[セッション アーカイブ] Windows アプリのデバッグ、パフォーマンス測定、テスト、Windows App Certification Kit (WACK)

de:code 2014 の講演ビデオが Microsoft Virtual Academy に掲載されています。 ※コンテンツへのアクセスにはMicrosoftアカウントが必要です http://www.microsoftvirtualacademy.com/training-courses/decode-track1?m=9477 タイトルの下に3つリンクが並んでいます。ビデオ、スライド、サンプルコードの順になっています。 実は、このビデオは講演時のものではなく、講演後に自分で収録し直し、編集したものとなっています。 なので、de:code 2014でセッションに参加した方に披露していないデモが入っています。


[セッション アーカイブ] Windows ストア アプリの開発、テスト、デバッグ、ストアへの提出まで

de:code 2014 の講演ビデオが Microsoft Virtual Academy に掲載されています。 ※コンテンツへのアクセスにはMicrosoftアカウントが必要です http://www.microsoftvirtualacademy.com/training-courses/decode-track1?m=9465 タイトルの下に2つリンクが並んでいます。ビデオ、スライドの順になっています。 こちらエバンジェリスト4名での共同登壇でした。それぞれの色の違いをお楽しみください。


[セッション アーカイブ] デバイスとサービスの組み合わせ、 データやマルチメディア、通信を伴う Windows アプリ開発

de:code 2014 の講演ビデオが Microsoft Virtual Academy に掲載されています。 ※コンテンツへのアクセスにはMicrosoftアカウントが必要です http://www.microsoftvirtualacademy.com/training-courses/decode-track1?m=9469 タイトルの下に3つリンクが並んでいます。ビデオ、スライド、サンプルコードの順になっています。 de:code Day 2 で イベント内、4つ目の登壇、思えば、この時のデモは当日の早朝に作り直したことや、睡眠不足から当日かなりヘロヘロだったことを思い出します。


[セッション アーカイブ] HTML/JavaScript/CSS と C++ で作る Windows、Windows Phone、Xbox One アプリ

de:code 2014 の講演ビデオが Microsoft Virtual Academy に掲載されています。 ※コンテンツへのアクセスにはMicrosoftアカウントが必要です http://www.microsoftvirtualacademy.com/training-courses/decode-track1?m=9464 タイトルの下に3つリンクが並んでいます。ビデオ、スライド、サンプルコードの順になっています。 普段見ることのできない、Xbox One アプリの開発についても取り上げていますので、ぜひご覧ください。  


RESTサービスへ接続するWPFアプリ開発

モバイル ファースト、クラウドファーストと呼ばれる最近のアプリ開発。デスクトップアプリも、モバイル環境で活用できることを意識してみましょう。 WPF ( Windows Presentation Foundation ) は、Windows Vista 、Windows 7 、 Windows 8 、 Windows 8.1 で利用できるデスクトップアプリ用の部品群です。 WPF は .NET Framework の構成要素で、今後も発展を続けます。 この記事ではサービスの対話を REST で行う最初のきっかけとして、データの参照を取り上げます。 RESTを利用したサービスとの対話 WPF を使ったデスクトップアプリから、サービスにアクセスする前に、REST を利用して対話するための基本を学びましょう。   まずは、HTTP GET リクエストでデータを取り出す様子を体験するために、ブラウザーから次の URL にアクセスしてみましょう。 http://boya-catalog2.azurewebsites.net/Api/FoodCatalog/1 1.json というファイルをダウンロードします。ダウンロードが完了したら、ファイルの中身をメモ帳やテキストエディターで開きます。次の JSON 文字列が確認できるはずです。 {“id”:1,”name”:”リンゴ”,”price”:98.00,”quantity”:0,”uri”:”http://boya-catalog2.azurewebsites.net/Images/Foods/Apple.jpg”,”groupName”:”果物”} 参考までに、アクセスしたサービスは、 ASP.NET Web API を利用して作成したものを、 Azure Websites に展開しているものです。この記事では RESTサービスにアクセスする WPF のクライアント側を中心にご紹介するので、現時点で ASP.NET…


CEDEC 2014 – Visual Studio Tools for Unity を使った開発・デバッグ、Unityによるユニバーサル Windows アプリ開発

2014/9/4 に行いましたCEDEC 2014のセッションビデオをChannel 9に公開しました。 セッションスライド:   Microsoft × Unity – Visual Studio Tools for Unityを使った開発・デバッグ、Unityによるユニバーサル Windows アプリ開発 + Xbox One と Kinect from Akira Onishi


