FAQ: Windows Phone アプリをApp Hubに提出する手順を教えてください(一般的なアプリケーション)


Windows Phone アプリ開発者から寄せられるよくある質問について整理します。 

Q. Windows Phone アプリをApp Hubに提出する手順を教えてください

A. 手順については、下記をご覧ください。

Windows Phone Marketplace 用のアプリケーションの開発と公開の概要
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff941089(v=vs.92).aspx

パブリック マーケットプレースにゲーム以外のアプリを提出する手順の説明 (App Hub)
http://create.msdn.com/ja-jp/home/about/submit_walkthrough/submit_apps_marketplace

特に重要なのは、下記の図の7番にあるアプリケーションの画像です。

こちらについては、次の文書で解説しています。

アプリケーションのアートワーク
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh394033(v=vs.92)

次の表は、アプリケーションのタイルのサイズとファイルの種類の要件を示します。こちらは、透明の背景を含められます。 

ファイル

サイズ (ピクセル)

ファイルの種類

使用箇所

プロジェクト ファイル*

サンプル

アプリの小さいアイコン

62 x 62

PNG

電話にインストールされたアプリケーションの一覧

ソリューション エクスプローラーのファイル アプリ リスト内のアプリ アイコン

アプリの大きいタイル

173 x 173

PNG

アプリケーションが固定された場合の [スタート] 画面

ソリューション エクスプローラーのファイル スタート画面に固定されたアプリ アイコン

ゲームの小さいアイコン

62 x 62

PNG

電話にインストールされたゲームの一覧

ソリューション エクスプローラーのファイル ゲーム リスト内のゲーム アイコン

ゲームの大きいタイル

173 x 173

PNG

ゲームが固定された場合の [スタート] 画面

ソリューション エクスプローラーのファイル スタート画面に固定されたゲーム アイコン。

次の表は、Windows Phone Marketplace アプリケーションのタイル アートワークのサイズとファイルの種類の要件です。こちらは、透明の背景を使用しないように、と説明されています。

これらの画像は、Windows Phone Icons Maker (http://wpiconmaker.codeplex.com/) を利用すると簡単に作成できます。

 

アートワーク

サイズ (ピクセル)

ファイルの種類

使用箇所

アプリのサンプル

ゲームのサンプル

モバイル用のアプリの小さいアートワーク

99 x 99

PNG

端末上の Marketplace カタログ

小サイズの Marketplace アプリ アイコンのアートワーク 小サイズの Marketplace ゲーム アイコンのアートワーク

モバイル用のアプリの大きいアートワーク

173 x 173

PNG

端末上の Marketplace カタログ

中サイズの Marketplace アプリ アイコンのアートワーク 中サイズの Marketplace ゲーム アイコンのアートワーク

PC 用のアプリの大きいアートワーク

200 x 200

PNG

PC 上の Marketplace カタログ

大サイズの Marketplace アプリ アイコンのアートワーク 大サイズの Marketplace ゲーム アイコンのアートワーク

次の表は、アプリケーションのスクリーンショットのサイズとファイルの種類の要件です。

アートワーク

サイズ (ピクセル)

ファイルの種類

サンプル

アプリケーションのスクリーンショット

480 x 800

PNG

エミュレーターで実行中のアプリ

スクリーンショットについては、Windows Phone Marketplaceのポリシー 4.6に従う必要があります。注意点として、「スクリーンショットにフレームレートカウンターやデバッグ情報を含めない」というのがあります。
Visual Studio からWindows Phone アプリケーションを デバッグ実行すると、フレームレートカウンターが表示されてしまいます。

要件

要件の詳細

テストの手順

4.6  アプリケーションのスクリーンショット

アプリケーションごとに、1 個以上 8 個以下のスクリーンショットを提示する必要があります。これらのスクリーンショットは、ユーザーが購入する前のカタログの詳細ページに表示されます。

スクリーンショットには、アプリケーションのグラフィックのみを含めます。エミュレーターのクロム、フレーム レート カウンターまたはデバッグ情報は含めないでください。Microsoft によって指定および事前に承認された情報オーバーレイの追加を除いて、スクリーンショットをグラフィカルに拡張できません。これらのオーバーレイの詳細については、このブログ投稿を参照してください。

