[Teams] Sharepoint でデバイスアクセスを設定すると Teams の Wiki/ファイル共有にアクセスできない

こんにちは Teams サポートチームの吉野です。 TeamsとSharepointは密接に関係しており、TeamsのアクティビティはSharepointに反映されます。 ところで、 Sharepoint の設定で「デバイスアクセス」というものがあります。 ここで自社のネットワークの IP アドレスを入力すると、それ以外のIPからのアクセスをはじくことができます。 ところが、この設定を行うと Teams の一部機能(Wikiとファイル共有)が利用できなくなります。 これはTeamsのサーバーからのリクエストをSharepointが拒否しているためです。 これを回避するには、Teamsサーバーのアドレスをデバイスアクセスの許可リストに追加します。 Office 365 URL 及び IP 範囲 といっても大量にあるため、すべて入力するのは大変です。 ある程度集約したアドレスリストを作りましたのでこちらをご利用いただければと思います。 13.64.0.0/10,23.96.0.0/11,40.64.0.0/10,51.140.0.0/14,52.112.0.0/14,52.128.0.0/9, 104.40.0.0/13,111.221.104.75/32,137.116.0.0/15,168.60.0.0/14,191.232.0.0/13,207.46.155.141/32 このようになります。(黄色い部分はお客様自身のアドレス範囲を設定ください) 快適なTeams/Sharepointライフを満喫ください。


Create Bot for Microsoft Graph with DevOps 15: BotBuilder features – LUIS Dialog 101

In this article, I use LUIS to process natural language, and LuisDialog to integrate LUIS into BotBuilder. Create LUIS application 1. Go to https://luis.ai and create an account or signin if you already have account. 2. Click [New App]. 3. Create O365Bot application. 4. You can create Intent and entities by yourself but let’s use…


Power BI Desktop 2017年7月の更新

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤 Power BI には Power BI Service と Power BI Desktop があり、Power BI Desktop の今回 (2017年7月) の更新では次の機能が追加・強化されました。 ※ Power BI Report Server 用の Power BI Desktop には当てはまりません。(が、こちらも 更新版 が出ております。) レポート 新しいテーブルとマトリックスの視覚化の一般提供開始 視覚化におけるフィールド名の変更 カスタム ビジュアル ストアの統合 相対的なデータのフィルター 視覚化におけるレスポンシブ レイアウト (プレビュー) ウォーターフォール 図のオプション  – ブレイクダウン カスタム ビジュアルの更新 分析とモデリング クイック メジャー…


Microsoft Azure Stack Development Kit

Last month I shared some details around Azure Stack at https://blogs.msdn.microsoft.com/uk_faculty_connection/2017/06/15/using-azure-stack-to-teach-devops-and-it-skills/  Azure Stack in teaching and Learning Follow the journey of academics and students at ROC van Amsterdam in the Netherlands learning Azure with Azure Stack https://azurestackblog.wordpress.com/ where the team recently had a skype call with Azure Stack Team as part of the General Availability…


Microsoft BizTalk Server Webinar Series - Configuring BizTalk 2016 with SQL Always On Cluster on Azure

We are planning to have next session on SQL Always on with BizTalk – this will be in 2 parts, 26th July and 2nd Aug. Here is the meeting invite ics file. https://biztalkteam.blob.core.windows.net/webinar/Configuring_BizTalk_2016_with_SQL_Always_On_Cluster_on_Azure.ics   Agenda Part A  26th July – 4 pm to 5 pm IST   Overview of  SQL always functionality Basic concepts of…


The definitive guide to the coding interview

Guest blog by Andrei Margreloiu Microsoft Student Partner at University College London About Me My name is Andrei Margeloiu and I’ve been a competitive programmer for the last five years. I’ve participated in the World Finals of Google HashCode, the largest algorithmic competition organised by Google, and before that, I won three Gold Medals in…


Préparer son environnement de développement Node.js sous Windows 10 avec VS Code et Bash

Quand on développe une application Node.js, on préfère généralement travailler avec un environnement de développement sous Linux pour pouvoir bénéficier de toute la richesse de l’écosystème Node.js sous Linux et plus particulièrement les modules natifs. Cependant, dans un environnement d’entreprise, il n’est souvent pas simple pour un développeur d’obtenir une machine sous Linux car le…