ユニバーサル Windows アプリ開発 - 概要と典型的な課題への向き合い方

ユニバーサル Windows アプリ開発 from Akira Onishi   NSStudy #3で講演した資料を公開しました。   ユニバーサル Windows アプリは、Windows 8.1と Windows Phone 8.1の両方に対応したアプリです。現時点はWindows ストアと Windows Phone ストアがわかれているため、開発したアプリパッケージは、それぞれのプラットフォーム毎に作成し、それぞれのストアに提出する必要があります。 Windows 8.1とWindows Phone 8.1 は約90%が共通化されており、コードの再利用が行いやすくなりました。一方、フォームファクターに応じた画面デザインは重要で、同じデザインをすべてに適用する方法と、フォームファクターに応じた画面デザインを分ける方法があります。ユニバーサル Windows アプリにより、PC、タブレット、電話で同じアプリを利用できるようになり、エンドユーザーは生活の中のモビリティーで異なるデバイスを活用できます。 Visual Studio 2013 Update 2より、ユニバーサル Windows アプリの開発がサポートされました。開発者は、C#, JavaScript, C++ を利用してアプリの開発を行えます。Visual Basic用にはプロジェクトテンプレートがありませんが、こちらにある情報でユニバーサルWindowsアプリを開発できます。Shared Project Reference Manager 拡張を利用することで、プロジェクト間で共有できるソースコード、アセットをそのまま再利用できます。また、ポータブルクラスライブラリーを作成することで、同一バイナリ―を再利用することができます。   ユニバーサル Windows アプリ開発の主たる課題は3つあります。詳細はスライドを参考にしてください。 ・画面の再利用 ・プラットフォーム固有の画面スタイルの分離  ・プラットフォーム固有のコードの分離   HTML / JavaScript による…


入場無料 – 6/25 大阪、7/18 東京 – Game Tools & Middleware Forum 2014に出展します

日本マイクロソフトは、ゲーム開発者向けツールとミドルウェアの展示会「Game Tools & Middleware Forum 2014」(GTMF)に出展します。 http://gtmf.jp/ 6/25 大阪、7/18 東京、それぞれ、次の内容で講演を行います。大阪は同じチームの物江、東京は私がお話しします。 — タイトル: ゲーム開発におけるMicrosoft プラットフォーム 概要: Windows, Windows Phone, Xbox One, これら3つのプラットフォームはDirectXとWindowsランタイムを有し、共通化の方向に向かっています。このセッションでは、Windows ストアアプリにおけるDirectXのサポート、Cocos2d-xやUnityのMicrosoftプラットフォームへの対応状況、Microsoft Advertising SDK によるアプリ内広告、ID@Xboxについてご紹介します。 — 皆様のご参加をお待ちしております。  


prime[31] – Windows, Windows Phone 用のUnity プラグインの一部を1年間限定で無償ダウンロードへ

Unityのゲーム開発において、OSに依存したコードはプラグインとして実装して利用します。 プラグインを提供されている企業はさまざまありますが、今回、Microsoft 本社と prime[31] とのパートナーシップにより、次の有償プラグインが来年2015年7月まで無償でダウンロードできるようになりました。 ぜひご活用ください。 Functionality provided Windows Store 8.0 and 8.1   Windows Phone 8.0 * Handling trial and in-app purchases Store plug-in Store plug-in To get Live tiles, toast notifications Metro Essentials plug-in Metro Essentials plug-in To give you access to the Microsoft Ad SDK Microsoft ads plug-in Microsoft ads plug-in For…


2014/5/29 – 2014/5/30 de:code 2014 担当セッションについて

来週、木曜と金曜は de:code 、久しぶりの開発者向け大型イベントです。 今回のイベントでは、3つのセッションを担当します。 Day 1 – 15:20 – 16:10 Room F DE-020 HTML/JavaScript/CSS と C++ で作る Windows, Windows Phone, Xbox One アプリ このセッションでは、HTMLとJavaScriptを使ってアプリを作る流れをデモを交えてご紹介します。最初に、Windowsアプリを作成し、その後、同じアプリを Windows Phone と Xbox One に移植します。 応用編として、C++でWindowsランタイムコンポーネントを作成し、JavaScriptから呼び出す例を紹介します。 セッション全体としては、HTML/JavaScriptがメインですので、受講においてC++の知識は必要ありません。もちろん、HTML/JavaScriptでの開発に慣れていない方でも楽しんでいただけるよう、Visual StudioやBlend for Visual Studioを使ってアプリを作る様子をライブでご覧いただきます。特にXbox Oneでのアプリ開発は一般に公開していない内容です。新しい技術を簡単な実装で利用するという視点でデモを準備していますので、肩の力を抜いて、ご参加ください。 Day 2 – 11:10 – 12:00 Room B DE-022 Windows アプリのデバッグ、パフォーマンス測定、テスト、Windows App Certification Kit (WACK) このセッションでは、Visual StudioやWindows SDKに含まれるツールを使い、デバッグやテストといった、アプリ開発で重要な作業の進め方をデモを交えてご紹介します。…