注意点注意:
アプリケーションのスクリーンショットには透過 PNG 画像ファイルを使用しないでください。

詳細については、「方法: Windows Phone Marketplace 用のスクリーンショットを作成する」を参照してください。

詳細ページのスクリーンショットは 480 x 800 ピクセルの PNG ファイルにする必要があります。

  1. アプリケーションのスクリーンショット ファイルの場所を確認します。

  2. 各スクリーンショットが、アプリケーションが実行されていたときの電話の画面またはエミュレーターを直接キャプチャしたものであることを確認します。

  3. 各スクリーンショットにエミュレーターのクロムが含まれないことを確認します。

  4. 各スクリーンショットのグラフィックが修正されていないことを確認します。

  5. 各スクリーンショットが 480 x 800 ピクセルであり、非透過の PNG ファイルであることを確認します。

Visual Studio からWindows Phone アプリケーションを デバッグ実行すると、フレームレートカウンターが表示されてしまいます。

理由は、Appクラスの コンストラクターに入っているコードにあります。

App.xaml.cs

            if (System.Diagnostics.Debugger.IsAttached)
            {
                // 現在のフレーム レート カウンターを表示します。
                Application.Current.Host.Settings.EnableFrameRateCounter = true;

                // 各フレームで再描画されているアプリケーションの領域を表示します。
                //Application.Current.Host.Settings.EnableRedrawRegions = true;

                // 試験的な分析視覚化モードを有効にします。
                // これにより、色付きのオーバーレイを使用して、GPU に渡されるページの領域が表示されます。
                //Application.Current.Host.Settings.EnableCacheVisualization = true;

                // アプリケーションの PhoneApplicationService オブジェクトの UserIdleDetectionMode プロパティを Disabled に設定して、
                // アプリケーションのアイドル状態の検出を無効にします。
                // 注意: これはデバッグ モードのみで使用してください。ユーザーが電話を使用していないときに、ユーザーのアイドル状態の検出を無効にする
                // アプリケーションが引き続き実行され、バッテリ電源が消耗します。
                PhoneApplicationService.Current.UserIdleDetectionMode = IdleDetectionMode.Disabled;
            }

 App.xaml.vb

        ' デバッグ中にグラフィックスのプロファイル情報を表示します。
        If System.Diagnostics.Debugger.IsAttached Then
            ' 現在のフレーム レート カウンターを表示します。
            Application.Current.Host.Settings.EnableFrameRateCounter = True

            ' 各フレームで再描画されているアプリケーションの領域を表示します。
            'Application.Current.Host.Settings.EnableRedrawRegions = True

            ' 試験的な分析視覚化モードを有効にします。
            ' これにより、色付きのオーバーレイを使用して、GPU に渡されるページの領域が表示されます。
            'Application.Current.Host.Settings.EnableCacheVisualization = True

            ' アプリケーションの PhoneApplicationService オブジェクトの UserIdleDetectionMode プロパティを Disabled に設定して、
            ' アプリケーションのアイドル状態の検出を無効にします。
            ' 注意: これはデバッグ モードのみで使用してください。ユーザーが電話を使用していないときに、ユーザーのアイドル状態の検出を無効にする
            ' アプリケーションが引き続き実行され、バッテリ電源が消耗します。
            PhoneApplicationService.Current.UserIdleDetectionMode = IdleDetectionMode.Disabled
        End If

これを回避する方法は、4通りあります。

・Visual Studio からのデバッグ実行の後、Windows Phone Emulatorの戻るボタンでアプリを終了し、デバッグ実行も終了。その後、アプリケーションリストから、アプリを起動して、スクリーンショットを作成する。

・Visual Studio のソリューションエクスプローラーから、プロジェクトを右クリックして、[配置]メニューで、アプリを配置。その後、アプリケーションリストから、アプリを起動して、スクリーンショットを作成する。

・Windows Phone SDKのApplication Deployment ツールを使って、XAPを読み込み、アプリを配置。その後、アプリケーションリストから、アプリを起動して、スクリーンショットを作成する。

・Appクラスのコンストラクター内のコードを書き換え、Application.Current.Host.Settings.EnableFrameRateCounterの値をfalseに設定する。Visual Studio からのデバッグ実行の後、スクリーンショットを作成する。

 

もう一つ重要なことは、アプリの審査を行うテスターへのメモです。

 

テストのメモが重要なのは、主に2つあります。

・アプリの使い方のポイントを伝え、スムーズに審査を完了してもらうこと

・英語表記を画面内に利用している場合に、「この表記は、アプリのデザインの一部です」と明記すること

後者は、英語表記を「ローカライズし忘れている不具合かもしれない」と誤解されるのを避ける意味合いがあります。合わせてアプリの詳細説明にも記載しておけば、予期せぬリジェクトを避けられます。

 

App HubのFAQもご確認ください。http://create.msdn.com/ja-JP/home/faq

 

 

Comments (0)

Skip to main content