Office プロセスを自プログラム専用にすることはできません

こんにちは、Office 開発 サポート チームです。 前回の投稿で Excel のプロセスを統合することについて記載しましたが、今回はこれに関連し、Office オートメーションを行うプログラムを開発するときにプログラムから操作する Office プロセスを自分のプログラム専用にできるか、という話を記載します。   Office オートメーションを行うプログラム開発を行う際、プログラムの処理が行いやすいよう、Office アプリケーションのプロパティを変更したり、画面を非表示にすることがあります。このとき、プログラムから行うプロパティ設定や画面の状態を、ユーザーが開いている他の Office ファイルには反映させたくないといった理由から、「ユーザーが起動する Office とプログラムが起動する Office でプロセスを分けたい」というご相談を頂くことがあります。   結論から申し上げますと、このような動作を完全に実現することはできません。   過去投稿で、Office では起動方法によって、既に起動されたプロセスがある場合には、これを利用して新しいファイルを開く動作となることをご紹介しています。 過去の投稿) タイトル : Excel 2013 からのウィンドウ管理方法変更について – シングル ドキュメント インターフェイス (SDI) アドレス : https://blogs.msdn.microsoft.com/office_client_development_support_blog/2016/12/19/excel2013-changes-to-sdi/ タイトル : Office のプロセス インスタンス制御について アドレス : https://blogs.msdn.microsoft.com/office_client_development_support_blog/2012/02/14/office-4/   過去投稿でご案内している Excel の /x コマンドライン スイッチのように、新規プロセスで起動するよう変更できる起動方法もありますが、ショートカットをこのように変更しても、ユーザーが直接 Office…


Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics 365 がリリースされてから 2 か月半が経ちました。 お試しいただいていますでしょうか。Dynamics 365 の 30 日間トライアルを申し込むと 新機能を検証いただくことが可能です、是非お試しください。 今回は、新機能を紹介する前に、Dynamics 365 とはそもそも何か、 どのような点が大きな変更点なのかといった利用する前の概要をお伝えします。 概要 Microsoft Dynamics 365 (旧 Dynamics CRM)は、強力なビジネス アプリケーション プラットフォームを提供します。 このプラットフォームは、顧客、Microsoft パートナー、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) に対し、 付加価値のあるソリューションを拡張して提供する機会をもたらします。 これらのソリューションは、Dynamics 365 に含まれている堅牢なコア プラットフォーム機能を基に作成されます。 これらの機能を使用することで、基盤をカスタム ビルドする必要なく、カスタマイズしたソリューションを作成できます。 Dynamics 365 には、Operations(旧Dynamics AX) および Financials 用の追加機能が含まれています。 引用元:https://msdn.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/ Dynamics CRM からの大きな変更点 Dynamics CRM からの大きな変更点を 4 つ紹介します。 –…


Delete Empty Load Balancers with No Virtual Machines

Below script will help you to find and delete empty load balancers with no virtual machines from Azure environment.   Find Empty Load Balancers You can find an empty load balancer by checking its BackEndIPConfigurations. Example:- $myLoadBalancer = Get-AzureRmLoadBalancer -ResourceGroupName ‘MyTempResourceGroup’ -Name ‘MyTempLoadBalancer’ if($myLoadBalancer.BackendAddressPools.Backendipconfigurations -eq $null) {     Write-Host “Load Balancer is empty” }  …


Whitepaper and Code Sample for Automated Partition Management

Analysis Services tabular models can store data in a highly-compressed, in-memory cache for optimized query performance. This provides fast user interactivity over large data sets. Large data sets normally require table partitioning to accelerate and optimize the data-load process. Partitioning enables incremental loads, increases parallelization, and reduces memory consumption. The Tabular Object Model (TOM) serves…


ASTrace on the Analysis Services Git Repo

The ASTrace utility provides the ability to capture an Analysis Services trace and log it into a SQL Server table. The table can be queried later or read using SQL Server Profiler. The ASTrace utility runs as a Windows service that connects to Analysis Services, then creates a trace, and logs trace events into a SQL…


Interview with a Forum Ninja and Windows Server MVP- NinoRCTN

  Welcome to another interview with a Forum Ninja! This week’s ninja is… NinoRCTN Here’s what we know about Nino: MVP 23,495 Recognition Points 1,276 Forum Answers 1,017 Helpful Votes on his replies 5,576 Forum Replies 7 TechNet Wiki Articles; 130 Edits   Wow. Nino has been very active! Let’s get to the interview! ===========================…


SSH tunnel to endpoints in Azure VNet from Windows

When you deploy virtual machines on Azure, a good practice is to set up Azure Network Security Groups (NSG) to minimize the exposure of endpoints and limit access to those endpoints to only known IPs from the Internet.  In order to access the rest of the endpoints in your Virtual Network (VNet) on Azure, you can…