アジア太平洋地域でのサイバーセキュリティの高度化

2017 年 5 月 15 日 – Microsoft Secure Blog スタッフ – マイクロソフト このポストは「 How the Asia-Pacific region is advancing cybersecurity 」の翻訳です。 執筆者: Angela McKay – サイバーセキュリティ ポリシー担当ディレクター 今年初め、私とチームは光栄にも数日を日本で過ごすことができ、情報処理推進機構 (IPA) シンポジウムに参加しました。また、業界の仲間と会って、公共政策に取り組むうえでのサイバーセキュリティの世界的動向とチャンスを議論すると共に、日本政府のパートナーと会って、クラウド セキュリティの問題についても検討しました。   東京での滞在はわずか数日でしたが、日本とアジア太平洋地域全体の政府機関と業界の両方で、サイバーセキュリティの重要性を力説する声が高まっているのがわかりました。 さらに、具体的な行動が今すぐ必要だという認識も広まっています。   日本は、この領域における地域のリーダーシップをとるうえでふさわしい体制を整えています。そのことは、IPA シンポジウムの規模、参加者と発表者の経験豊かな顔ぶれ、会話の成熟度を見れば明白です。日本では、サイバーセキュリティが単に技術オタクだけの関心事項から、政府機関、企業、および消費者にとっての大きな懸念事項へと明らかに変化しています。政策をめぐる論争は、概念的な議論から、セキュリティに関する施策や要件の策定といったより実用的な検討へと移っており、特にその傾向は、重要なインフラストラクチャと政府機関において顕著です。   日本のアプローチでとりわけ称賛に値する優れた点は、日本政府がこの領域の課題に反復的な方法で取り組んでいることです。すなわち、テクノロジやリスクの変化とそのさまざまな活動の効果に基づいて、優先順位分野を動的に変更して、重点の置き所を変えるのです。例えば、サイバーセキュリティ基本法や国家サイバーセキュリティ戦略は 2 年以上前に導入されましたが、日本政府はそれ以来、サイバーセキュリティに対する政府横断型の協調体制など、なかなか成果が出にくいとわかった領域については、繰り返し話し合い、再検討を行っています。


Setting up Raspian and .NET Core 2.0 on a Raspberry Pi

Here’s a little something I wrote for a customer who wants to use .Net Core on a Raspberry Pi. You might find it useful as well. Raspbian Linux is the Raspberry Pi Foundation’s officially supported operating system for running the Raspberry Pi. .NET Core is Microsoft’s new modular open source implementation of .NET for creating…


Visual Studio Toolbox: Design Patterns: Template Method

This is the third of an eight part series where I am joined by Phil Japikse to discuss design patterns. A design pattern is a best practice you can use in your code to solve a common problem.  In this episode, Phil demonstrates the Template Method pattern. This pattern defines the program skeleton of an…


[Teams] Sharepoint でデバイスアクセスを設定すると Teams の Wiki/ファイル共有にアクセスできない

こんにちは Teams サポートチームの吉野です。 TeamsとSharepointは密接に関係しており、TeamsのアクティビティはSharepointに反映されます。 ところで、 Sharepoint の設定で「デバイスアクセス」というものがあります。 ここで自社のネットワークの IP アドレスを入力すると、それ以外のIPからのアクセスをはじくことができます。 ところが、この設定を行うと Teams の一部機能(Wikiとファイル共有)が利用できなくなります。 これはTeamsのサーバーからのリクエストをSharepointが拒否しているためです。 これを回避するには、Teamsサーバーのアドレスをデバイスアクセスの許可リストに追加します。 Office 365 URL 及び IP 範囲 といっても大量にあるため、すべて入力するのは大変です。 ある程度集約したアドレスリストを作りましたのでこちらをご利用いただければと思います。 13.64.0.0/10,23.96.0.0/11,40.64.0.0/10,51.140.0.0/14,52.112.0.0/14,52.128.0.0/9, 104.40.0.0/13,111.221.104.75/32,137.116.0.0/15,168.60.0.0/14,191.232.0.0/13,207.46.155.141/32 このようになります。(黄色い部分はお客様自身のアドレス範囲を設定ください) 快適なTeams/Sharepointライフを満喫ください。


Create Bot for Microsoft Graph with DevOps 15: BotBuilder features – LUIS Dialog 101

In this article, I use LUIS to process natural language, and LuisDialog to integrate LUIS into BotBuilder. Create LUIS application 1. Go to https://luis.ai and create an account or signin if you already have account. 2. Click [New App]. 3. Create O365Bot application. 4. You can create Intent and entities by yourself but let’s use…


Add Routes to an Azure Web App Integrated with a VNET

The default routes assigned to the Point-to-Site connection are inherited from the VNET’s routes. Additional routes may be needed to correctly route requests, bound for the VNET or on-premises, down the Point-to-Site tunnel. Below are three options to add routes the web app’s Point-to-Site configuration. The method of “Using the Azure Portal” is the recommended…


Dynamics AX 2012 – DIXF Performance Benchmark Results

The Dynamics AX InMarket team has provided the following benchmarking results for DIXF imports based on numerous requests for this information. If there are any questions or requests for additional entity coverage please let me know! Problem Statement: Customer is importing around 500K records and the need for some form of benchmarking the performance expected…


Power BI Desktop 2017年7月の更新

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤 Power BI には Power BI Service と Power BI Desktop があり、Power BI Desktop の今回 (2017年7月) の更新では次の機能が追加・強化されました。 ※ Power BI Report Server 用の Power BI Desktop には当てはまりません。(が、こちらも 更新版 が出ております。) レポート 新しいテーブルとマトリックスの視覚化の一般提供開始 視覚化におけるフィールド名の変更 カスタム ビジュアル ストアの統合 相対的なデータのフィルター 視覚化におけるレスポンシブ レイアウト (プレビュー) ウォーターフォール 図のオプション  – ブレイクダウン カスタム ビジュアルの更新 分析とモデリング クイック メジャー…


Microsoft Azure Stack Development Kit

Last month I shared some details around Azure Stack at https://blogs.msdn.microsoft.com/uk_faculty_connection/2017/06/15/using-azure-stack-to-teach-devops-and-it-skills/  Azure Stack in teaching and Learning Follow the journey of academics and students at ROC van Amsterdam in the Netherlands learning Azure with Azure Stack https://azurestackblog.wordpress.com/ where the team recently had a skype call with Azure Stack Team as part of the General Availability…