Postmortem – Availability issues with Visual Studio Team Services on 16 November 2017

On 16 November 2017 we had a global incident with Visual Studio Team Services (VSTS) that had a serious impact on the availability of our service (https://blogs.msdn.microsoft.com/vsoservice/?p=15526). We apologize for the disruption. Below we describe the cause and the actions we are taking to address the issues. Customer Impact This was a global incident that…


GENERAL_READ_ENTITY_START

I was looking around for some understanding on the what this event within the request pipeline meant.  As seen in Figure 1, you can find this event when you are capturing a Failed Request trace. I wrote a lab about capturing Failed Request Traces here –> Lab 4: Install and configure Failed Request Tracing Figure…


Install SQL Server 2017 Using PowerShell Desired State Configuration and SqlServerDsc

How many times have you clicked through the SQL Server installation interface just clicking the same old buttons, entering the same old information, not giving it much of a second thought? Then the installation finishes and the realization of “I forgot to specify the DBA group in the sysadmins role” hits. Now you have to…


(Cross-Post) Cloud storage now more affordable: Announcing general availability of Azure Archive Storage

Today we’re excited to announce the general availability of Archive Blob Storage starting at an industry leading price of $0.002 per gigabyte per month! Last year, we launched Cool Blob Storage to help customers reduce storage costs by tiering their infrequently accessed data to the Cool tier. Organizations can now reduce their storage costs even…


SQL Server アップグレードパスについて

皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームです。今回は SQL Server のアップグレードパスについてご紹介いたします。 アップグレードパスにつきましては、弊社では以下のような技術情報を公開いたしております。(下記の技術情報は SQL Server 2016 へのアップグレードパスに関する情報です。)   タイトル : サポートされるバージョンとエディションのアップグレード URL      : https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/database-engine/install-windows/supported-version-and-edition-upgrades   上述の公開情報は、同一サーバーにおけるアップグレードパス (インプレース アップグレード) に関し記載しているものであり、別サーバーへのデータベース移行によるアップグレード (マイグレーション) の場合には該当いたしません。 例えば、上述の公開情報によるインプレース アップグレードでは、SQL Server 2014 Standard Edition から SQL Server 2016 Express Edition はサポートされていないアップグレードパスである為、アップグレードを実施した場合には失敗します。一方、マイグレーションによるアップグレードの場合には、上述の公開情報には該当しない為、SQL Server 2014 Standard edition から別のサーバーの SQL Server 2016 Express Edition へのデータ移行によるアップグレードは成功いたします。 つまり、マイグレーションによるアップグレードの場合には、上述の公開情報のパスを意識する必要はなく、下位のエディションにもアップグレードが可能となります。また、公開情報にあるアップグレード元のサービスパックの適用条件も考慮する必要はありません。 ただし、移行先となる SQL Server…


Resolving Branch Specific Azure Template Links in Github Repositories

In this blog post, I will demonstrate a solution to problems associated with fixed template links in Azure Resource Manager templates stored on GitHub. This is likely to be one of those solutions to a problem that you did not even know you had. But read on, you might still find it useful. The Problem…


Minecraft Education Edition takes the Australian Curriculum into a whole new world.

For good reason Minecraft Education Edition is exploding in popularity and landing in classrooms all over the world. Not just a game, Minecraft Education Edition is a platform that allows students to freely explore, imagine and create through virtual environments and collaborative worlds. It’s no surprise that Australian educators are rapidly uncovering the pedagogical potential…


First Look Into Blockchain

There’s been a ton of buzz about Blockchain lately (Bitcoin anyone?) so what better time to highlight this video from Premier Developer consultant Razi Rais on understanding Blockchain technology. Since last year, I have been spending time with customers understanding how blockchain can help them improve/replace existing processes. It’s relatively a new technology but evolving…


How to optimize your cloud strategy

In recent years, U.S. government agencies have moved to the cloud faster than private corporations in an attempt to replace aging systems and improve organizational efficiency.[1] Cloud adoption can transform how IT departments at federal civilian agencies operate, deliver services, and share information. To maximize the value and impact of their cloud migration, however, CIOs…


Skype for Business Online / Teams をご利用いただく際のポート開放について

こんにちは。Skype / Teams サポートチームです。 Skype for Business Online / Microsoft Teams をご利用いただく際、インターネット接続経路上のファイアウォールにてポートを開放いただく必要がございます。その際、宛先を指定してポート開放を実施する場合は、以下の公開情報により宛先をご指定いただきます。   Title : Office 365 URL および IP アドレス範囲   URL : https://support.office.com/ja-jp/article/Office-365-URL-および-IP-アドレス範囲-8548a211-3fe7-47cb-abb1-355ea5aa88a2 ファイアウォールにおいて宛先を指定してポートを開放する方法として、以下の様ないくつかの方式が存在しますが、Skype for Business Online / Microsoft Teams に関しては、1. の IP アドレスベースでホワイトリストに登録いただくことが必要となります。 宛先 IP アドレスを指定して開放する FQDN / domain name / URL を指定して開放する 通信内容から振る舞いをチェックし、アプリケーションを判断して許可する (Application Level Gateway 機能) 3. の ALG 機能による開放については、ファイアウォール側の実装に依存してまいりますので、各メーカーへご確認いただく必要がございます。…