ボット開発用 LINE クライアントシミュレーターで開発スピードを上げる

個人的に、開発生産性の向上はとても重要です。よって Visual Studio を使うわけですが、LINE ボット開発における生産性のボトルネックは、テストやデバッグに実機が必要であるという点です。 Windows や MacOS 用の LINE クライアント LINE アプリはモバイル版以外にもあるため、ボット開発ではそちらを使いますが、テンプレートのようなリッチな機能を試そうとすると、スマートフォンを使うように促されます。 シミュレーター ではどうするか?ということでシミュレーターを作ってみました。これでより簡単にテストが可能です。 npm: https://www.npmjs.com/package/line-simulator GitHub: https://github.com/kenakamu/LINESimulator 試すには LINE のボットアプリが必要です。もし自前のアプリがない場合は、C# でよければ前回の記事をご覧ください。ここでは前回記事で作ったボットを使って説明します。尚、シミュレーター自体は開発言語に依存しません。 LINE ボットアプリ側の準備 シミュレーターを使うためには、LINE ボットアプリ側で少し準備が必要です。 1. run.cs ファイルを開く。 2. HttpTriggerFunction コンストラクタにある、LineMessagingClient のコンストラクタにシミュレーターのアドレスを第 2 引数として渡す。 3. 統合コンソールでアプリケーションルートに移動して、dotnet build を実行。 4. .binDebugnetstandard2.0 に移動して、func host start でファンクション起動。 5. 以下の画面が出たら起動完了。 6. F5 キーを押下して dotnet.exe にアタッチしデバッグを開始。 他の言語を利用している場合も基本同じような流れですが、詳細は GitHub…


Windows 2008 R2 標準版免安裝快速升級到企業版

由標準版升到企業版可以由安裝光碟中重新安裝一次. 另一個方式是用 DISM.exe 的 Set-Edition 指令直接升級. 用 DISM /online /Get-CurrentEdition 知道現在的版本   用 DISM /online /Get-TargetEditions 查看可以升級到的版本為何.     用 DISM /online /Set-Edition:<edition ID> /ProductKey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX  升級 範例: DISM /online /Set-Edition:ServerDatacenter /productkey:ABCDE-ABCDE-ABCDE-ABCDE-ABCDE 執行完成再重新啟動電腦即完成升級. 參考資訊: https://blogs.technet.microsoft.com/server_core/2009/10/14/upgrading-windows-server-2008-r2-without-media/


Azure ファンクションと C# によるクロスプラットフォーム LINE Bot 開発

サーバーレスやボットなどのキーワードがバズってますが、台湾や韓国、日本などアジアでボットというと LINE を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 この記事では LINE ボットをマイクロソフトのサーバーレスサービスである Azure ファンクションで実装する方法を紹介します。また Azure ファンクションはクロスプラットフォームで開発できるので、Windows でも Mac でも Linux でも開発できるのが魅力です。 前提条件 好きな OS。この記事では Windows を使います。 LINE 開発者アカウント https://developers.line.me/ja/ Azure サブスクリプション。無い場合は無料体験を https://azure.microsoft.com/en-us/free/ Visual Studio Code https://code.visualstudio.com/ dotnet core ライブラリ https://www.microsoft.com/net/learn/get-started/windows Mac や Linux 用はリンクから左にあるダウンロードを選択。 Node.js https://nodejs.org/en/ Git https://git-scm.com/ IDE と一緒にインストールされることが多いですが、必要な個別で。 ngrok https://ngrok.com/ LINE のセットアップ 既に LINE ボットアプリ作ったことある場合はスキップしてください。 1. https://developers.line.me/ja/ で LINE…


Open API Testing Console

Cognitive Services 開発サポートチーム いわいだです。 2017年 12月14日現在、Cognitive Services として提供している製品には、以下のように多数ものがあります。まだ、プレビュー段階の製品が半数近くありますが、早い段階で実際に触ってみて、どんなことができるのかを体験し、ぜひアイデアを膨らませてわくわくするようなモノを作っていただきたいです。 (下図は https://docs.microsoft.com/en-us/azure/#pivot=products&panel=cognitive より抜粋) 今回は、前述の 「実際に触ってみて」 の機能についてご紹介します。Cognitive Services では、実際に細かなコーディングを行わなくとも、API をテストをできるインターフェース (Open API Testing Console) を提供しています。以下に Computer Vision サービスの場合での利用方法をご紹介します。 Computer Vision サービスの場合は https://azure.microsoft.com/ja-jp/try/cognitive-services/ から、まず無料の API キーの取得を行います。API キーの取得までの画面操作は以下のような感じです。 1.API キーの取得をクリック 2.内容を読みチェックボックスを ON にして次へ 3.ご利用のアカウントを使ってログイン 4.以下の画面が出れば API キーの取得は完了![キー1]、[キー2] の横にある16進数の文字列が取得したキーとなります。 続いて、実際に API のテストを行ってみましょう。 上の画像にある Computer Vision API の [クイックスタート ガイド >] をクリックします。すると、Computer…


Cognitive Services LUIS & Azure Bot Service 一般提供開始

自然言語の分析、判定を行うエンジン(分析モデル)作成と 分析 API を提供する Cognitive Services  Language Understanding Intelligent Service (LUIS) の GA (一般提供) が開始となりました。また、Azure 上で Chatbot を構築、公開、各種チャネルへの接続を提供する Azure Bot Service の GA 開始がアナウンスされました。 Microsoft Azure Blog > Announcing the General Availability of Azure Bot Service and Language Understanding, enabling developers to build better conversational bots Azure Team Blog > Conversational Bots Deep Dive – What’s…


Cognitive Services LUIS & Azure Bot Service GA!

