Integrating VSTS with different communication channels (Slack, Skype etc) using BotFramework and LUIS

Early last year (Jan 2016), a few months before the Microsoft Bot Framework had released I had written the post Why integrate Visual Studio Team Services(VSTS) with Slack? How do I customize VSTS / Slack integrations? . There were a couple of major drawbacks with this bot : The bot relied on pattern matching for…


[Azure Data Factory] パイプラインの推奨設定 – リトライ

BI Data Platform (SQL Server) Support Team 山崎実久 – Azure Data Factory とは? SQL Server では、データを移行を行う際 SQL Server Integration Services (SSIS) を利用することで、CSV ファイルのデータを SQL Server へコピーすることや、データ加工後の移行ができました。 これを Azure のクラウドで実現したものが Azure Data Factory となります。 Azure Data Factory を利用すれば、例えばローカルにある CSV ファイルや SQL Server にあるデータを Azure SQL Database や Blob Storage にコピーしたり、データ変更後の移行ができます。 サポートされる移行元のデータは、ローカルのファイル、On-Premise の SQL Server や Oracle…


TES Education Hub – Smart working for school leaders: how to digitally transform your school processes

In partnership with TES we have recently launched a new educational hub, packed with tips and resources designed to improve your school processes. TES is an organisation dedicated to supporting the world’s teachers, with a mission to enable great teaching by helping educators to find the tools and technology they need to excel and by supporting them throughout their career and professional development. They are home to the world’s largest online community of teachers, with 7.9 million registered users. This network is one of the fastest growing of any profession globally and helps to support, guide and inspire educators around the world.


How to use Angular 2 with SharePoint Framework + PnP

Привет всем, на примере создания компонента Angular 2 автоподстановки, хочу рассказать как его можно связать с платформой SharePoint Framework. Для этого нам необходимо установить все обновления на SharePoint Framework https://github.com/SharePoint/sp-dev-docs/wiki/Release-Notes-RC0 Angular 2 https://material.angular.io/ Далее создаем проект через yo шаблон и создаем папку app для нашего компонента, в котором создаем три файла app.component.html (наш шаблон страницы) app.component.ts (наш…


A former CJIS ISO perspective: Microsoft’s commitment to law enforcement from top to bottom

“I have worked with hundreds of vendors in my twelve years as CJIS ISO in Texas, and never have I found any vendor more committed to law enforcement.”  Alan Ferretti, Former CJIS ISO in Texas  Alan Ferretti, former Texas CJIS Information Security Officer (ISO), and I have been working together for nearly five years. He recently…


de:code 2017 いよいよ参加登録開始!

お待たせいたしました。 「de:code 2017」の参加登録を開始いたしました!   ■今年の de:code のセッションは… 「AI & ML」、「Data & IoT」、「Security」、「Windows Holographic & Client Technology」、「Mobile & Web」、「Development Tools & .NET」、「OSS & DevOps」、「Business Application Platform」、「Architecture」、「Chalk Talk」、「Special」の 11 トラックから構成され、盛沢山の内容を準備しております!   ■早期割引実施中です 2017年4月28日(金)まで早期割引実施中です。 昨日ご案内した稟議書とリーフレットも再度ご案内させていただきますので、 無事に参加いただけるよう、早めに参加登録のお手続きを! de:code 2017 稟議書テンプレート de:code 2017 リーフレット     ————————————————————————–——–———–———- 早期割引実施中!2017年4月28日(金)まで ————————————————————————–——–———–——— Follow us ! Twitter:@msdevjp(ハッシュタグ #decode17) Facebook : Microsoft for work de:code…


Вы можете принять участие в работе над следующим выпуском!

mssql для Visual Studio Code Мы решили сделать mssql для Visual Studio Code доступным для краудсорсинговой локализации. Ознакомительная версия mssql для Visual Studio Code представляет собой расширение, позволяющее разрабатывать код для Microsoft SQL Server, базы данных Azure SQL и хранилища данных SQL в любой инструментальной среде и предоставляющее широкие функциональные возможности. • Подключение к хранилищам…


MeetUp: Up in the air – Serverless Computing mit Azure Functions

Datum und Uhrzeit: 2. März 2017 18:00 Uhr | Ort: TechTalk, Leonard-Bernstein Straße 10, Wien
Raoul Holzer und Andreas Willich werden vorstellen worum es bei dem Hype geht und wie uns eine Serverless Architektur in Zukunft helfen kann Projekte effektiv umzusetzen. Für das Beispiel werden Azure Functions verwendet. Diese sind Microsofts Angebot zur Implementierung einer “Serverless” Architektur.


Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 1

みなさん、こんにちは。 Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能から、 プロセスの統合と拡張された機能をご紹介します。 バージョンとしては、8.2.x  で利用可能です。バージョン アップデートについて詳しくは、 前回のブログをご参照ください。   概要 Dynamics 365 では、業務ルール、業務プロセス フロー、モバイル タスク フローをカスタマイズ する際のデザイン画面が一つになり、同じ画面で作業できるようになりました。 業務プロセス フローは、独立したエンティティとして扱われ、セキュリティロールで読み書きなどの 細かな権限の制御までできるようになっています。 さらに、ワークフローから、業務プロセスの情報を取得してそれに対する条件やアクションを指定する などの複雑な作業を自動化したり、一つのレコードに複数の業務プロセス フローを平行に使う シナリオもサポートされるようになっています。   シナリオ 以下のシナリオで、プロセス機能を確認してみます。 案件の引き合いがあったら、取引先企業を特定し、支払い情報を確認 対象企業が “クレジットの留保” になっていた場合は、 特定の支払い条件が指定され、Finance チームによって確認されることになっています 営業案件を作成し、提案を作成 プロセス開始から一定時間以上経過した場合は、レビューが必要 マネージャーに実施を促すメッセージを送信 既定のソリューションとサンプル データまたは新規作成するレコードのみで試しているため、 実際のビジネス プロセスにはそぐわないところもありますが、ご容赦ください。 では早速、営業担当者として作業を開始してみましょう。   ビジネス推奨事項 該当の取引先企業レコードを開き、業務プロセス フローを確認します。 プロセスのステージで、”クレジットの留保” には、情報アイコンが表示されています。 同フィールドにも同じアイコンが表示され、クリックするとガイドが表示されています。…


Pozvánka na GISHackathon

GISHackathon se blíží, chtěl bych tě pozvat do Brna na tradiční GISHackathon, páteční konferenci Lidé v pohybu a sobotní hackathon s chatboty. Na podrobnosti ti odpoví náš chatbot Karel https://www.messenger.com/t/GISHackathon . Konference bude na téma doprava, navigace a infrastruktura. Dozvíte se o analýze velkých dat, ale i o konceptu chytrého auta. Chatboti nejsou buzzword, ale dostupná technologie a trend doby. Nasazují se…