Announcing online Azure IoT Hub Developer Tool – IoT DevTool ( For IoT Hub Device Administrators)

A series of posts to introduce IoT DevTool: Overview For Cloud Developers For IoT Hub Device Administrators For Device Developers For RESTful Developers Connect to IoT Hub Before you start you need a connection string with registry read & write permission. You can find it from Device Explorer tab in IoT Hub dashboard. Both connection…


Microsoft Azure ❤️️ Java !

Microsoft Azure is an open, flexible, enterprise-grade cloud computing platform. It provides software as a service, platform as a service and infrastructure as a service and supports many different programming languages, tools and frameworks. Besides .Net, it has great support for many programming languages such as Java, C++, Node, Python, PHP, Ruby ans so on….


はじめよう Microsoft Teams 第三回

こんにちは、 UC 製品サポートチームの吉野です。 ちょっと順番が前後しますが、今回は正式リリースで追加された「アーカイブ」機能について解説します。 特定のユーザーグループ(これをチームと呼びます)だけで会話ができる Teams ですが、組織のコンプライアンス要件を満たすため、 Skype for Business と同じように、会話をした内容が保持され、監査などの際に、管理者サイドから閲覧可能です。 例えば、上記ののような会話があるとします。これを捕まえてみましょう。 管理者でポータルにサインインし、[管理センター]の[セキュリティ]をクリックします。 または、 https://protection.office.com にアクセスします。 [検索と調査]にある[コンテンツの検索]をクリックします。 +をクリックすると新しい検索クエリーを作成できます。 チームの会話は チームを作成するときに同時に作成される Groups へのメールという形で保存されます。 従って、検索対象はメールボックスです。 上記の例は特定のチーム(Groups メールアドレス)を入力していますが「すべてのメールボックス」を対象とすることもできます。 検索したいキーワードを入力します。複数入力してOR検索をする・・・といったことも可能です。 検索クエリを作成すると、実際の検索が行われます。「1アイテム」が引っ掛かったようです。 早速「検索結果のプレビュー」を見てみましょう 問題の書き込みが出てきました。 なお、Teams 内で共有されたファイルに関しては SharePoint のサイトにアップロードされますので、 そのようなファイルの復旧をするのは SharePoint のサイトコンテンツの復旧と同様の手順で行えます。 コンテンツの検索に関する詳細はこちらをご参考ください。    


Automate Universal Windows Platform (UWP) Application in Visual Studio using Appium

Universal Windows Platform, commonly knows as UWP. Microsoft provides a single app development framework which can be deployed to multiple devices which run on windows 10 devices like phone/surface/PC etc. In this topic we would go through the UWP automation of the ‘News App’ using the Appium framework. Appium is a open source test automation…


Introduce a Web-based tool to use Azure IoT Hub

Do you feel a little inconvenience when using IoT Hub? For example, in Azure portal, you can’t receiver message from device, or view device twins. When you do IoT development, sometimes you do not have devices in your hand. In this situation, you may want a simulated device to work with IoT service. Using SDK…


アップグレードされた Microsoft Trust Center における充実した新しいコンテンツの追加

2017 年 2 月 13 日 – Microsoft Secure Blog スタッフ – マイクロソフト       執筆者: David Burt (シニア プロダクト マネージャー、クラウド プラットフォーム マーケティング) このポストは「Upgraded Microsoft Trust Center adds rich new content | Microsoft Secure Blog」の翻訳です。 1 年余り前、マイクロソフトはエンタープライズ クラウド サービス全体の信頼関連のリソースを統合した Microsoft Trust Center (www.microsoft.com/trustcenter) を立ち上げました。今週、マイクロソフトは EU の一般データ保護規則 (GDPR) のガイダンス、監査レポート、セキュリティ評価などの新しいコンテンツが含まれた、完全に再設計され大幅に拡張されたサイトを立ち上げました。


Final Posting

My last day at Microsoft will be tomorrow, 3/24/2017. I really did want to get to some of the old comments that had been neglected but alas, there’s no time. I’m not sure I will actually lose access to this blog because of the way authorization happens but I think it would be a bad…


Entity Framework Query Caching

Senior Application Development Manager, Deepak Malik, explains the Query caching behavior, performance implications, and extensibility provided in the latest release of Entity Framework Caching entities or query results has been a recommended practice for application development to improve an application’s performance especially in data centric applications. It is very simple to understand.  The first time…