Surface Book で Windows Mixed Reality を楽しむ!

Surface Book 2  が GeForce GTX 1050 を積んだ Mixed Reality Ultra PCとして華々しくデビューを飾った裏で、Surface Book は Mixed Reality を楽しめないという悲しい状況でした。 まさか新旧デバイスでこうも状況が違うとは。見た目だけならUSB-CかMini DisplayPort かの違いしか見えないのにw しかし、なんとか Surface Book でもMixed Reality を楽しめそうです。もちろんパフォーマンスの問題はありますが、できるとできないは大違いですよね。実際の作業もポイントはレジストリの中身を1か所だけ削除するだけ。あとは最新環境を整えるのはほかのマシンでも同じですからね。


Excel ユーザー定義関数に機能説明や独自ヘルプをリンクする方法

こんにちは、Office 開発サポート チームの中村です。   Excel には、セルに設定する式として、SUM() のように計算に関するものや、IF() のように論理条件を制御するものなど、様々なワークシート関数が用意されています。既存のワークシート関数で要望を満たすものがない場合、マクロで実装した独自処理を、ユーザー定義関数として登録することができます。 このブログを訪れる方の多くは、ユーザー定義関数を登録すること自体はご存知の方が多いかと思いますが、このようなユーザー定義関数を作成するときにその関数に機能説明やヘルプを追加する方法について、公開情報からは分かりづらい点もありますので、本記事で紹介したいと思います。   1. ユーザー定義関数の作成 関数説明の登録やヘルプのリンクの前に、まずはユーザー定義関数を登録する方法を確認します。 ユーザー定義関数の作成は、VBA の標準モジュールに Function 関数を記述するだけですぐに利用できます。以下の例は、TestUDF という名前の関数を作成し、引数 1 に数値、引数 2 に文字列を渡すと、これらを組み合わせて文章を作成して返却する関数です。(Public でなくともユーザー定義関数として利用できます。アドインなどで複数ブックからの利用を想定している場合は Public を付与します。) Public Function TestUDF(num As Integer, str As String) As String TestUDF = “No.” & num & “は” & str & “です” End Function   このような VBA コードを追加した状態でシート上でセルに直接関数を入力すると、すぐに利用できます。   ただこのままの状態では、Excel に標準で用意されているワークシート関数で表示される利用方法の説明やヘルプ…


Setting up Application Gateway with an App Service that uses Azure Active Directory Authentication and URL Authorization Rules

This blog post is an optional extension of my previous post about properly configuring an Azure App Service using authentication behind an Azure Application Gateway. In the previous post, we had the whole App Service covered by Azure App Service Authentication. For this post, I will show you how to use a Preview feature to…


Setting up Application Gateway with an App Service that uses Azure Active Directory Authentication

This blog post is going to guide you through setting up an Azure Application Gateway in front of an Azure App Service that uses Azure Active Directory authentication and a custom domain. The default steps for setting up an Azure Application Gateway in front of an App Service with App Service Authentication will result in…


Supporting Inner Source with Forks

We’re very excited to announce that we’ve added the ability to fork Git repositories hosted in Visual Studio Team Services. If you work on open source projects, then you’re probably already familiar with repository forks. A fork takes a Git repository and creates a duplicate copy of it – on Visual Studio Team Services -…


Visual Studio Toolbox: Azure Functions: Less-Server and More Code

In this episode, Dmitry is joined by Jeremy Likness for a discussion of Azure Functions, which provide the powerful capability to merge events and code to quickly deploy micro services directly from Visual Studio or as part of a DevOps pipeline. With a variety of triggers that call the code and bindings that connect code…


Visual Studio Toolbox: What’s New in TFS 2018

In this episode, I am joined by Alex Nichols, who reviews many of the new features in Team Foundation Server 2018, the next major version of Microsoft’s on-prems DevOps suite, including: Filtering on backlogs, Kanban boards, sprints, and queries [02:00] Inline add on Delivery Plans [02:30] File minimap, bracket matching, wordwrap and toggle white space…


Mioty at DPK

Hi! A couple of weeks ago, we had the Microsoft German partner conference (DPK) in Leipzig, where our IoT partners were showing their solutions. And one of the partners that presented their technology is Mioty. So what is this? (roll video ) Mioty is a LPWAN technology that adresses shortcomings that we have seen with…


Pozvánka: G2B TechEd 2018

Ani letos nebude v Brně žádná nuda! 2. ročník úspěšné IT konference G2B•TechEd se uskuteční 29. – 30. ledna 2018 v hotelu Holiday Inn v centru Brna! Na účastníky konference budou opět čekat 2 tématické sály a více jak 20 odborných přednášek od předních IT odborníků a speakerů!   DevCon Hall pro vývojáře přináší přednášky: Vývojářská Keynote -…


アプリケーション構成ファイルのエンコーディングを変更した場合に発生する問題について

こんにちは、Visual Studio サポート チームです。 今回は、アプリケーション構成ファイル (***.exe.config) のエンコーディング設定を変更した場合に発生する問題と対処方法についてご案内します。   現象 アプリケーション構成ファイル (***.exe.config) のエンコーディングを Shift-JIS などに変更してアプリケーションを実行すると、以下のようなエラーが発生してアプリケーションの起動に失敗します。   Visual Studio からは、次の手順で App.config のエンコーディングを変更することができますが、既定値から変更した場合は上記のようなエラーが発生する可能性があります。   手順: ソリューション エクスプローラーで App.configを選択します。 プロパティ ウィンドウの [エンコード] で “日本語 (シフト JIS)” に設定して保存します。 ※ なお、Visual Studio ホスティング プロセスを介してアプリケーションが起動されている場合は、上記のエラーは発生しません。    対処 App.config のエンコーディングに Uft-8、または Utf-16 を使用することでエラーの発生を回避することができます。 “Unicode” – <?xml version=”1.0″ encoding=”utf-16″ ?> “Unicode (UTF-8)”  – <?xml…