現在の関心事項と当面の目標


現在の関心事項と言えば、msdnブログなので.NET関連やWindows Vista、と伝えたいところではありますが、特定のセグメントではなくて、数多くある技術に対して、



  • 如何に興味を持っていただけるか

  • 試していただけるか

  • 活用してもらえるか

というために私たちが「何ができるか」ということです。


例えば、Webプラットフォームにおいて、検索エンジンを使えば、キーワードに引っかかる様々な情報が見つかります。MSDN Libraryをお使いの人であれば、ライブラリから検索して調べたりすることもあるでしょう。労せずして目的の情報にたどり着ければ望ましいわけですが、欲しいと思う情報ほど簡単には手に入れられないことが多いと思います。英語の文献に抵抗を示される方も少なくないと思います。


熟練のソフトウェアエンジニアであれば、なんとなく勘所が働いて、未知の問題に対して、過去の経験に基づいた推論を行い、仮説を作って調べ始める方もいるでしょう。まだ経験の浅いソフトウェアエンジニアであれば、ともかく試行錯誤してみたり、コミュニティに問い合わせたり、頭よりも体が先に反応するケースが少なくないかと思います。コミュニティでは親切な方もいれば厳しい方もいらっしゃいます。目的の情報にたどり着ければいいですが、そうでなかったりすると面白くない思いもすることでしょう。


ソフトウェアエンジニアが新しい技術情報を得る場合は、できれば楽しい方がいいですよね。もちろん、知識を精密にしていくためにはそれなりのハードルが待っているのですが、参入障壁を低くして、いろんな人がその技術に関与してもらいたいと思います。


そんな今、私の当面の目標なのですが、経験値の大小に関わらず、初心に帰ってわくわくする気持ちに立ち戻ってもらえるような情報発信を行うことです。


たとえば、これからマイクロソフトが投入していく新技術については、誰もがはじめて触るわけで過去の経験は関係ありません。また、投入されて日が浅い技術についても、技術習得の第一歩として「知る」という行為には過去の経験は関係ありません。
そんなわけで、まずは皆様に「気軽に知ってもらう」ための情報プラットフォーム(コミュニティ)を作りたいと考えています。


課題はいろいろとあるのですが、忙しいエンジニアの方に負担にならないような短時間で吸収できるコンテンツを提供し、その一方で、コンテンツに対して、忌憚のない意見交換ができる場所、あるいは、その分野において深い知識を持つ人を交えたりしながら、「あー、なんとなく面白そうだな」というところから皆様に参加してもらえればと考えています。


当面の目標の進捗状況については、随時、ブログにて公開予定です。

Skip to main content