Microsoft Teams で共有されたファイルや IM を確認する方法

こんばんは、UC サポートチームのワトソンです。 先日リリースされました、Microsoft Teams では、ファイルや IM のやり取りを行う事ができます。 今日はコンプライアンス要件・ファイルの保存先や管理者からの確認方法についてお話をさせていただきます。 まず、Microsoft Teams ではデーターが以下のように保存され、対象のサービス (SPO/EXO) 側で、 インプレースの保持が可能です。 [チャット] 画面のデーター 以下の画面からアクセス可能なチャット機能ですが “IM”(Instant Messaging) は Microsoft Teams 側のユーザーデーターとして Microsoft Teams のデーターセンタ側で保存されます。 保持した場合には、ユーザーのメールボックスの Discovery Holds フォルダーにも保持されます。 1:1 で他のユーザーに転送されたファイルはユーザーの個人の OneDrive に保存され、 共有相手にユーザーに共有権限が付与されます。 [チーム] 画面のデーター 新しいチームを作った場合メールが有効な Office 365 のグループが作られますが、それと同時に、 SharePoint オンラインでもサイトが作られます。 チーム内で行われた “IM” については、Microsoft Teams のデーターセンタ側で保存されます。 保持した場合には、Office 365 グループのメールボックスの Discovery Holds フォルダーにも保持されます。 PPT…


マイクロソフトが重大なサイバーセキュリティ インシデントから得た知識の共有

2017 年 2 月 15 日 – Microsoft Secure Blog スタッフ – マイクロソフト 執筆者: Mark Simos (ビジネス開発および戦略担当ディレクター、エンタープライズ サイバーセキュリティ グループ) このポストは「Sharing Microsoft learnings from major cybersecurity incidents」の翻訳です。 マイクロソフトは、お客様のサイバーセキュリティ攻撃の調査や復旧を 10 年以上にわたって支援してきました。この取り組みは、マイクロソフトの IT 部門と製品グループが企業の環境に攻撃を受けたお客様を支援するという形で非公式に開始されました。当初から、インシデントの量や複雑さにより、マイクロソフトは、取り組みの規模を拡大させ、フルタイム勤務の専門家から成る調査および復旧チームを取り組みに参加させる必要がありました。通常、これらのチームは、年間を通して毎週 1 件以上の本格的な調査を実施しています。標的型攻撃を受けているお客様は、Microsoft Premier サポートを通じて、すぐにマイクロソフトのグローバル インシデント対応および復旧チームにご相談ください。


Assign Multiple Azure AD users to multiple roles in multiple subscriptions using Powershell

This is an interactive Azure Powershell script that allows you to add multiple users to multipe roles across multiple subscriptions. Uses the Powershell GridView to allow you to multi-select users, roles and subscriptions. Search Azure AD using display name search strings or email addresses to create a list of users to grant rights to. Select…


Imperial College London – Health Hack helping Cystic Fibrosis

  Guest Post by Simon Jackson Microsoft Valued Professional for Xbox What is the ICHealthHack? Quote from the ICHealthHack site: Imperial College is a leading university with world-class engineering and medicine faculties. Health Hack brings our community together to work on ideas which require interdisciplinary excellence. We are focused on serious games in the public…


Deprecating the Product Group feature in Microsoft Dynamics NAV 2017

Before we introduced hierarchy functionality with the new Item Categories feature, the Product Groups feature was used to design a one-level hierarchy by making a strong coupling between an item category (the parent) and product groups (the children). The Product Groups feature was also used to carry the Warehouse Class Code value to specify the type of…

1

Microsoft QnA Maker–Creating a Bot for answering frequently asked questions

  Microsoft QnA Maker Overview One of the basic requirements in writing your own Bot service is to seed it with questions and answers. In many cases, the questions and answers already exist in content like FAQ URLs/documents, etc. Microsoft QnA Maker is a free, easy-to-use, REST API and web-based service that trains AI to…


How to fix “Failed to get group accounts sids of a user” when connecting to EXO remote PowerShell.

In an Exchange Hybrid environment where user accounts are on-premises and mailboxes are in Office 365. You have confirmed that you do have administrator rights and was able to connect to EXO remote PowerShell before. Problem: You are getting an error message “Failed to get group accounts sids of a user…” when trying to connect…


Protecting Secrets using VSTS and Azure Key Vault

In his latest blog post, Premier Developer consultant Najib Zarrari discusses one approach to protecting sensitive information in your application by using VSTS and Azure Key Vault. If you are building a modern application and are following modern design principles, there is a good chance your application is composed of a number of layers and…


CCE 展開環境で会議へのエスカレーションに失敗する

Japan Lync/Skype Support チームの和気です。   今回は、CCE 展開環境における会議へのエスカレーションにおける既知の問題についてご案内いたします。 本問題については、仲介サーバーに関する設定を行うことで改善します。しかしながら、つい先日まで、本手順が CCE 構築時に必要な手順として弊社公開資料に記載がない状況であったため、本 Blog にて改めてご紹介させていただきます。