社内テスト用のOffice 12 (2007 Microsoft Office system)をアンインストールしてみた


マイクロソフト社内では、自社製品のリリース前から、自社製品を業務の現場で利用する試みがあります。


そんなわけで、昨年の終わりぐらいからOffice 12(2007 Microsoft Office system)を使っていたのですが・・・。


最近になって、Office 2003をお使いの人とデータ交換する上で、PowerPointのファイルを下位互換性があるように保存するとファイルサイズが想定以上に大きくなってしまって困るようになってしまい、とうとう、アンインストールを試みてしまいました。
(ちなみにOffice 12ネイティブのファイルならとても小さいんです。)


結果は正常にアンインストールできて、しかもシステムの再起動は不要!おー、これはいいじゃないですか。しかし、IE6のある環境にIE7をインストールするのとは異なり、元々使っていたOffice 2003が復旧するわけではありません。さすがに再度インストールが必要です。


Office 2003に戻ったはいいけれど、操作感が異なって、なんとも変な感じです。
OutlookなんかはOffice 12のルック&フィールの方が断然使いやすいです。
PowerPointは、Office 2003の方が線引きしやすいのですが、見た目を充実させるならばOffice 12の方が楽でしょうね。


今日は2製品のアンインストールねたになってしまいました。

Skip to main content