照合順序 – 文字の比較と並び順 (その 2)

神谷 雅紀Escalation Engineer   照合順序 – 文字の比較と並び順 (その 1) では照合順序とは何かを書きました。今回は、照合順序に関わるいくつかの注意点について書きます。     照合順序の衝突   異なる照合順序が指定されている列同士は、比較することができません。 以下は、その簡単なサンプルです。   use mastergodrop database ja_90_bin2go— 照合順序 japanese_90_bin2 のデータベースを作成create database ja_90_bin2 collate japanese_90_bin2gouse ja_90_bin2go— 照合順序 japanese_90_bin2 のデータベースに japanese_90_ci_as と japanese_90_cs_as の列を持つテーブルを作成create table dbo.ja_90_cias (c1 int, c2 nvarchar(10) collate japanese_90_ci_as)create table dbo.ja_90_csas (c1 int, c2 nvarchar(10) collate japanese_90_cs_as)go— japanese_90_ci_as と japanese_90_cs_as…


照合順序 – 文字の比較と並び順 (その 1)

神谷 雅紀Escalation Engineer 照合順序が分かりにくいという意見がありましたので、今回は照合順序を取り上げます。        照合順序とは何か SQL Server では、文字の大小関係を比較する場合の基準を照合順序 (collation) と呼んでいます。例えば、「朝」と「海」ではどちらが大きいのか、「あ」「ア」「ア」を大きい順に並べた場合どのように並ぶのかといった、文字の大小関係を決めているのが照合順序です。 言語としての日本語の観点では、「朝」と「海」のどちらが大きくても、さほど問題にはならないように思えるかもしれません。しかし、もしこれらの文字に大小関係がなかったら、データを大きい順に並べても毎回違った並び順になる可能性があります。さらに、もしこれらの文字に大小関係がなかったら、大きくも小さくもないということになります。大きくも小さくもないということは、   if (a < b) …else if (a > b) …else …   の式で最後の else に入るということであり、そこに入るのは a = b の場合だけです。つまり、等しいということです。「朝」と「海」が等しいとなると、それは言語としての日本語でも問題となってきます。 このように、照合順序 (文字の大小関係) は、データを扱う処理にとっては、重要な要素です。 照合順序はどのような場面で使われるのか 文字の比較を行うすべての場面で使われます。 例えば、インデックスを作成する際には、キー列の値順にインデックス行を並び替えるために使われます。select … from … order by Col1 のようなクエリでデータを並び替える際にも使われます。select … from … group by Col1 のようなクエリでグルーピングを行う際にも使われます。また、if (@a = @b)…


[パートナー主催セミナー紹介] これからは SQL Server 2016! セミナー(2016/9/9 日本マイクロソフト品川本社開催)

    お客様各位   本日は、弊社と SQL Server の豊富なノウハウをお持ちのパートナー様との合同セミナーについて、ご紹介いたします。   2016 年 6 月 1 日より販売が開始されたSQL Server 2016 は、リアルタイム運用分析、モバイル デバイスのリッチな視覚化、組み込みの高度な分析、新しい高度なセキュリティテクノロジ、新しいハイブリッド クラウド シナリオが搭載されている、マイクロソフト史上最強のデータプラットフォームです。 SQL Server 2016 に対応した、株式会社システムインテグレータ「SI Object Browser」や、SQL Server のライセンス体系、購入方法などについて説明いたします。最後には個別質問会も。 この機会にぜひ、SQL Server 2016 の新機能や設計、開発、移行ノウハウをお伝えします。 ぜひ、奮ってご参加ください。   http://www.sint.co.jp/products/siob/sn/2016/0909.html   セミナーに関するお問合せ先   株式会社システムインテグレータ 東京営業所セミナー事務局 担当:汪(おう) mail:oob@sint.co.jpTEL:03-5768-7979 FAX:03-5768-7884(TEL受付:平日9:30~17:30/FAX・インターネット受付:24時間)   開催日程・概要   日時 2016年 9月9日(金)13:30~17:00(受付13:00~) 共催 株式会社システムインテグレータ、日本マイクロソフト株式会社、ウチダスペクトラム株式会社 定員 100名 場所 日本マイクロソフト セミナールーム(31F)〒108-0075 東京都港区港南 2-16-3…


七個在 Visual Studio 偵錯時查看變數值的方法

當您執行您的程式而發現有地方結果不如預期,您會如何找出問題所在呢?當我還在學時,我學到的第一個偵錯方式就是到處加上「print()」,然後執行我的程式碼,從輸出結果來看哪裡出錯了。而如果我想要看另一個變數的值,我就會需要再加一個新的「print()」,然後重新編譯、重新執行程式。這會是一個冗長的過程,所以我很高興能告訴您有更好的方法,比起丟一些「print()」到您的程式碼中,之後還要將它們刪除。您可以使用 Visual Studio 偵錯工具來檢視變數。


Customer Service Collaboration and Swarming

Many Customer Service teams struggle to find the most effective way to use their top skilled and knowledgeable resources. Traditionally, Support teams have implemented a tiered approach for problem resolution, allowing a case to be routed and reassigned to individuals or queues with the appropriate level of expertise. Leveraging skills-based routing and escalation workflows, Microsoft…


Junior Years – Building Skills and Habits for Success

Guest Post by Matthew Jorgensen, Microsoft Teacher Ambassador Queensland Technology is often hard to implement in Primary Years. The touch screen, drag and drop device wave has catered for technology integration in our young students, but they need to be able to use a more productive ecosystem of hardware, operating systems and apps as their…


Froggy goes to Seattle: Tiba dan Istirahat

Tiba di Seattle Tepat pukul 07.12 waktu Seattle, rombongan Froggy mendarat di Seattle. Ya, setelah penerbangan panjang selama 14 jam dari Dubai ke Seattle, yang penerbangannya melewati daerah Kutub Utara Sungguh perjalanan yang melelahkan. Tapi ketika mendarat di Seattle, seluruh rombongan langsung bersemangat kembali, walaupun masih capek dan kurang tidur. Setelah melewati imigrasi dan mengambil…


The next platform: conversation

Forget the GUI. The Conversational User Interface, CUI, is here. Language is the new way we engage with computers and bots are the tech that’s modernizing our services. The quirks of current user experiences will be replaced with a more natural, sticky UX with a low barrier to adoption: conversation. For users, who spend 80%…