Azure PowerShell サンプルについて

こんにちは。Azure CIE サポートの片岡です。 本ブログの更新が滞っていまして、申し訳ございません。 本日のブログは簡単な内容となりますが、主に PaaS エリアの Azure サービスを操作するための PowerShell スクリプトのサンプル情報について、ご紹介させていただきます。 私ども Azure サポート チームには、日頃より「○○ の設定をしたい」、「□□ という情報を取得したい」といったお問い合わせが寄せられています。 Azure リソースを操作する方法としては、Azure PowerShell を利用する方法が比較的簡易ではありますが、一方で「どんなスクリプトを書いたらいいかがわからない」といったご意見をいただくこともあります。 そのため、Azure CIE ブログ (主に PaaS および開発者のみなさま用の記事を記載したブログ) では、Azure PowerShell のサンプルを随時アップロードし、少しでも Azure PowerShell をご利用いただきやすいよう各種情報をご提供することにいたしました! 前提としまして、以下のようなドキュメントに記載の方法にて、Azure PowerShell をインストールください。   Install and configure Azure PowerShell https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/azure/install-azurerm-ps?view=azurermps-4.2.0 Other installation methods https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/azure/other-install?view=azurermps-4.2.0 Installer のリンク https://github.com/Azure/azure-powershell/releases/download/v4.3.1-August2017/azure-powershell.4.3.1.msi   Azure PowerShell のインストールが完了しましたら、以下の Github…


Adding additional intellisense to VS Code when editing PowerShell scripts

Most people that I talk to about my experiences writing PowerShell scripts these days will know that Visual Studio Code is my absolute preference for editor these days. It’s a great tool with lots of little tricks to help you improve your productivity – and recently I came across another one to help when I work…


Microsoft Dynamics 365 サンプル紹介: 音声テキスト変換: 概要

みなさん、こんにちは。 今回は、音声をテキストに変換するサンプルを紹介します。 背景 顧客サービスにおいて顧客との活動内容を正確に記録することは重要です。例えば、コールセンターのエージェントは 顧客と会話した内容を正確に記録する必要があります。これにより、他の担当者が見たときに過去の経緯を把握でき、 顧客満足度に繋がります。しかし、記録するための 2 つの問題があります。 1. コスト増加 音声をテキストにするといったデジタル化を人の手で実施するための作業コストが大きくなります。 これにより、コールセンター全体のコストが増加する要因となります。 2. サービスレベルのばらつき エージェントごとに入力する内容のレベルにばらつきが発生すると全体のサービスレベルを標準化しずらくなります。 サンプル概要 本サンプルは、エージェントの音声をマイクから拾い、テキストに変換して画面に自動設定します。 これにより、エージェントの入力コストを削減するとともにサービスレベルの標準化に貢献します。 詳細なセットアップ手順については、次回紹介します。 VoiceToText https://github.com/takayakawano/VoiceToText Bing Speech API 本サンプルは、Bing Speech API を利用しています。 Bing Speech API は、Microsoft が提供する Cognitive Service の 1 つで、オーディオをテキストに変換します。 この API は、マイクからのリアルタイムなオーディオ認識し、リアルタイム ストリーミングを利用できるため、 オーディオがサーバーに送信されると同時に結果も返されます。API を使えば、音声にトリガーされるスマート アプリを作成できます。 Bing Speech API: https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/speech/ 15 か国語 サポート Bing Speech API…


AX2012R3 Retail(小売) ご利用環境への最新カーネルHotfix適用時の御注意点

AX2012R3 にてRetail(小売) 機能をご利用頂いている環境におきまして、最新カーネルHotfix をご適用頂く際には、誠に恐縮ですが、下記の点についてご注意ください。   KB3196720 (6.3.5000.231) 以降のバージョンのカーネルHotfix をご適用頂く場合は、 ハイブリッドHotfix KB3196720 のアプリケーションHotfix もご適用頂く必要がございます。   ハイブリッド Hotfix は下記リンクからご取得の上、ご適用ください。 KB3196720 Font size/style/color buttons MPOS doesn’t work https://fix.lcs.dynamics.com/Issue/Resolved/?kb=3196720   ハイブリッド Hotfix KB3196720 が適用されてない場合、ボタン グリッド デザイン画面( 小売 -> 設定 -> POS -> ボタングリッド -> デザイナー ボタン から表示 )の 新しいボタン をクリックした際に 「 列名 ‘ENABLECUSTOMFONTFORMPOS’ が無効です。」のエラーメッセージが表示されます。


MXChip IoT DevKit is available for pre-ordering

DevKit is available for pre-ordering During the past two months, we have been keeping sending out preview IoT DevKit for evaluation to a selective group of requestors. And we see increasing demand for the kits from developers around the world, from Canada to Brazil, from Sweden to Sri Lanka. It is amazing and encouraging for…


Working with Azure Key Vault Certificates for secure exchange of data

Abstract Azure Key Vault (AKV) provides REST APIs that Applications could invoke to perform cryptographic operations like Encryption, Decryption signing and verifying signatures. For scenarios where integrated applications are deployed across Data Centers or geographies, it would be optimal to perform operations like encryption, locally, instead of making a REST API Call on Azure Key…


Gotcha: Be an Office Insider

Good number of my developer customers/ISVs asking about “Microsoft Office Insider”, “what is it” and “where to getting started” – so i am sharing the related info. As you aware that Microsoft Office is available around the world, and we’re continuously hard at work on exclusive monthly upgrades and new features for Office 365 subscribers….

6

Develop, debug code in Visual Studio 2017

With Visual Studio 2017, you can open code from nearly any type of directory-based project into Visual Studio without the need for a solution or project file. This means you can, for example, find a code project on Git, clone it, and then open it directly into Visual Studio and begin developing without having to…

2

Top stories from the VSTS community – 2017.08.18

Here are top stories we found in our streams this week related to DevOps, VSTS, TFS and other interesting topics.  IMPORTANT Git vulnerability with submodules – Edward ThomsonThe Git community has disclosed a serious security vulnerability in Git that can lead to arbitrary code execution.  TOP STORIES Over 500 extensions in the VSTS/TFS marketplace -…


Microsoft Dynamics Marketing service will be discontinued, and learn what’s coming next.

Last year, we announced that Microsoft Dynamics Marketing would no longer be sold to new customers starting November 2016. Microsoft has made the decision that Microsoft Dynamics Marketing will be discontinued as of May 15, 2018. With the discontinuation of service, Microsoft suggests customers explore a few options that may serve their on-going marketing needs,…