グローバルなオンライン経済に大きな役割をもたらす「信頼醸成措置」

2017 年 1 月 18 日 – Paul Nicholas – Trustworthy Computing、シニア ディレクター このポストは「Confidence building measures can make a huge difference to the global online economy 」の翻訳です。 インターネットと関連技術の継続的な進化は、政府、企業、および一般市民に新たな機会をもたらしましたが、同時にそれらを新しいリスクにさらすことにもなりました。しかし、インターネットはどこでも同じように採用されているのではなく、各国や経済はそれぞれ異なる方法、異なるペースでオンライン化されています。このため、サイバー リスクの認識とその管理アプローチは、管轄区域によって大きく異なる可能性があります。これは特に新興経済国の場合に顕著で、一般的にそうした国々は、ヨーロッパや米国の先進国市場とは大きく異なるオンライン化の過程をたどっています。このギャップを確実に解決できる方法の 1 つが、信頼醸成措置 (CBM) を使用することです。


ありがとうございました!

de:code 2017、大変多くのお客様にご来場いただき無事にメインの 2 日間を終了することができました。 関係者一同、御礼申し上げます。 ありがとうございました。   明日から2日間の Hack Days もありますので、Hack Days ご参加の皆様は引き続きお会いできることを楽しみにしております。


Skype for Business Server CU5 で Azure 上の Web App を利用できます。

こんばんは、UC サポートのワトソンです。 先日、Skype for Business Server 2015 の CU 5 がリリースされました。 それに伴い、会議リンクの URL の中で、Skype for Business のクライアントがインストールされているかどうかを判断するロジックを含み、 Skype Meeting App のダウンロード先を  Azure 上に指定する事が可能になりました。 それに伴い、Firefox/Chrome/IE/Edge のブラウザーの仕様変更により、突然会議に参加ができなくなるなど、 影響を受けやすい、オンプレミスの Skype for Business Web App を常に最新番がリリースされている、Microsoft のクラウド上のプラグインに差し替える事が可能となりました。 これには Hybrid 構成などは不要となり、コマンド一つで実施が可能です。 これにより、オンプレミス環境での更新プログラムの適用をしなくとも、エンドユーザーや外部組織のユーザーに常に最新のエクスペリエンスを提供する事が可能になりました。 この変更をしていただく事で、たとえば、先日 ESR 番ではない、Firefox にて NPAPI の無効化により Skype 会議に入れなくなっていた問題も解決する事が可能となります。 まず、前提条件としては、以下の URL から取得できる最新の Skype for Business Server 2015 CU5 がインストールされている必要がございます。…


Last Week on DirectX Shader Compiler (2017-05-24)

Last week we had bug fixes as codegen cleanup as pretty much every week, including a bunch of work on ViewID. We also improved support for external libraries, which you can now configure in dndxc via the Tools | Options menu, as well as specify via command-line arguments to dxopt. Two other interesting changes are…


How Kerberos user-to-user authentication works?

The Kerberos user-to-user (U2U) authentication mechanism enables a client to authenticate to a service that is not in possession of the long-term secret key. U2U allows one principal to authenticate using a ticket encrypted with the session key from a TGT issued to another principal. This article discusses the messages involved in the mechanism. It…


OMS: Managing a hybrid cloud just got easier

Since hitting the tipping point a few years ago, public cloud use has experienced exponential growth. The cloud is now more affordable and accessible than ever before. Early concerns around security and privacy have been addressed, and the cloud is increasingly seen as a very viable and desirable alternative to running IT infrastructure on-premises. Cloud-based…


Configuration Manager Updates and Servicing PowerShell automation coming to 1705 TP

By popular demand, we have added several new cmdlets in the 1705 TP for automating updates and servicing in Configuration Manager. Moving forward this should greatly simplify automated lab deployments and update scenarios. These cmdlets allow you to do all of the same functionality that you can do in the UI: get updates, download updates,…


DbMgrPartnerCommitPolicy::SetSyncState May Seem More Mysterious than It Actually Is

AlwaysOn has become a major SQL Server technology. In my own process of learning it, I have often wondered what this mysterious message means. DbMgrPartnerCommitPolicy::SetSyncState: 00000026BD96D330:4 Decoding it may help others out there settle the fear of the unknown. 1. This message indicates the Synchronization state of an AlwaysOn partner: thus the ”  DbMgrPartnerCommitPolicy::SetSyncState” 2. The…


Logic Apps, VNET and other network connectivity

As Logic Apps is a multi-tenant PaaS offering, there isn’t a server instance dedicated to you that you can host or connect to your own VNET. You do have multiple options for network connectivity of Logic Apps: Use Azure API Management as it can be configured to work across VNET. Proxy the calls from Logic…


Unable to Create Classic Hybrid Connections

As you may already know, we recently released a change to Hybrid Connection integration with Web Apps in Azure App Service. Before this change, Hybrid Connections relied on BizTalk Services for connectivity. With the recent general availability of Azure Relay, we have changed the way Hybrid Connections work in Web Apps. Instead of using BizTalk…