日本語版Windows Live Safety Center Beta版


MSNのトップページ http://www.msn.co.jp にある、MSNのおすすめのところに、ひっそりと「セキュリティ対策」というのが追加されていますね。あまり意識していなかったのですが…。


このリンクを辿ると、次のURLへジャンプします。


http://safety.live.com/site/ja-jp/default.htm


これは、Windows Live Safety CenterのBeta版。ja-jpというディレクトリに配置されているだけのことはあり、画面は日本語になっています。


サイトの説明を引用すると、













Windows Live Safety Center Beta は、PC の健康状態を維持するための新しいサービスです。無料で使用できます。

Windows Live Safety Center Beta のスキャンが行う内容は以下の通りです。



 




    • ウイルスの検知と除去
    • 脅威に関する詳細情報の参照
    • PC のパフォーマンスの向上
    • ハード ディスク上の不要なファイルの削除



フル スキャンを使用すると、すべての項目を一度にチェックすることができます。目的に合わせたスキャンを行いたい場合は、各サービス センターでスキャン プログラムと情報を入手することができます。


とのことです。スキャンツールはActiveXの技術を使って実行されます。


スキャン中の様子をビットマップとして添付してあります。スキャン途中ですが、1個のウィルスが見つかったと表示されているので、これがどのウィルスなのか、チェックしたいところです。


検出の精度や将来の脅威に対する対応がどうなっているかわかりませんが、Internet Explorerがあれば、即座にウィルスとスパイウェアの検出ができるというのは、よい事でしょう。


Windows DefenderやWindows Live Safety Center、これらは、マイクロソフトがセキュリティに対して、向き合っている例に過ぎません。


日々、新しい脅威が世界のどこかで開発され、ネットワークを通じて広められます。セキュリティソフトウェアベンダーが新しいシグネチャを開発している一方、マイクロソフトもそれらの脅威に対して向かい合っています。


しかしながら、ソフトウェアベンダーがいくらセキュリティに対して向き合っていても、最終的には、ソフトウェアを使う人々の安全に対する意識が変わらなければ、問題はいつまでも解決しないでしょう。P2Pソフトウェアからダウンロードした圧縮ファイルに付属するウィルスの問題、また、最近は多重にウィルスやスパイウェアが組み合わされた脅威が存在し、リアルタイムにマルウェアを検出する環境でなければ、単なるWebサイトからも容易に問題となる悪意を持ったプログラムを実行してしまうことがあります。安易にURLをクリックしない、という意識を持ってネットに接することが必要です。


ウィルス対策、スパイウェア対策、皆さん、万全ですか?

ScreenShot-WLSC.JPG

Skip to main content