Cognitive Services Language Understanding Intelligent Service (LUIS), natural language analysis model generator & analyzer API, goes GA. And also Azure Bot Service, chatbot develop & deploy service on Azure and connector to multiple communication tools, announced to go GA too. Microsoft Azure Blog > Announcing the General Availability of Azure Bot Service and Language Understanding,…


7.3 is now available

Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise edition 7.3 is now general available. This release contains massive extensibility improvements: All models are now at least soft sealed (Warning when overlayering) Extensible product and tracking dimensions. Extensible price discount calculations. An application that is precompiled to support chain of command. (No need to recompile App suite…


Visual Studio 2017 提高 C++ 核心检查

这篇博客发布于2017年11月15日, 作者: Sergiy OryeKhov 对于本机代码静态分析工具,我们已经在Visual Studio 2017 15.5 预览版 4上进行了C++ 核心准则检查 扩展。自从15.3 以来大部分工作都集中在新的规则,这将帮助开发者开始编写安全的C++新项目,而那些使用旧版开发的项目可以被移去更安全的现代C++。对于刚开始使用核心准则的人,我们建议您去查看工作草案的最新版本:“C++ 核心准则检查”。 这篇文章是关于在VS2017 15.5 上改变的概述。有关当前发布版的更多信息,请参阅docs.microsoft.com 上受支持的规则集列表。          注意docs.microsoft.com上的一些链接还尚未解决。不是所有的官方的文档都是为这个话题编写的。 新的规则集          在之前的发布版本中我们引入几个新的规则集以允许客户可以缩减代码分析结果。对15.5 这个规则的实施扩展了一些已经存在的规则集(原始指针,所有者指针,唯一指针,类型),也引入了一些新的类目: 类规则:本节包含了一些主要关注使用特殊方法和虚拟规范的规则。这是一个为类和类层次检查建议的一个子集。 并行规则:这当前包含一个单一的规则,可以捕获严重的声明守卫对象。更多的信息请参照 C++ 核心准则中相关的并行规则。 声明规则:这是一组来自接口准则的规则,这关注的是如何声明一个全局的变量。 函数规则:这两个检查有助于采用noexpect 说明符。这是清晰的功能设计和执行准则的一部分。 共享指针规则:作为资源管理准则执行的一部分,我们添加了一些特定的用于如何将共享指针传递到函数或者本地使用的规则。 风格规则:在这次发布中我们有一个简单但是很重要的检查就是禁止使用goto。这是在C++中提高代码风格和表达式与语句使用的第一步。尽管这是被期待的在C++ 核心准则下的goto语句,正确使用这个结构是罕见的,他值得去审查。 每一套新规则 类规则 C26432 DEFINE_OR_DELETE_SPECIAL_OPS 特殊的操作(例如:析构函数和拷贝构造函数)意味着特殊的行为,并且应该全套的定义这种行为。 C26436 NEED_VIRTUAL_DTOR 虚拟方法有一种多态的行为,这需要对对行清理进行更细致的管理。 C26434 DONT_HIDE_METHODS通过名称隐藏方法就像隐藏变量一样。名称不应该出现歧义。 并行规则 C26441 NO_UNNAMED_GUARDS保护对像是分配给具有适当范围的局部变量,并且永远不会作为临时变量离开。这个规则主要针对一些常见的滥用案例在 CPPCon 2017: 路易斯·布兰迪“好奇地重复C++的错误在feedbook”。 声明规则 C26426 NO_GLOBAL_INIT_CALLS从初始化程序中调用一个全局的变量,可能会导致一个不被期待的结果,由于初始化的顺序不确定。 C26427 NO_GLOBAL_INIT_EXTERNS…


Surface Pro 4 / Surface Studio 向け最新ファームウェア・ドライバーの公開について (2017/12/7)

TPM 脆弱性の修正を含む最新ファームウェア・ドライバーを公開しました   こんにちは。 Surface 法人向けサポート担当です。 弊社では、米国時間 12/7 付 で Surface Pro 4 および Surface Studio の最新版ファームウェア・ドライバーを公開しております。(対象は、 Windows 10 ver 1607 以降となります。) 今回の更新では、以下の点が修正されています。 システムの信頼性向上 コネクト スタンバイから復帰した際の動作の改善 スリープから復帰した際のマルチタッチおよびペンの接続性の改善 Microsoft security advisory 170012 を含む潜在的なセキュリティ脆弱性の解消 詳細は以下のページにて公開しております。   Updates for Surface Pro 4 and Surface Studio (07 December 2017)   Surface の動作に何らかの問題が発生している場合は、まず、ファームウェア・ドライバーを最新版に更新を実施いただき、改善するかをご確認ください。   最新版ファームウェア・ドライバーの適用方法 本更新プログラムは、弊社ダウンロード センターからファームウェア・ドライバー パッケージ形式のみでの提供となっております。 パッケージは、弊社ダウンロード センターの以下のページからダウンロードできます。 (なお、適用の際は、電源に接続し、バッテリ残量が…


How To: Move your Azure Data Warehouse to a new region and/or subscription

This post applies to Azure SQL Data Warehouse The functionality currently does not exist to move your Azure SQL Data Warehouse instance to a subscription other than the one it was created under.  What you can do is move the server that contains the instance to another subscription or resource group.  Moving a server will…