Surface 3 で Excel を使用中にマウス カーソルが画面四隅に飛ぶ場合の対処

  Excel 使用中にマウス カーソルが飛ぶ現象の修正プログラムを公開しました   こんにちは。 Surface 法人向けサポート担当の岩松です。 当社では、このたび、 Surface 3 で Excel 使用時にマウス カーソルが飛び、操作に支障が出る場合がある現象を改善する更新プログラムの提供を開始いたしました。 本記事では、その概要と適用手順をご案内します。   (更新プログラムのページ(英語)) Surface 3 experiences ghost touch in Excel   <現象の内容> Surface 3 上で Excel (バージョン 2016/2013 など) を使用中に、点線罫線を含むシートを画面上に表示していると、突然マウス カーソルが画面四隅に飛び、アプリケーションの操作に支障が出る場合があります。   <発生原因> 点線罫線の表示によるディスプレイ上のノイズにより、ペンが画面に近づいたと誤検知され、マウス カーソルが飛ぶ動きになります。   <解決策> 今般公開されたファームウェア更新プログラムを適用し、画面にノイズが生じるケースでペンの検知感度を下げることにより、誤検知を防止します。   <注意点> 本更新プログラムの適用により、ペンの使い勝手に以下のような影響があります。 現象が発生するようなノイズがある状況では、ペン入力の誤検知を防ぐために検知感度が下がり、ペンを画面に接する程度まで近づけないとペンのカーソルが表示されなくなります。 ペンのカーソルがぶれて表示されることがあります。 現象が発生していない端末にも適用可能ですが、ファームウェアの仕組み上以前のバージョンに戻すことができません。   このため、適用対象は、「現象発生により業務に影響が生じている端末」に限定することを推奨します。     更新プログラムの適用方法  …


Laboratorios dev en Microsoft Tech Summit

¡Hola! Con el Microsoft Tech Summit a la vuelta de la esquina, te presentamos los tan esperados laboratorios como ‘décimo track’ del evento. Están organizados desde las 12h15 hasta las 18h, respetando las pausas de la agenda del evento.   12h15 – 14h30: “Pokémon as a Service” Ponentes: Javi Moreno, Resident Futurist & Evangelist en…


.NET Standard 2.0 是什麼?可以吃嗎?

(本文轉貼自黑暗執行緒) 這幾天(9/26-30) Microsoft Ignite 2016(去年起由 Ignite 取代 TechEd)正在美國如火如荼召開,乍見一個新名詞-.NET Standard 2.0。我得了一種聽到新名詞就會焦慮的病,趕緊查資料壓壓驚…


IT Grundschutz Compliance Workbook for Microsoft Azure Germany

IT Grundschutz Compliance Workbook – Microsoft Azure Germany is a new workbook that was developed by Hisolutions AG, one of the most renowned consulting and auditing companies in Germany.  It supports our clients to achieve their IT Grundschutz certification with solutions and workloads deployed on Microsoft Azure Germany. It´s based on the most recent version of…


Pozvánka: Kentico Hackathon

Zúčastněte se říjnového Kentico Hackathonu! Na začátku se můžete těšit na přednášky od našich technických evangelistů, kteří vás seznámí se všemi technoligemi, se kterými se setkáte v průběhu hackathonu. Hackathon začíná 14. října od 9:00 do 15. října 18:00. Na akci je nutné se zaregistrovat zde. Pracovat budete v malých týmech Po 2–4 lidech, které…


SQL Server Integration Services ( SSIS ) の使い方

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 坂本 禎尚 今回は SQL Server Integration Services 、通称 SSIS の使い方をご紹介します。 SSIS とは SQL Server が持つ ETL ツールです。 Extract - データ ソースからの情報の抽出・取り込み Transform - 抽出したデータの変換や加工 Load - 変換や加工が完了したデータのロード ETL という言葉は以前はデータウェアハウスを構築・維持をしていくうえでの工程を表した用語でしたが、最近ではそもそもデータベースに限定することなく様々なデータ ソース間のデータ連携手段として用いられることが多くなってきています。 SSIS の前身は SQL Server 2000 まで提供されていた DTS という COM ベースのコンポーネントでしたが、SQL Server 2005 で今日の SSIS という .NET ベースのものに生まれ変わり、かつこのタイミングで DTS…


App-V 5.1 HF6 (September Rollup) ist erschienen

Hallo zusammen, Für App-V 5.1 ist nun der HF6 erschienen welcher den letzten Security Fix bereits innehält. Der Fix kann über folgenden KB geladen werden: https://support.microsoft.com/en-us/kb/3168628 Die Full Installer gibt es wie immer nach Eröffnung einer Support Anfrage bei Microsoft – welche ohne Abzug von Stunden geschlossen wird. Schönen Gruß Sebastian Gernert – Escalation Engineer…


Announcements von der Ignite

Liebe Community, wie jedes Jahr releasen wir zur Ignite ein Feuerwerk an spannenden Azure Innovationen. Jason Zander hat die sehr umfangreichen Neuerungen in seinem Blogpost zusammengefasst. https://azure.microsoft.com/de-de/blog/cloud-innovations-empowering-it-for-business-transformation/ CU all  


Issues with CodeLens – 9/27 – Resolved

Final Update: Wednesday, 28 September 2016 00:23 UTC We’ve confirmed that all systems are back to normal as of 28 September 2016 00:16 UTC. The failure was due to an incorrect CNAME configuration on the service certificate which had to be fixed to resolve the issue. We will be conducting a detailed postmortem and ensure that we have…


Resize Azure Resource Manager (ARM) VM OS & Data disk using Azure Portal

If you have an Azure VM that was created using the Azure Resource Manager (ARM) stack you can now easily resize the OS or the data disk within the Azure Portal. Of course, you can also use PowerShell but way too easy using the GUI. 1. Navigate to the Virtual Machine (VM) that you would…