Azure Functions と Cosmos DB によるサーバーレス・コンピューティング

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 森本 信次 Azure Functions とは? まず始めに簡単に Azure Functions について触れておきます。Azure Functions は 小さなプログラムコードを、「関数」(Function)として定義・実行することができます。アプリケーション全体や、プログラムを実行する仮想マシンなどの環境を意識しなくてもよいので、サーバレス・コンピューティングとも呼ばれていて、手軽に実行することができます。機能の詳細についてははこちらのドキュメントをご参照ください。


以前のバージョンの Visual Studio 2017 インストーラーについて

こんにちは、Visual Studio サポート チームです。 Visual Studio 2017 も先日バージョン 15.5 が公開されました! (※2017/12現在) 弊社としては、不具合の修正やセキュリティの強化が適用されている最新版のご利用を推奨しており、製品サポートも基本的には最新版にて承っています。   しかしながら、様々なご事情で以前のバージョンを入手したいというお問い合わせもいただいており、このようなご要望を受け、その時点でリリースされている「最新バージョンのひとつ前のバージョン」をご利用いただけるように以下のページで公開しています。 Installing an earlier release of Visual Studio 2017 https://www.visualstudio.com/en-us/productinfo/installing-an-earlier-release-of-vs2017 ※ 新しいバージョンがリリースされた場合には公開バージョンが変更されますのでご留意ください。   なお、各バージョンのインストール パッケージを保存される場合には注意が必要です! Visual Studio 2017 のインストーラーは、インターネット上から最新版のパッケージをダウンロードしてインストールする仕組みとなっています。このため、以前のバージョンのインストーラーを保存してあっても、インストール実行時には最新版のパッケージが取得されます。 これを防ぐためには、インストーラーのみを保存しておくのではなく、その時点のバージョンのオフライン パッケージを作成しておく必要があります。お手数とはなりますが、特定バージョンの Visual Studio 2017 インストーラーを保存されたい場合には、予め以下の手順でオフライン インストーラーを作成してくださいますようお願いいたします。   特定バージョンのオフラインインストーラーの作成手順 オフライン インストーラーの作成手順は以下のページでもご案内しています。 Visual Studio 2017 のネットワーク インストールを作成する https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/install/create-a-network-installation-of-visual-studio#how-to-create-a-layout-for-a-previous-visual-studio-2017-release ※「以前の Visual Studio 2017 リリースのレイアウトを作成する方法」をご参考ください。 手順…


About: Exchange Reporting Services

Below is information on accessing the c. Note that you will need to do a GET and a property formatted URL with an admin account which can pull the reports. If there are issues you can check the report by running it in ECP and also by pulling the report with Excel. Be sure to…


Application Insights – Advisory 12/14

As part of planned migration work, we are adding multiple new agents to the pool of VMs, which is used for Application Insights Availability Monitoring feature. Customers, who whitelist IPs for availability tests, would need to add the following new IPs to their firewall rules: FR : Paris52.143.140.24252.143.140.24652.143.140.24752.143.140.249 CH : Zurich52.136.140.22152.136.140.22252.136.140.22352.136.140.226 RU : Moscow51.140.79.22951.140.84.17251.140.87.21151.140.105.74 SE…


About: Office 365 Management Activity API

The Office 365 Management Activity API pull information on Exchange and non-Exchange activity across Office 365. From MSDN: The Office 365 Management Activity API provides information about various user, admin, system, and policy actions and events from Office 365 and Azure Active Directory activity logs. Customers and partners can use this information to create new…


Disassemble Powershell CMDLets

Ever wondered how the Microsoft guys code their powershell CMDLets? Ever wanted to take a peek at the implementation of a Powershell command? “Then take the red pill, stay in wonderland and I show you how deep the rabbit hole goes. Remember: all I’m offering is the truth. Nothing more.” Everything starts with the Get-Command…


Azure Update – November 2017

Azure Notification Hubs .NET SDK now compatible with .NET Standard 2.0 Clearer choice of CLI: Azure CLI 2.0 for Resource Manager Public preview: Azure Automation watcher tasks GUID migration: Security and Audit solution for Azure Government Azure DevTest Labs: Post customized announcements to your lab Manage payment methods in the Azure portal General availability: Visual…


Search failures for accounts hosted in the US region – 12/14 – Mitigating

Update: Friday, December 15th 2017 00:10 UTC The Indexing process to deliver search results for new accounts continues to work at a faster pace. At this moment, accounts who have installed Search extension on or after 17:00 UTC on 12/13 will still notice the error message. We expect the indexing operation to complete in the…


Azure Container Service (AKS) and Kubernetes UI

Off late I was playing with new preview feature of Azure Container Services (AKS). This is a managed Kubernetes hosting environment. You don’t need to be an expert container orchestration. And with all managed Azure service this too takes the pain of infrastructure management. So, what I was doing and thought to share with you….


Mesh and Hub-and-Spoke Networks on Azure: Architectural Considerations for Virtual Network Peering

We are excited to announce the availability of a new whitepaper (http://aka.ms/HubAndSpoke) that addresses scalable networking architecture design in Azure. In this paper, we focus on two networking topologies: Mesh network architecture and hub-and-spoke network architecture. In this whitepaper, we look into these two main network topologies used by Azure customers. We discuss their applications in…