JavaScriptからSilverlight 2のマネージコードを呼び出す方法


MSDNのSilverlightフォーラムでの質問に対して、私のブログを使ってフォローアップをしていこうと考えています。

 

この記事は「Silverlight 2 + JavaScript で開発する方法は?」というスレッドに対するものです。

http://forums.microsoft.com/MSDN-JA/ShowPost.aspx?PostID=4027098&SiteID=7

Silverlight 2というWebのプラグインは、HTMLやJavaScriptとの連携が簡単なように設計されています。

C#やVisual Basicで記述したSilverlight 2用のマネージコードは、Silverlight側をスクリプトから呼び出せるように設定することで、JavaScriptから参照してアクセスすることができます。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc645085(VS.95).aspx

詳細はMSDNライブラリをご覧いただくとして、この記事ではJavaScriptからSilverlight 2のアプリケーション内のC#のコードを呼び出せるようにし、JavaScriptからDataGridの内容を変更するというサンプルを紹介します。
このサンプルの目的はDataGridの使い方を紹介するものではなく、JavaScriptからC#のコードを呼び出す部分に主眼を置いています。

 

Visual Studio 2008からソリューションファイルを開いていただき、デバッグ実行するとHTMLが表れます。

HtmlBridge02-01

[グリッドの更新]をクリックすると、次のようにDataGrid内にデータが表示されます。

HtmlBridge02-02 
ここでは、次のJavaScriptが動作しています。

function Button1_onclick() {
    slControl = document.getElementById('SilverlightControl');

    for (i = 0; i < 30; i++) {
        // Page.AddMember()をJavaScriptから呼び出します。

        slControl.content.MySilverlightObject.AddMember(i, "Name" + i.toString());

    } 
    // Page.RefreshGrid()をJavaScriptから呼び出します。

    slControl.content.MySilverlightObject.RefreshGrid();
}

 

[リストの消去]をクリックすると、DataGrid内のリストが消えますが、ID、Nameは残ります。

HtmlBridge02-03

ここでは、次のJavaScriptが動作しています。

function Button2_onclick() {

    slControl = document.getElementById('SilverlightControl'); 
     // Page.ClearList()をJavaScriptから呼び出します。
    slControl.content.MySilverlightObject.ClearList(); 
     // Page.RefreshGrid()をJavaScriptから呼び出します。
    slControl.content.MySilverlightObject.RefreshGrid();
}


Page.xaml.csは次のようになっています。

namespace HtmlBridge02
{
    public partial class Page : UserControl
    {
        private List<MyItem> myList = new List<MyItem>();
        public Page()
        {
            InitializeComponent();
            this.Loaded += new RoutedEventHandler(Page_Loaded);
        }

        void Page_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            HtmlPage.RegisterScriptableObject("MySilverlightObject", this);  
        }
        [ScriptableMember]
        public void AddMember(string Id, string Name)
        {
            MyItem newItem = new MyItem();
            newItem.ID = Id;
            newItem.Name = Name;
            myList.Add(newItem);
        }
        [ScriptableMember]
        public void ClearList()
        {
            myList.Clear();
        }

        [ScriptableMember]
        public void RefreshGrid()
        {
            MyDataGrid.ItemsSource = null;
            MyDataGrid.ItemsSource = myList;
        }

    }
}


ポイントは、次の通りです。

  • マネージコード内で HtmlPage.RegisterScriptableObject("MySilverlightObject", this); を呼び出す。"MySilverlightObject"は、JavaScriptから参照するときのオブジェクト名となる
  • マネージコード内で、[ScriptableMember] を使い、 メソッドをJavaScriptに公開する。公開されたメソッドは、MySilverlightObjectという名前を通じてアクセスできる。
  • HTML内でSilverlightのプラグインをインスタンス化しているタグに"SilverlightControl"というIDを割り当てる
  • HTML内でSilverlightのインスタンスを slControl = document.getElementById('SilverlightControl'); を使い取得する。
  • マネージコードをJavaScriptから呼び出す

参考になれば幸いです。

Skip to main content