Atlasを使ったASP.NET 2.0アプリケーションの開発


Scott Guthrie により、ASP.NET 2.0とAtlasを使った簡単なTo do listのウェブアプリケーションを実装が紹介されています(英語)

http://download.microsoft.com/download/8/5/8/85803fdd-fe9a-4783-ab37-e0c565172ffd/asp_net_atlas.wmv


18分間のビデオ(スクリーンキャスト)です。


素直に見た感想、「え、こんなに簡単に実装できるものなの!?」。


英語はちょっと・・・という方も、一度は見ておいて損はないかと思います。すべての作業をVisual Studio 2005のIDEで実行するので、Visual StudioやSQL Serverの前提知識についてはあってもなくても構いません。


ビデオでは、まず、Postbackを使ったWebアプリケーションによる、データアクセスが紹介されます。これだけでは、Ajaxの動きではありません。Webベースのデータベースアプリケーションの入門的な部分をカバーしているため、Ajaxの実装、Atlasを利用するまでの段階を丁寧に説明しています。


ASP.NET 2.0のGridView、DetailViewを使って、データベース側はSQL Server 2005 Express Edition上のテーブルを作成するところから、DataAdapter Configuration Wizardを使ってデータアクセス層をプログラミングレスで作っているのがわかります。


ページを書き換えるタイミングになったら、必要な部分をレンダリングするのがAjaxのいいところでありますが、このビデオではAtlasを使って、複雑なプログラミングをすることなく、レンダリングの問題を解決しています。もちろん、Internet Explorerだけでなく、FireFoxでも動作するのが紹介されています。


ASP.NET 2.0とAtlasで、ページの一部をレンダリングすることを指示するための処理は、非常に簡単です。



<atlas:ScriptManager ID="s1" EnablePartialRendering="true" runat="server" />


<atlas:UpdatePanal ID="p1" runat="server">


  <ContentTemplate>


      ... ここにレンダリングするコントロールを配置する


  ... 例


    <asp:GridView ID="GridView1" ... >


    </asp:GridView>


  </ContentTemplate>


  <Triggers>


  ... ここにレンダリングのトリガーを記述する


  ... 例


    <atlas:ControlValueTrigger ControlID="DropDownList1" PropertyName="SelectedValue" />


  </Triggers>


</atlas:UpdatePanel>


また、非同期処理を行う際に、通信中(更新中)であることをブラウザに表示する場面があるかと思います。これも簡単です。



<atlas:UpdateProgress ID="progress1" runat="server">


  <ProgressTemplate>


  ... ここにアニメーションGIFや文字を配置する


  </ProgressTemplate>


</atlas:UpdateProgress>


ビデオの中で、登場するプログラムコードは、ほとんどありません。一部、サーバとの通信時間をシミュレートするために意図的にC#でスレッドを作り、待ち時間を作るコードが紹介されていますが、本ビデオの本筋ではありません。


AjaxでのWebアプリケーション実装において、Atlasを使えば、JavaScriptをゴリゴリ書かなくてもよい点。また、マルチブラウザ環境への対応。これからAjaxアプリケーションを作ってみたい人には、ASP.NET 2.0 & Atlasがおすすめです。


参考情報: Atlasを使ったサイトがインターネット上に存在しますよー。http://www.pageflakes.com/


Comments (7)

  1. Akio says:

    ProgressTemplateでアニメーションgifを表示していますが、このアニメーションgifをどこに表示するかを指定するCSSがビデオでは説明していません。このビデオのCSSは公開されているのでしょうか。

  2. Akio says:

    解決しました。<br>

    詳細は以下のリンクを参照してください。<br><br>

    http://www.codekeep.net/snippets/f853efee-e454-4374-8c2b-13268c72e18d.aspx

    Ajax対応のECサイトを作成してみました。<br>

    http://aspspider.net/MyBook/

  3. Atlas 関係の調べ物をしていたら大西彰さんの blog に辿り着きました。

    &amp;nbsp;

    Atlasを使ったASP.NET 2.0アプリケーションの開発

    &amp;nbsp;

    大西さんはこの投稿の中で、…

  4. 大西 彰 says:

    Akioさん、

    ProgressTemplateの件、補足していただき、ありがとうございました。

  5. 忘れかけてたAtlasとやっぱりASP.NET 2.0がすごい事に!

  6. 忘れかけてたAtlasとやっぱりASP.NET 2.0がすごい事に!

  7. Atlas 関係の調べ物をしていたら大西彰さんの blog に辿り着きました。 Atlasを使ったASP.NET 2.0アプリケーションの開発 大西さんはこの投稿の中で、 Scott Guthrie のウェブキャストを取り上げてそれに関する感想と

Skip to main content