[セミナーフォローアップ] 2011/07/09 Silverlightを囲む会 in 東京 #3 – ビデオアーカイブとセッション資料


2011/07/09 (土)にSilverlightを囲む会 in 東京 #3で登壇し、「Silverlightと開発ツール、少ないコード量でデータを取り扱う方法あれこれ」というセッションを行いました。

当日のストリーミングは、Silverlight + IIS Media Services を利用した ライブスムーズストリーミングで、アーカイブをご覧いただけます。次の画像をクリックすると、プレイヤーのページ(http://live.streamingmedia.jp/slintky03/)に移動します。

SLSquare3inTokyo

アーカイブが見られる期間は限られていると思いますので、予告なくリンク切れする可能性があります、ご注意ください。

ビデオ内の時刻で02:55:21あたりからが私のセッションです。
ライブコーディングを基本としているので、詳細はビデオをご覧ください。

セッション資料は、PDF形式でこの投稿に添付しています。


WCF RIA Servicesで、AdventureWorksのデータベースにあるEmployeeテーブルにアクセスするデモを行いました。途中、メタデータを設定している部分のコードを残しておきます。

[Display(Name = “従業員ID”, Order = 1)]
public int EmployeeID { get; set; }
[Display(Name = “性別”, Order = 2)]
public string Gender { get; set; }
[Display(Name = “生年月日”, Order = 3)]
public DateTime BirthDate { get; set; }
[Display(Name = “入社年月日”, Order = 4)]
public DateTime HireDate { get; set; }
[Display(Name = “ログインID”, Order = 5)]
public string LoginID { get; set; }
[Display(Name = “給与取得フラグ”, Order = 6)]
public bool SalariedFlag { get; set; }
[Display(Name = “病欠時間数”, Order = 7)]
[Range(0,70)]
public short SickLeaveHours { get; set; }
[Display(Name = “役職”, Order = 8)]
public string Title { get; set; }
[Display(Name = “休暇時間数”, Order = 9)]
public short VacationHours { get; set; }
[Display(Name = “連絡先ID”, Order = 10)]
public int ContactID { get; set; }
[Display(Name = “カレントフラグ”, Order = 11)]
public bool CurrentFlag { get; set; }
[Display(Order = 12, AutoGenerateField = false)]
public EntityCollection<Employee> Employee1 { get; set; }
[Display(Order = 13, AutoGenerateField = false)]
public Employee Employee2 { get; set; }
[Display(Order = 14)]
public Nullable<int> ManagerID { get; set; }
[Display(Order = 15)]
public string MaritalStatus { get; set; }
[Display(Order = 16)]
public DateTime ModifiedDate { get; set; }
[Display(Order = 17)]
public string NationalIDNumber { get; set; }
[Display(Order = 18, AutoGenerateField =false)]
public Guid rowguid { get; set; }

 


RSS/Atomフィードについては、次のブログエントリーを参考にしてください。

 

 

SilverlightData-20110709.pdf

Comments (0)

Skip to main content