Microsoft Inspire: We’re on the road to Washington, DC!

Now that it’s the New Year, our planning for the annual Microsoft partner business and sales conference moves to the top priority. While we’ve given, our worldwide partner conference a new name Microsoft Inspire the things that make this event a must-attend for our most engaged, top-selling, solution-oriented partners remain the same. Come to Microsoft…


Azure Machine Learning Studio を使ってモデルをスクラッチから構築してみよう

Azure Machine Learning Studio は、機械学習をこれからビジネスの現場に導入しようとする方々にとって使いやすくかつ強力な開発プラットフォームとなるだけでなく、既に機械学習システムの開発経験がある方にとっても、対話型ワークスペースによる操作で開発生産性を高めることができる優れたクラウドサービスです。   Azure Machine Learning Studio で機械学習を初めて体験された方々の中には、チュートリアルをとおして使ってみたものの、それぞれのモジュールのプロパティで何を指定しているのかもう少し深く理解して使いたい、という感想をお持ちのみなさんも多いことと思います。 ここでは簡単な機械学習データをもちいて、ニューラルネットワークを理解するための基礎とも言える2クラス分類モデルをスクラッチから構築し、Azure Machine Learning の操作を深く見てみましょう。また最後に、モデルを学習させた結果について、なぜ学習がうまくいったのかについても考えてみます。   学習データの準備   まずデータです。ここでは、カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)で公開されているWine Data Setを用います。このデータは分類モデルのベンチマークのように用いられており、チュートリアルなどで取り上げられています。 https://archive.ics.uci.edu/ml/datasets/Wine この Data Folder から Wine.Data をダウンロードします。データはフィールド名のないカンマ区切りで、最初の列にワインの種類(1, 2, 3)、続いてアルコール濃度、リンゴ酸、・・・と全部で 14 列のが 1 組となり、178 組のデータで構成されます。 178 組のデータには 3 種類のワインが混じっていますが、今回は基本的な 2 クラス分類アルゴリズムのひとつロジスティック回帰に慣れる意味で、2 種類のワインデータ 130 組に絞って使うことにします。またこのデータセットによる 2 クラス分類モデルでは、はじめの 2 つの組成(アルコール濃度、リンゴ酸量)で十分良い分類モデルの学習が可能であることが知られているので、フィーチャー(説明変数)としてこの 2 つを選択することにします。   ロジスティック回帰モデルでは、学習データが与えられたとき、モデルの計算結果が閾値より大きければ 1 を、そうでなければ 0 を返すように モデルのパラメーター(係数とか重みなどと表現する場合があります)を学習させます。  …


Exchange TAP: Microsoft Graph Preview for Exchange 2016 customers

– Are you the app developer of Microsoft Graph API? – Want to develop and validate an Exchange hybrid solution? – Do you have Exchange 2016 CU3 or later installed? If “yes”, then this space is for you. We are interested in working with Exchange 2016 customers or partners to help us validate Exchange hybrid…


Experiencing Data Access Issue in Azure Portal for Multiple Data Types – 01/18 – Resolved

Final Update: Wednesday, 18 January 2017 04:03 UTCWe’ve confirmed that all systems are back to normal with no customer impact as of 01/18, 03:45 UTC. Our logs show the incident started on 01/18, 01:45 UTC and that during the 2 hours that it took to resolve the issue ~ 6% of customers experienced  Data Access…


PIX on Windows (beta) released

Tools are an incredibly important part of our work. Great tools allow us to look at the systems we’re developing, get a holistic sense of what’s going on and then zoom into the details we care about. Today PIX on Windows announced its beta release. If you work with D3D12 on Windows, you definitely owe it to yourself…


Introducing PIX on Windows (beta)

Welcome to our new PIX team blog! PIX is a performance tuning and debugging tool for game developers.  It has a long and storied history spanning three generations of Xbox console.  Today we are pleased to announce that a beta release of PIX is now available for analyzing DirectX 12 games on Windows as well….


Troubleshooting Connectivitiy #8 – エラー番号からわかる接続失敗原因 :エラー26

  高橋 理香 SQL Developer Support Escalation Engineer みなさん、こんにちは。 このシリーズの前回のポストから2年半以上経過してしまいましたが、まだ書きたいこともあり、終了はしていません!今回は接続時のエラーのうち、特徴的なエラーであるエラー番号 26 と出力されている場合のトラブルシューティングについて紹介したいと思います。 A network-related or instance-specific error occurred while establishing a connection to SQL Server. The server was not found or was not accessible. Verify that the instance name is correct and that SQL Server is configured to allow remote connections. (provider: SQL Network Interfaces,…


Troubleshooting Connectivitiy #8 – エラー番号からわかる接続失敗原因 :エラー26

  高橋 理香 SQL Developer Support Escalation Engineer みなさん、こんにちは。 このシリーズの前回のポストから2年半以上経過してしまいましたが、まだ書きたいこともあり、終了はしていません!今回は接続時のエラーのうち、特徴的なエラーであるエラー番号 26 と出力されている場合のトラブルシューティングについて紹介したいと思います。 A network-related or instance-specific error occurred while establishing a connection to SQL Server. The server was not found or was not accessible. Verify that the instance name is correct and that SQL Server is configured to allow remote connections. (provider: SQL Network Interfaces,…