주간닷넷 2017년 6월 6일

On .NET 소식 : Brett Morrison 지난 주 On .NET에는 사업가이자 기업의 임원이면서 Microsoft .NET 플랫폼으로 개발하는 Brett Morrison과 함께 했습니다. 그는 Onestop, ememories 등의 스타트업 회사를 설립했으며 SpaceX에서도 일한 경력이 있습니다. 금주의 패키지: DateTime Extensions 애플리케이션에서 사용하는 날짜와 관련된 계산은 대부분 간단하며 그리 복잡하지 않습니다. 하지만 “이번 달의 공휴일이 몇 일인가?”와 같은 계산은 조금…


Dashboard Designer error: “The document library no longer exists or you do not have permissions to view it. The data source cannot be saved.”

You may see the following error when trying to connect to a SharePoint list data source in PerformancePoint Dashboard Designer:   The document library no longer exists or you do not have permissions to view it. The data source cannot be saved. Additional details have been logged for you administrator.   The SharePoint ULS log…


【製造業の最前線!】ハノーバーメッセからお得な情報をお届け! – DevWire (2017/6/26)

DevWire Newsletter 組み込み業界必読の無料ニュースレター 2017 年 6 月号 Twitter でつぶやく  Facebook でシェアする  LinkedIn でシェアする Hot Topics エッジのソリューションも続々登場! Azure IoT 最新アップデート情報 興奮冷めやらぬ de:code 2017 レポート! 「IoT ビジネス共創ラボ」立ち上げから 1 年半。ドローン ワーキング グループが発足! DevWire のバック ナンバーをご紹介 正規販売代理店 情報 セミナー・トレーニング情報 Column IoT デバイスのデータ見える化 (Time Series Insights 編) ほっとひと息 「名人が負けてしまいましたが・・・」DevWire 編集部 加藤 大輔 Hot Topics エッジのソリューションも続々登場! Azure IoT 最新アップデート情報 2 か月ぶりのアップデートとなります。今回は…


Common approaches for enhancing the programmatic accessibility of your Win32, WinForms and WPF apps: Part 1 – Introduction

This series of posts describes some of the steps you can take to enhance the programmatic accessibility of your Win32, WinForms and WPF apps.   Introduction Well, it’s been a while since I’ve had a chance to share some of the things I’ve learnt around building accessible apps. I’ve been working closely with a number…


Common approaches for enhancing the programmatic accessibility of your Win32, WinForms and WPF apps: Part 2 – Win32

This post describes some of the steps you can take to enhance the programmatic accessibility of your Win32 app.   Introduction By default, use standard Win32 controls in your app, and leverage the work that the Win32 UI framework can do to provide the foundation for an accessible experience.   Way back, when work was…


Common approaches for enhancing the programmatic accessibility of your Win32, WinForms and WPF apps: Part 3 – WinForms

This post describes some of the steps you can take to enhance the programmatic accessibility of your WinForms app. It is strongly recommended that you first read Part 2 in this series, given the similarity between Win32 and WinForms relating to some aspects of accessibility.   Introduction By default, use standard WinForms controls in your…


Common approaches for enhancing the programmatic accessibility of your Win32, WinForms and WPF apps: Part 4 – WPF

This post describes some of the steps you can take to enhance the programmatic accessibility of your WPF app.   Introduction By default, use standard WPF controls in your app, and leverage the work that the WPF UI framework can do to provide the foundation for an accessible experience.   While the accessibility of Win32…


永続的な敵対者を検出するための二本柱のアプローチ

2017 年 4 月 13 日 – Microsoft Secure Blog スタッフ – マイクロソフト このポストは「 The two-pronged approach to detecting persistent adversaries 」の翻訳です。 持続的標的型攻撃 (APT) では、持続性を維持するための 2 つの主な手段として、侵害されたエンドポイントと侵害された資格情報が利用されます。そのため、この 2 つを同時に検出するためのツールを使用することが重要になります。いずれか一方を検出するツールを導入しただけでは、ネットワーク内にとどまるためのより多くのチャンスを敵対者に与えてしまうことになります。 この 2 つの主なカテゴリには、ゼロデイ攻撃の利用、脆弱性や防御の弱さの悪用、ソーシャル エンジニアリングの使用、悪意のある埋め込みによるマルウェアの自作、正式な資格情報の収集などの、さまざまな攻撃ベクトルがあります。多くのサイバーセキュリティ ツールに搭載されたそれらの攻撃に対する検出制御機能は不十分であり、収集された資格情報が使用されたことを検出する機能はごくわずかです。そこで、マイクロソフトは、組織が両方の問題に対応できるようにするため、多額の投資をしてツールを開発しました。


Management Reporter における、インテグレーション状況の確認について

Management Reporter (以下、MR) にて、AX のデータベースから、MR のデータマートのデータベースへのインテグレーション(データの移行)は、いくつかのタスクに分かれて実行されています。 それぞれのタスクの状況は、MR のデータベースに対し、以下の SELECT文を 実行することでご確認いただけます。 [タスクの実行状況] select CIG.[Description], STK.[Name], STS.[Progress], CASE STS.[StateType] WHEN 3 THEN ‘3-Processing’ WHEN 5 THEN ‘5-Complete’ WHEN 7 THEN ‘7-Error’ END AS StateType, DATEADD(minute, DATEDIFF(minute,GETUTCDATE(),GETDATE()), STS.[LastRunTime]) as LocalLastRunTime, DATEADD(minute, DATEDIFF(minute,GETUTCDATE(),GETDATE()), STS.[NextRunTime]) as LocalNextRunTime, STRG.[Interval], CASE STRG.[UnitOfMeasure] WHEN 1 THEN ‘Seconds’ WHEN 2 THEN ‘Minutes’ WHEN 3…