Virtual Server 2005 R2 日本語版 無償ダウンロード開始


マイクロソフトの情報を追いかけている方はすでにお気づきだと思いますが、


Virtual Server 2005 R2 日本語版 無償ダウンロード


が始まりました。


米国で開催されているLinux Worldにおいて、マイクロソフトの仮想化に対する取り組みが発表されたことに連動しています。



  • 仮想化技術を利用して、サーバ統合を考えていたIT Proの皆様

  • 仮想化技術を利用して、サーバアプリケーションの開発を考えていた開発者の皆様

これを機会にVirtual Serverの環境を構築してみてはいかがでしょうか。


サーバ用マシンのCPU・メモリリソースの使用率を極力高めることで、ITインフラのROIを引き上げるのはもちろんのこと、物理的なマシン台数を減らすことによってデータセンタのスリム化、はたまた電力といったエネルギーの節約にもつながります。


仮想マシンを使うと、新しいマシンの高速プロビジョニングが容易になります。なぜなら、いったん作成したゲストOSのイメージをファイルコピーで再利用すればよいからです。物理マシンと異なり、仮想マシンが故障した場合の修復も簡単です。もちろん、必要なファイルのバックアップは別途残しておく必要がありますが、ゼロからOSをインストールすることに比べれば、劇的にダウンタイムを減らすことができます。


開発の局面においても仮想マシンの利用は最適です。たとえば、インストーラのテスト。物理マシンで行うと、テスト中に不具合が発生した場合の修復は面倒です。でも仮想マシンなら不具合にとらわれずに何度でも試験ができます。他にも、海外の開発者と共同開発するようなケース。ビルド用のマシンを開発ツールを含めて仮想マシンとして構築すれば、ビルド環境の再現で煩わされることはありません。


CPUの高速化ならびにデュアルコア化、SATA IIによる低コストかつ高速なハードディスク環境。仮想化技術はメインストリームフェイズに向かうといっても問題ないでしょう。


ネットワークもいずれはインフィニバンド(10Gbps)に向かいます(まだ高価ですが実用化されています)。サーバ側のストレージネットワークを超高速にすることで、NAS経由の高速バックアップ・ファイル転送を連携させれば新しいサーバシステムの姿を描けると思います。これからのシステムエンジニアの皆様には、今までの枠にとらわれないシステムを考えて欲しいと思います。

Comments (3)
  1. 実務で、NT4 ベースのシステムを Virtual Server の仮想環境に移行する作業を行いました。

    稼働中のシステムの HDD イメージを取得するのにも苦労しましたが、いざイメージを Virtual Server で実行する段になって「HAL 違い」によりブルースクリーンが表示されてしまい、対応策をひねり出すのに難儀しました。

    「レガシシステムの移行」を紹介する記事は数あれど、実機と仮想PCの「HAL 違い」に触れている記事にはまだお目にかかったことがありません。

    Virtual Server 関係の(目に付く)ドキュメントにでも、注記しておいてもらえるとよかったのかも。

  2. 大西 彰 says:

    HAL違いの件、3年くらい前でしょうか、Virtual Serverの競合製品で経験したことがあります。仮想マシンのイメージファイルを作ったCPUのアーキテクチャの違いによるものだったかと記憶しています。

    Physical to Virtualの段階で、HAL違いについての問題点や注意点、あるいは問題回避策などがドキュメント化されていれば皆様の試行錯誤の時間を減らせるかもしれませんね。

    製品担当者にフィードバックしたいと思います。

  3. 大西 彰 says:

    渋木宏明(ひどり)さん、

    どうなるかはコミットできませんが、本件、製品担当者に伝えました。

Comments are closed.

Skip to main content