程式取得 AD 驗證完後, 帳號詳細狀態

很多朋友會開發與 AD 驗證帳號的程式, 並希望取得帳號的狀態值, 提供一個簡單的方式可以方式知道這些狀態. catch (System.DirectoryServices.DirectoryServicesCOMException directoryServiceCOMException) { Console.WriteLine(“—————————————————————“); Console.WriteLine(string.Format(“{0}: Message: {1}”, DateTime.Now.ToString(), directoryServiceCOMException.Message));     Console.WriteLine(string.Format(“{0}: Message: {1}”, DateTime.Now.ToString(), directoryServiceCOMException.ErrorCode));     Console.WriteLine(string.Format(“{0}: Message: {1}”, DateTime.Now.ToString(), directoryServiceCOMException.ExtendedError));     Console.WriteLine(string.Format(“{0}: Message: {1}”, DateTime.Now.ToString(), directoryServiceCOMException.ExtendedErrorMessage)); } directoryServiceCOMException.ExtendedErrorMessage 中會回傳帳號的詳細狀態: [LDAP: error code 49 – 80090308: LdapErr: DSID-0C090334, comment: AcceptSecurityContext error, data 775, vece ] 代號相關的狀態說明: 525 user not…


テクニカル ドキュメントが便利になりました

Microsoft Japan Business Intelligence Tech Sales Team 伊藤   https://docs.microsoft.com は、開発者と IT プロフェッショナル向けの Microsoft テクニカル ドキュメント、API リファレンス、コード サンプル、クイックスタート、チュートリアルのホームです。今まで製品ごとにバラバラに提供していた情報をこちらに統合しています。まだ https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/ のリンクは変更されていませんが、Power BI のドキュメントもこちらで公開しています。他の製品でも同様ですが、今回は Power BI のドキュメントを使ってご紹介します。  


Support policy statement for Microsoft Graph

As new versions of the Microsoft Graph REST APIs and Microsoft Graph SDKs are released, earlier versions will be retired. Microsoft will declare a version as deprecated at least 24 months in advance of retiring an API or an SDK. So Microsoft Graph too follows the Microsoft Lifecycle Policy. When we increment the major version…


Office 365 Devs: Deprecation of Outlook REST API v1.0

As you aware that the Version 1.0 of the Outlook REST API was launched in 2015 to provide API access to mail, calendar, contacts, and other data from Exchange Online. Later we came up with Outlook REST API v2.0 and Microsoft Graph, both of which provide richer features, and better performance and reliability than Outlook…


QnA Maker よくあるご質問

こんにちは。Cognitive Services 開発サポートチームの津田です。   QnA Maker はプレビュー版ですが、現在まで、いくつかのお問い合わせをいただいております。今月時点でご案内可能な内容をご紹介いたしますので、同様の疑問をお持ちの方に、お役に立てば幸いです。   Q1. ユーザーの質問とQnA Maker の回答のログを取得する方法はありますか?   A1. はい、あります。   利用者がどのような検索を行ったか確認するための方法として、QnA Maker の ブラウザ画面にて、”Test” を選択いただき、“Download chat logs” をクリックすることでログを取得可能です。     ただ、このTest の画面でChat しただけでは、“Download chat logs” をクリックしても、以下のようなエラー表示となります。「You can only download logs which have hit your published endpoint」というメッセージの通り、実際にPublish したエンドポイントからアクセスした場合に、ログをご利用いただけます。     実際にログを取得した場合、以下のような情報が、.tsv ファイルとして取得できます。 “Hello” はKB に登録されていない旨のメッセージが表示されていることが確認できるため、ユーザーが望む結果が表示されなかった場合を確認できます。   Question            Answer                                    Frequency         Score   …


SharePoint 2013 – How to crawl IIS Virtual Directories created under SharePoint Web application

We have recently come across a scenario where one of our customers is unable to crawl the contents of a virtual directory that’s created under the Sharepoint web application . This blog post will talk about how to configure Sharepoint Search to crawl files of a virtual directory. Lets consider the below as example: SharePoint Web…


WIndows 10 Fall Creators Update での Credential Provider に対する影響について

こんにちは、WIndows SDK サポートチームです。今回、Windows 10 Fall Creators Update の OS の仕様変更により、Credential Provider に影響が出ることがあります。その解説を以下に記載しましたので、ご確認ください。 Windows 10 Fall Creators Update では、Winlogon Automatic Restart Sign-On (ARSO) の機能がよりよいパワーサイクルを提供する機能拡張が行われました。本処理では、シャットダウン / リブート後のユーザーがログインされた後のアップデート処理を自動的に実施するために、ARSO の機能により、自動ログイン –> ロック を行います。 Winlogon Automatic Restart Sign-On (ARSO)https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/identity/ad-ds/manage/component-updates/winlogon-automatic-restart-sign-on–arso- この動作により、Credential Provider の ICredentialProvider::SetUsageScenario にて、上記の自動ログインが捕捉されなくなります。その結果、ロック解除時に Credential Provider へ処理がわたりますため、初回の呼び出しであっても、ロックステータスとなります。 – 回避策 以下のポリシーまたは、レジストリをセットいただきますと、ARSO を無効化することが可能です。初回のログオン時を捕捉し、処理を行われている Credential Provider を開発いただいている場合、以下の回避策の利用をご検討ください。 Policy Registry Location: HKLMSOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionPoliciesSystem Type: DWORD…


Azure IoT Hub にデバイスを複数台登録する方法

Azure Iot Hubに、数十台以上の規模でデバイス登録を行い、Iot Hubに接続するためのキー情報を得たいようなシナリオがあります。この場合、Azure Portal のデバイス エクスプローラーで一つ一つ手作業でこれを行うのは大変です。       そのような時、以下のサンプルをそのまま動作いただければ、一度に複数台「デバイス登録」と「Iot Hubに接続するためのキー情報を得る」ことができます。     How to read events from an IoT Hub with the Service Bus Explorer   https://code.msdn.microsoft.com/How-to-read-events-from-an-1641eb1b      Create a new device to the device identity registry using the Microsoft.Azure.Devices.RegistryManager.AddDeviceAsync(Microsoft.Azure.Devices.Device)”> AddDeviceAsync method of the  RegistryManager class.   動作手順の例は以下の通りです。   <動作手順> 1. 上記ページの「Download」の右にある「C#…


Application Insights – Advisory 12/12

Between 04 December 2017, 20:40 UTC – 20:55 UTC and between 05 December 2017, 20:15 UTC – 20:30 UTC some customers may have experienced very short availability web test gaps only in Zurich location. Our team have mitigated the issue and availability web test is flowing in Zurich Location with no impact.We apologize for any inconvenience….