Windows Phone SDK 8.0 ダウンロードポイント と Second Level Address Translation (SLAT) 対応PCかどうかを判定する方法


Windows Phone SDK 8.0 がリリースされました。

日本語版 Webインストーラー: http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35471

日本語版 ISOイメージ: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=257234&clcid=0x411

システム要件は次の通りです。

  • Windows 8 64 ビット (x64) クライアント バージョン
  • ハードウェア:
    • 4 GB のハード ディスク空き容量
    • 4 GB の RAM
    • 64 ビット (x64) CPU
  • Windows Phone 8 Emulator:
    • Windows 8 Pro エディション以上
    • Second Level Address Translation (SLAT) をサポートするプロセッサが必要

Windows Phone 8 Emulatorを実行させるためには、Hyper-Vを利用するため、SLAT対応が必要となります。

これを確認する方法として、

MachineSLATStatusCheck
http://slatstatuscheck.codeplex.com/

Coreinfo.exe

http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/cc835722.aspx

が利用できます。前者はGUIのツールなので、起動すればOK、後者はCUIのツールです。コマンドラインオプションの詳細は、technetのドキュメントを確認してください。

管理者権限でコマンドプロンプトを立ち上げて、

Coreinfo -v [Enter]

でチェックできます。vオプションは次の通り、SLATのチェックになっています。

v Dump only virtualization-related features including support for second level address translation.
(requires administrative rights on Intel systems).

 

 

 

 

 

 

Comments (0)

Skip to main content