de:code 2017「Hack days」(Day3, 4)開催決定!

今年初の試みとしてde:code 2017 のPost eventとして de:code Hack daysを開催いたします! de:code 2017 を通して知っていただいた最新技術を実際に触っていただき、身に着けていただくための 2 日間として、 de:code 2017 参加者の方を限定 200 名を対象とする Special イベントです。 実用的なレベルまで皆さんの技術スキルを昇華させることを目指しています。 この「Hack days 」までが de:code です!ぜひ de:code と Hack days にご参加ください。 ——————————————– 日時 Hackathon 5 月 25 日 (木) 10:00 – 20:15 (懇親会含む) [受付開始 9:30 予定] 5 月 26 日 (金) 10:00 – 16:30          [受付開始 9:30 予定]…


Node.js で Cogbot をつくる(Hello World編)

準備編から更新がかなり空いてしまいましたが、実作業に入りましょう。このフェーズでは、ローカルで Cogbot というかボットを作成して、Hello World するところまで行います。   VSTS のプロジェクトから開発用環境の作成 準備編で作成した VSTS のプロジェクトからローカルに開発環境を作成します。 上のほうのバーの Code をクリックします。   右上の Clone をクリックします。   今回は Command line を使用します。一番上のリンクの隣のコピーボタンをクリックします。 Visual Studio などの IDE を使っている場合は、一番下の IDE のプルダウンメニューを選択し、Clone in (IDE名) をクリックすることで直接 Clone 可能です。   Git Bash を起動し、任意の作業フォルダに移動します。 $cd C:tempnodebot $git Clone [コピ$cd C:tempnodebotーしたURL] コピーしているときの、アスキーアートがちょっとだけカッコいいです。 ※クローン時に、ブラウザでの認証が入るので、 VSTS のユーザー ID / パスワードでログインします。   Bot Framework と…


Check the Available Memory of Default Pool

One capacity planning best practice of using SQL In-Memory OLTP engine is to bind the database with a resource governance pool. The calculation of memory resource of pools is from here, and I translate it into below TSQL code  to check both configured value and available value in run time.


今注目の AI, Machine Learning/Deep Learning セッション

みなさま、こんにちは。 桜の季節となりましたね。 de:code も、セッション情報の公開が始まっています! 今回の de:code では 130 を超えるセッションを準備中ですが、一部のセッションを先にお見せしています! どのセッションも非常に面白いものとなりますが、今年は AI 分野のセッションが注目です。 AI トラックのセッションの一部をピックアップしてご紹介します。 ———————————————- AI01:いまさら聞けない、エンジニアのための機械学習のキホン AI03:AI×導入の速さを武器に。”人工知能パーツ” Cognitive Services の使いどころ AI04:Scaling Machine Learning to Big Data Using SparkML and SparkR AI07:Revolutionizing Image Processing with Cognitive Toolkit ———————————————- その他のセッションも含めて、de:code 2017 Sessions に掲載していますので、ぜひぜひ、ご覧ください。   ————————————————————————–——–———–———- 早期割引実施中!2017年4月28日(金)まで de:code 2017 稟議書テンプレート de:code 2017 リーフレット de:code 2016 セッション情報 ————————————————————————–——–———–——— Follow us…


REGISTRATIONS LIVE: Data Platform Online – Sales Training for Microsoft Partners!

C+E University – Data Platform Online Sales Training for Microsoft Partners     You are invited to attend the upcoming Data Platform Online training courses occurring in April & May 2017. Data Platform Online is: a series of online, live, interactive sales training sessions in which participants learn about Data Platform solutions and sales scenarios,…


A wrap up from FutureSchools Conference and Expo

Last week, on the 23rd and 24th March, the Microsoft education team connected with educators, speakers and edtech innovators from all across Australia at National Future Schools. Expo and Conference. This year the event took place at the Melbourne Convention and Exhibition Centre where educators across Australia visited the Microsoft stand to get hands on…


Примите участие в локализации SQL Tools и Visual Studio Team Explorer Everywhere!

Мы уже писали пост о том, что вы можете принять участие в работе над следующим выпуском. Спасибо всем, кто откликнулся 🙂 ! Нашей стране удалось почти полностью локализовать Visual Studio Code SQL Server extension:   Но в работе сейчас до сих пор остаются SQL Tools API service: И Visual Studio Team Explorer Everywhere (TEE) Установите подключаемый…


The new Item Categories feature replaced the Product Group feature in Dynamics NAV 2017

To help companies maintain an overview of their items and to help them sort and find items, it is useful to assign item attributes to items and to organize them in item categories. When customers inquire about an item, either in correspondence or through a web shop, they can then ask or search according to attributes, such as height and model…

2

My Apps on Home.Dynamics.com

Applies To:  Dynamics 365 (online), Dynamics CRM Online   The Dynamics 365 Home page provides users a fast and easy way to access and launch their business applications from a centralized location.  Business applications that are displayed here include all the Dynamics 365 applications and PowerApps.  Each application is displayed in the form of a…


AzureCAT – Technical Customer Profiles

Over in this blog post, we mentioned why we’re named AzureCAT: CAT stands for “Customer Advisory Team.” We work with customers who act as feedback Advisors back to our product teams, by working on engagements with those customers and building ground-breaking solutions!   While we help customers architect those solutions, we learn a ton in…

4