Error while executing web part: System.MissingMethodException: Method not found: 'Boolean Microsoft.Office.Server.Utilities.ParsedCamlQuery.HasMultipleLookupIdInClauses()'

Yesterday we got a very strange behavior in one of our customers’ SharePoint (SharePoint Server 2010) that after installing Service Pack 2 for SharePoint Server 2010, all the users started getting the below error, when accessing any library even on Central Administration site! Unable to display this Web Part. To troubleshoot the problem, open this Web…


Issues with Visual Studio Team Services - 07/20 - Investigating

Update: Thursday, July 20th 2017 12:00 UTC Our DevOps team continues to investigate issues with Hosted Build Service. The problem began on July 20th, 2017 9:15 UTC. Our telemetry indicates that users must have observed higher wait times and failures for their build requests. Though this number has reduced significantly, we are still continuing to…


MRPパフォーマンスを改善するチェックポイント【Part 2】

Part 1ではヘルパーの使用やパラメータ設定について、MRPパフォーマンスの最適化に貢献するコツを何点かお伝えしました。MRPの設定については、製品のタイプ(ディスクリート製造、プロセス製造、ハイブリッド製造)や、受注形態(個別注文、バルク注文)に依存しますが、さらにパフォーマンスの改善に有効なチェックポイントをご紹介します。 1. 類似のリードタイムを持つ品目は、同じ補充グループを割当てる 補充タイムフェンス、マイナス在庫日数やプラス在庫日数などの補充グループパラメーター設定は、品目のリードタイムに深く関係しています。そのため、品目に適していないリードタイムをMRPが考慮した場合、不必要な計画オーダーが作成されてしまうため、パフォーマンスおよび実行時間の最適化が望めません。従いまして、一つの補充グループに類似のリードタイムを持つ品目で構成するようご検討ください。 【リードタイムに関する詳細情報】 TechNet https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa497131.aspx 2. MRPパラメータ:動的マイナス在庫日数を使用時の注意点 マイナス在庫日数の設定は品目リードタイムに深く関連しています。マイナス在庫日数が品目のリードタイムより短い場合でも、計画オーダーが生成されます。例えば本日が5月1日、販売注文日付が5月5日、品目リードタイムが6日、発注書が5月8日とします。マイナス在庫日数が2日だと想定すると、品目のリードタイムより短いことになります。納期に間に合わないにもかかわらず、MRPは計画発注書を作成してしまう結果となりますので、ご注意ください。 3. 補充グループのマイナス在庫日数はリードタイムよりも長く設定 上記項目 2 の注意点から、品目リードタイムよりマイナス在庫日数を長く設定することで、余計な計画オーダーの生成が回避されます。 4. プラス在庫日数は必ず「日数」を指定 補充グループのプラス在庫日数がゼロまたは空欄の場合、MRPは既に確定されているオーダーを考慮しないため、新規に計画オーダーが作成されます。補充グループのプラス在庫日数を指定する場合はゼロまたは空欄とならないよう設定ください。なお、手持在庫に関しては、プラス在庫日数の設定を考慮しません。 5. 定期発注・定期製造される品目 定期発注・定期製造される品目のプラス在庫日数は、リードタイムと同じ値を指定することでパフォーマンスが改善されます。 6. MRP実行時の起動オプション 「再生成」ではなく、「差分変更」にしていただくことで、変更分のみMRPがスケジューリングされますので、実行時間の短縮が可能となる場合があります。 7. MRPで使用されるカレンダー MRPで使用するカレンダに不必要な期間割当がされていないかどうかご確認ください。本日の日付から50年間有効なカレンダを使用することは、現実的ではありません。 業務に適切な期間のカレンダを使用してください。 8. 関連するテーブルエントリの削除 MRP実行前に、前回実行された計画を削除してください。または、以下のテーブルエントリを削除後、マスタスケジューリングを実行してください。必ず検証環境にてテストを実施し、問題がないことをご確認のうえ本番稼働機にて実行してください。 ReqTrans ReqTransCov ReqPO WrkCtrCapRes