Enabling U-SQL Advanced Analytics for Local Execution

After we announced the ability for U-SQL to massively distributed Python code in the Azure Data Lake Analytics service, a lot of developers have been asking us when the the Python support will work using U-SQL Local Execution. In this post, we’ll describe how to make that happen. To set expectations, what we will describe below is not officially supported – we do…


Office リボンをカスタマイズ – パート1 – (カスタマイズ手法と仕組み)

こんにちは、Office 開発 サポート チームの中村です。 今回の記事では、Office のリボンをカスタマイズする方法について記載します。このテーマについては、複数回に渡ってご紹介していく予定ですが、今回はまず、概要を記載したいと思います。   1. Office リボンのカスタマイズ方法 Office 2003 までは、メニューのカスタマイズを行うときには、Commandbars オブジェクトを用いて VBA などのプログラムからカスタマイズしていました。Office 2007 からメニューがリボンに変更され、これに伴って新しいカスタマイズ方法が登場しました。Office 2007 以降でも Commandbars オブジェクトを利用してもある程度メニューをカスタマイズすることはできますが、この方法ではカスタマイズできない項目もあり、現在弊社ではリボンに対応した新しい方法でのカスタマイズを推奨しています。 リボンに対応したカスタマイズについては、以下のような方法があります。 a. OpenXML 形式のファイルにカスタム XML を追加してカスタマイズを行う (カスタマイズ反映はファイル単位) b. VSTO から XML を用いてカスタマイズを行う (カスタマイズ反映はファイル単位もしくは Office アプリケーション単位) c. VSTO からビジュアルなデザイナーを用いてカスタマイズを行う (カスタマイズ反映はファイル単位もしくは Office アプリケーション単位) a と b の場合、開発者は XML でリボンのカスタマイズ情報を記載します。a の場合は Office ファイル内に、b は VSTO カスタマイズ内に…


LAPS Implementation Hints and Security Nerd Commentary (including mini threat model)

Security supergurustar Jessica Payne (@jepayneMSFT) wrote a fantastic blog post about LAPS a while back. We should have linked to it from here a long time ago; we are correcting that oversight now. It authoritatively answers many frequently-asked-questions about LAPS. Check it out: Local Administrator Password Solution (LAPS) Implementation Hints and Security Nerd Commentary (including…


Skype for Business の機能をアプリに追加してみよう その 3

前回の記事では、UWP に Skype for Business から取得した連絡先の表示やステータスの変更を実装しました。 今回はアプリケーションの作りを MVVM モデルに作り替えて、以下の機能を実装します。 ※サンプルでは Windows 10 からサポートされた x:Bind 機能を使っています。x:Bind の詳細はこちらの記事をご覧いただくか、検索すればわかりやすい記事が多く出てきます。 – グループの取得 – チャットの送受信 – 連絡先のステータス情報をリアルタイムに取得 – 連絡先の詳細を取得 サンプルアプリケーションは GitHub にあるので、記事読むよりコード読むほうが早い方はそちらをどうぞ。 https://github.com/kenakamu/UCWA2.0-CS/tree/master/UCWASDK/UCWAUWP アプリケーションの作成と MVVM パターンの準備 新しくアプリケーションを作り直します。 1. プロジェクトの作成、NuGet パッケージの追加、UCWA SDK プロジェクトの参照の追加、認証の追加まではこちらの記事を参考にしてください。今回も前回と同じ名前でソリューションを作成しました。 2. ソリューションを右クリックして、Views、ViewModels、Models、Services フォルダを追加します。 3. 既存の MainPage.xmal を Views フォルダに移しますが、名前空間の変更など面倒なので、一度 MainPage.xaml を削除します。 4. Views フォルダを右クリック | 追加 | 新しい項目より「空白ページ」を追加します。名前は…


【案例分享】FarmVet Systems 使用 SQL Server 與 Visual Studio 開發行動數據應用,提升農場獸醫生產力!

「農場獸醫們是行動工作者,他們漸漸地提高對智慧型手機和平板的仰賴,以及為了讓 VetIMPRESS 變成他們生活中的一部分(就像他們每天生活中會使用的聽診器和威靈頓靴子),這個解決方法必須能在手中的行動裝置執行。」 - George Brownlee : 創辦人暨執行長


Discovering AuthorizeAttribute role names

The AuthorizeAttribute is used in ASP.NET code to decorate controller classes and methods which require authorization, e.g. [Authorize(Roles =“admin”)] public class HomeController : Controller { Meaning that to call any method in this class, the user needs to have a role claim with the value ‘admin’. With many controllers and methods the number of roles used…


Hier lernst Du kostenlos wie Du mit C#/XAML programmierst!

Du interessierst dich für die Entwicklung mit Xamarin? Du willst eine mobile Anwendung für alle mobilen Betriebssysteme entwickeln? Du verfolgst zufällig meine neue Xamarin Serie auf Codefest? In diesem Beitrag wollen wir Dir eine kurze Zusammenfassung geben wo du am Besten und kostenlos lernst mit C#/XAML zu programmieren.


Access On-Premises resource from Azure App Services

In this post, I am going to discuss how we can connect Azure Web App to a resource across 2 VNET’s (Azure or On-Premises ) connected via Site-to-Site, . A typical scenario could be you have Site-to-Site VPN from Azure to On-Premises or between 2 Azure VNET’s and want to connect Azure Web App to…


How to Move the BizTalk ESB Databases

Databases sometimes need to be moved to different SQL Servers for a variety of reason: faster performance, scale out among different SQL Instances/Servers, disaster recovery, etc. The procedure below describes how to move BizTalk ESB databases to another SQL location (Server or instance). Note: The same basic procedure can also be used to move the…


Introducing the Visual Studio ALM Rangers – Jeffrey Opdam

Who are you? My name is Jeffrey Opdam and I have been working for 13 years with .NET, as a developer, technical lead, Scrum master and later on also as a software architect. During these years I have been using and supporting teams with Team Foundation Server. I started out as a freelancer in March…