[Power BI] ※緊急告知※ Power BI (無料版) のサービス内容が 2017 年 6 月 1 日に変更されます。

SQL Server Developer Support Team 米内 満   こんにちは。 2017 年 5 月 3 日に、弊社 Microsoft Power BI チームより、Power BI (無料版) のサービス内容が変更になる旨が、アナウンスされました。 ユーザー様のお手元には、5 月 4 日前後に下記のメールが届いていらっしゃるかと思います。     日本は、ゴールデンウィーク真っ只中ということもあり [Power BI (無料版) のサービス内容が 2017 年 6 月 1 日に変更されます。] というアナウンスに気づかれていないお客様もいらっしゃるかと思います。 この度のサービス内容の変更に伴い、Power BI 無料版をメインにご利用頂いておりますお客様には、再度ご利用方法をご検討いただくことになりますため、どのような変更になるのかなどをなるべくわかりやすくご案内したいと思います。   <Power BI (無料版) のサービス内容がどう変わるのか> これまで Power BI 無料版と Power BI Pro…


Bot Framework と Office Graph で DevOps その 3 : AuthBot で認証して Graph を実行

前回は C# でボットのユニットテストができる状態にしました。今回は Office Graph を呼ぶ個所を実装してみます。とりあえず自分の予定でも取得してましょう。 アプリ登録などもろもろ準備 AuthBot 追加 Office Graph は OAuth 2.0 をサポートしていて、ボットアプリから認証するには AuthBot というものを使うのが一番簡単です。今回のシリーズではこの AuthBot を使います。 AuthBot: https://github.com/MicrosoftDX/AuthBot 1. AuthBot NuGet パッケージをプロジェクトに追加します。Include prerelease にチェックしてください。 2. Web.config 内、appSettings 配下に以下を追加します。内容は後で埋めます。 <!– AAD Auth v1 settings –> <add key=”ActiveDirectory.Mode” value=”v1″ /> <add key=”ActiveDirectory.ResourceId” value=”https://graph.microsoft.com/” /> <add key=”ActiveDirectory.EndpointUrl” value=”https://login.microsoftonline.com” /> <add key=”ActiveDirectory.Tenant” value=”” /> <add key=”ActiveDirectory.ClientId”…


Adding release management environment templates to your VSS extension

One of the easiest way to create a Release Definition is by using a pre-created environment template. If you have ever authored a release definition, you would have seen this pop-up while adding a new environment – This lets you choose a template from system templates, or you can save your own environment as a…


Microsoft Dynamics 365 新機能: Dynamics 365 サービス管理者ロール

みなさん、こんにちは。 今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から、Dynamics 365 サービス管理者ロールをご紹介します。 Dynamics 365 サービス管理者ロールは、Dynamics 365 Online でのみ利用できます。   概要 かねてより、Dynamics 365 Online 環境のみ管理権限がほしいという意見をいただいておりました。 Dynamics 365 Online 環境の管理を行うためには、Office 365 の すべてが管理できる ”全体管理者 ” ロールを使う必要があったのです。 Dynamics 365 からご提供できるようになりました ! Office 365 は、小規模から大規模までのエンタープライズ向けのアプリケーション スウィートです。 Dynamics 365 だけでなく、Exchange や SharePoint、Skype  for Business など様々なアプリケーションが含まれます。 その管理は、各アプリケーションの管理のほか、ユーザー管理やパスワードの管理、オンラインの サービス正常性の監視や、課金管理など様々なものがあります。 新しく追加された “Dynamics 365 サービス管理者ロール” では、Dynamics 365 Online サービスに…


Error while impersonating an user in SQL Server Analysis Services

  Hi folks, recently I came across an interesting issue related to impersonation in SSAS and I thought of sharing with you. Scenario and Issue: Let’s say we are trying to impersonate a user while browsing a cube in SSAS (Fig2). You might encounter with below error(Fig1). In first occurrence, it might feel like this…


Industrial Scale Onboarding in Microsoft Azure

In my last post on Industrial Scale RBAC, I alluded to the fact that in an enterprise context you’ll likely need some special processes and tools for onboarding new projects into Azure. In this post, I’m going to break this down. As with my last post, the advice in this one isn’t likely to be…


Компания Microsoft приглашает студентов старших курсов и выпускников на «Ярмарку вакансий партнеров Microsoft»!

К участию приглашаются: магистры всех курсов, бакалавры (3-4 курсы) и выпускники 2016-2017 гг. Дата и время: 2 июня 2017 г., с 10:00 до 17:00 Место встречи: г. Москва, ул. Лесная, д. 9, корпус B, 5 этаж, Технологический центр Microsoft, ауд. Patriarshy Ponds и Vorobievy Hills. От имени компании Microsoft и наших ведущих бизнес-партнеров приглашаем вас…


Azure Government, Supporting Critical Missions with the NIST CSF

In light of Presidential Executive Order on Strengthening the Cybersecurity of Federal Networks and Critical Infrastructure, the NIST Cybersecurity Framework (CSF) is once again top of mind for our community. At Microsoft, we maintain a dedicated CSF program, integrated into the overall risk management function of our enterprise. We understand the challenges posed to our…


Office 365 Developers – Catch up on Outlook APIs in Microsoft Graph

  In Build 2017, i attended good number of sessions virutally, including this one by Venkat Ayyadevara, Program Manager, Outlook EcoSystem about Outlook API’s in Microsoft Graph. In this, you can learn about recent updates in Microsoft Graph for accessing Outlook mail, calendar, contacts and more for millions of commercial and consumer users. You can…