【セミナー紹介】気になる!? あの会社のシステムデザイン “業務システム構築事例”セミナー (2017/04/11 開催)

Dynamics を中心とした業務アプリケーションのコンサルティングに精通したパートナー様主催のセミナーをご紹介いたします。 お申込み、および詳細情報は以下の URL から参照ください。 http://www.pbc.co.jp/event/item.aspx?n=709   【セミナー概要】 イベント/セミナー名 気になる!? あの会社のシステムデザイン “業務システム構築事例”セミナー 開催日 2017年4月11日(火) 14:00-17:30 定員 90名 会場 日本マイクロソフト品川本社


Microsoft Teams で共有されたファイルや IM を確認する方法

こんばんは、UC サポートチームのワトソンです。 先日リリースされました、Microsoft Teams では、ファイルや IM のやり取りを行う事ができます。 今日はコンプライアンス要件・ファイルの保存先や管理者からの確認方法についてお話をさせていただきます。 まず、Microsoft Teams ではデーターが以下のように保存され、対象のサービス (SPO/EXO) 側で、 インプレースの保持が可能です。 [チャット] 画面のデーター 以下の画面からアクセス可能なチャット機能ですが “IM”(Instant Messaging) は Microsoft Teams 側のユーザーデーターとして Microsoft Teams のデーターセンタ側で保存されます。 保持した場合には、ユーザーのメールボックスの Discovery Holds フォルダーにも保持されます。 1:1 で他のユーザーに転送されたファイルはユーザーの個人の OneDrive に保存され、 共有相手にユーザーに共有権限が付与されます。 [チーム] 画面のデーター 新しいチームを作った場合メールが有効な Office 365 のグループが作られますが、それと同時に、 SharePoint オンラインでもサイトが作られます。 チーム内で行われた “IM” については、Microsoft Teams のデーターセンタ側で保存されます。 保持した場合には、Office 365 グループのメールボックスの Discovery Holds フォルダーにも保持されます。 PPT…


マイクロソフトが重大なサイバーセキュリティ インシデントから得た知識の共有

2017 年 2 月 15 日 – Microsoft Secure Blog スタッフ – マイクロソフト 執筆者: Mark Simos (ビジネス開発および戦略担当ディレクター、エンタープライズ サイバーセキュリティ グループ) このポストは「Sharing Microsoft learnings from major cybersecurity incidents」の翻訳です。 マイクロソフトは、お客様のサイバーセキュリティ攻撃の調査や復旧を 10 年以上にわたって支援してきました。この取り組みは、マイクロソフトの IT 部門と製品グループが企業の環境に攻撃を受けたお客様を支援するという形で非公式に開始されました。当初から、インシデントの量や複雑さにより、マイクロソフトは、取り組みの規模を拡大させ、フルタイム勤務の専門家から成る調査および復旧チームを取り組みに参加させる必要がありました。通常、これらのチームは、年間を通して毎週 1 件以上の本格的な調査を実施しています。標的型攻撃を受けているお客様は、Microsoft Premier サポートを通じて、すぐにマイクロソフトのグローバル インシデント対応および復旧チームにご相談ください。


Global issues with Visual Studio Team Services – 03/28 – Resolved

Update: Tuesday, 28 March 2017 23:36 UTC This is a retroactive notification to let you know about an incident that took place between 22:25 UTC and 22:58 UTC. A planned maintenance activity within our central SPS service started at approximately 22:00 UTC today.  This activity resulted in significant performance issues for SPS that impacted VSTS globally. The maintenance…


How to Use Social Media for your Business

Guest post by Jane Hurst, http://www.lifehack.org/author/jane-hurst & https://blog.getresponse.com/author/jane-hurst) We’re all familiar with how important social media is to our personal lives, as it often acts as the main source of contact between you and your friends/family, but what about the importance of social media in your business? If you’re an entrepreneur with your own business, social media…


D365-WMS APP

Que tal, como parte de las nuevas funcionalidades disponibles en D365 se ha liberado la app para Warehouse Management. Esta app permite tener la funcionalidad que antes tenia el WMDP (Warehouse Management Device Portal) pero ahora en una aplicación disponible por ahora para dispositivos Windows 10 y Android (versiones 4.4, 5.0, 6.0 y próximamente )….


Why adding to Blocked Senders sometimes doesn’t block the sender

Recently in Outlook.com, I’ve seen a spurt of user complaints that they are adding senders to the blocked senders list, but keep getting spam from the same sender day after day. I did some investigation. First, adding spammers to Blocked Senders isn’t the best way to stop spammers from sending you unwanted email. Spammers randomize…


Game Design Livestream 7 pm EST Tuesday, March 28 2017

Looking forward to lead the Georgia Game Developer association (GGDA) Livestream tonight: Intro to Game Design/Construct 2 Livestream 7 pm EST Tuesday, March 28 Game Design Web Show: Intro to Game Design Description: Game design can look confusing and daunting to beginners, but there are ways to increase your chances of successfully launching a game….


Azure Functions and Logic Apps better together!

Here at MTC we are all about showcasing Microsoft technologies by implementing them first for our internal use and later on share the lessons learned and the artifacts with our customers as part of our design sessions and also through our GitHub team. Back in last June as part of our Hack week I came…


Make a Large SharePoint List Easily

Ever need to test something against a large list but don’t have one handy. Well I did today, so I wanted to share what I came up with using sp-pnp-js. Nothing too complicated – using batching, getting the list item type name once, and asynchronous recursion.     This could be tweaked to add more…