシンを信頼済みPCに登録しておくと便利です。 なお、MSDN サブスクリプション(Visual Studio Professional、Test Professional、Premium、Ultimate)、DreamSpark、BizSparkのご契約者の皆様には、無料で 1 年間有効な Windows ストア開発者アカウントを提供しています。 10/26のWindows 8 一般販売に先駆けて、みなさんのアプリを登録しませんか。    

0