クラウド側から IoT Edge 上のモジュールの状態を監視する方法

クラウド側から IoT Edge 上のモジュールの状態を監視する方法をご案内します。 ただし、Azure IoT Edge は現在プレビューであるため、一般公開時には変更となる可能性がございます点にご留意ください。   1. Azure ポータルから状態を確認 ======================= 以下の手順でAzure ポータルよりご確認いただくことができます。   (1)         Azure ポータルのIoT Hub の左側のペインから [IoT Edge (preview)] をクリックし、右側のペインで IoT Edge デバイスの デバイス ID をクリックします。     (2)         [デバイスの詳細] 画面の下部の Deployed Modules タブで$edgeAgent と$edgeHub などの各モジュールのRUNTIME STATUS がrunning となっていることが確認できます。     2. プログラムから確認する手順 ======================= プログラムから監視する場合は、HTTP REST API を利用することでモジュール ツインから状態を取得可能です。  …


[Power BI Visual Tips] カスタム ビジュアルを使ってみよう

Microsoft Japan Business Intelligence Tech Sales Team 伊藤   Power BI には様々な視覚化パーツが標準で用意されていますが、より豊かな表現を実現するために、標準にはない独自のパーツ(カスタム ビジュアル) を作成し、レポートに取り込んで利用することもできます。カスタム ビジュアルは TypeScript をベースに開発しますが、Microsoft を含め多くのパートナー企業様などが作成されたカスタム ビジュアルが数多く公開されており、一から開発を行わなくてもかなりの表現力を即座に手に入れることができます。今回はその利用方法とイチオシのカスタム ビジュアルを紹介します。 カスタム ビジュアルはこちらの Microsoft AppSource ページ からダウンロードするか、Power BI Desktop や Power BI サービスから直接 Marketplace に接続してインポートすることで利用できます。レポートに取り込んでからは標準の視覚化と同様に利用できますが、一部のビジュアルについては専用の設定画面が提供されています。 数ある カスタム ビジュアルの中から、個人的に便利だな、使えるなと思ったものを3つ紹介します。 Gantt https://appsource.microsoft.com/en-us/product/power-bi-visuals/WA104380765 タスクの開始日時と期間でガントチャートを表示します。プロジェクトの進行状況などの可視化に適しています。 Timeline Slicer https://appsource.microsoft.com/en-us/product/power-bi-visuals/WA104380786 年、四半期、月、週、日の中から任意のレベルを選択して日付範囲の指定ができます。年度の開始日や週の開始曜日を指定できるのが便利です。下図の赤枠で囲った部分が Timeline Slicer です。 Infographic Designer https://appsource.microsoft.com/en-us/product/power-bi-visuals/WA104380898 任意の図を使って棒グラフを表現したり (人数を人のアイコンで表す。商品の売上をその商品のイメージ図で表す)、グラフを分割して並べて表示したりできます。 認定済みのカスタム ビジュアル カスタム…


Azure App service: Using Custom domain with Azure Traffic Manager

Azure Traffic Manager provides a default hostname on Traffic manager creation. It is of the Format <TrafficManagerName>.trafficmanager.net. When we browse this URL, the Domain Name Server (DNS) resolves the Traffic Manager and it further redirects the requests to the most appropriate Endpoint. If you decide to provide an alias (Custom URL) to the Azure Traffic…


Guideline for SQL Server configuration, installation and database creation

Guideline for SQL Server configuration, installation and database creation 1.考慮將Windows電源選項(Power Options)調整為高性能(High Performance) 電源選項預設為平衡,系統會動態調整CPU性能,負載大的時候也會自動提高CPU性能,依照KB的描述若有遇到性能問題,首先考慮更新BIOS與Windows hotfix,另一個選擇,則是直接將電源選項改為高性能(High Performance),但此時當系統平常使用時,會增加不必要耗電量。 Slow Performance on Windows Server when using the “Balanced” Power Plan https://support.microsoft.com/en-us/help/2207548/slow-performance-on-windows-server-when-using-the-balanced-power-plan To change a power plan: 1. Click on Start and then Control Panel.  2. From the list of displayed item under Control Panel click on Power Options, which takes you to Select a power plan page. If you…


Performance Degradation in South Central US – 04/24 – Mitigated

Final Update: Tuesday, April 24th 2018 23:56 UTC We’ve confirmed that all systems are back to normal. A recent change has been rolled back to mitigate the 404 errors users were experiencing in the South Central US region. We’ve also noticed slow performance for some users in this region, root cause for this issue is…


SQL Server Reporting Services failed to start (Reporting Services啟動失敗)

SQL Server Reporting Services failed to start Reporting Services啟動失敗 Problem 問題: The SQL Server Reporting Services (MSSQLSERVER) service failed to start due to the following error: The service did not respond to the start or control request in a timely fashion.   Resolution 解決方法: 有三種解決方法,以下是我常用的一種 To increase the default service time-out, follow these steps: Click…


Tuesday Featured Post: Confused! Pointing Out Where

Good Day All! We are back with the Tuesday’s Featured Post where we discuss a Forum Post or a Forum Thread from the MSDN or TechNet Forums and then highlight the value that they added. There are many interesting posts in the forum and you can learn a lot from those posts. So, this is…


RegEx element value validation for Logic App escaping from Json to XML

Recently we blocked the execution of Json schema pattern in Azure Logic Apps Parse Json action because of DoS security concerns. The matching XML XSD schema pattern feature however is available. Because of the per-customer sandbox environment in which the XML validation is executed for Logic Apps, we did not have to block use of…


Application Insights – Web Test Failures for Availability Data Type – 04/24

Between 04/24, 11:00 UTC till 04/24/2018, 16:30 UTC, a small number of customers may have experienced failures in Availability Web Test results executing from these regions :  East US, North Central US, Brazil South, South Central US & West US. We root caused this to a backend resource utilization problem which has now been mitigated…


Blockchain in a nutshell

In this post, Sr. App Dev Managers Bernard Apolinario and Ajay Tanikella gives a thorough explanation of Blockchain concepts. What is Blockchain? Blockchain is a Secured, Shared, Distributed ledger. It’s a concept with the following key aspects: Ledger: It’s a not a typical accounting ledger. It’s a ledger that tracts value exchange between two parties….