IT Pro 向けの無償の素敵なプラン Cloud Essentials

もしかしたら、私が知らなかっただけなのかもしれない内容です。 これまで、開発者向けには Visual Studio Dev Essentials というプログラムがあってその特典として毎月25ドル分の Azure が無料で使えたり、Azure App Service が無料で使えたりいろいろな特典があって少しうらやましいなと思っていました。 でも、これからご紹介する ITPro Cloud Essentials はもっと素敵な内容です。   Azure Pass $100 (有効期間3か月) 言わずと知れた、Azure を無料で使える素敵なパスです。(ただし、新規登録に限る。)クレジットカード番号の登録が不要なため、ご利用をはじめるのに際してのハードルが低くなっているのが特徴です。   Enterprise Mobility + Security 3か月試用版 ID 管理とか、MDM とか、興味ある人はたくさんいる Intune を包含している製品、それが Enterprise Mobility + Security です。   Office 365 Enterprise E3 60日試用版 Office 365 のマルチプラットフォームを試してもらうのにちょうどいいプランのE3 の試用版もついてきます。 https://products.office.com/ja-jp/business/office-365-enterprise-e3-business-software   そのほか、MCP の25% OFF…


SQL 関連のツールの翻訳に参加しませんか?

はじめに こんにちは。どこから書きはじめたほうがわかりやすいのかすごく悩んだのですが。弊社も Microsoft Translator としていくつかソリューションを提供しています。例えば、一般の方も自由にご利用いただける Web やモバイルアプリで提供しているもの、Cognitive services のひとつとして、アプリケーションやサービスの一部として実装可能な形で提供しているものが代表として挙げられますが、機械翻訳した結果をそのままアプリケーションの実装としてよいかどうかについてはそれぞれのサービスの契約を理解して使用する必要があります。 Windows  Subsystem for Linux でも使用している Ubuntu の翻訳について機械翻訳の内容を自分の著作物としてそのままコミットするという行為が問題視されており、翻訳という行為について少し注目するきっかけとなりました。 現在募集中の翻訳プロジェクト 弊社がハンドリングしている OSS の中でも 翻訳者やレビュアーとして参加可能なものに下記2つを見つけることができました。(rioriost さん、いろいろと情報を参考にさせていただきありがとうございました。) SQL Tools API service (https://github.com/Microsoft/sqltoolsservice) Visual Studio Code SQL Server extension (https://github.com/Microsoft/vscode-mssql)  Visual Studio Code 用の SQL Server extension の翻訳プロジェクトです。いずれのプロジェクトも SQL Server に関する前提知識があるほうが自然な内容になると思います。   下記のサイトで、現在2種類のプロジェクトを実施中です。 https://www.transifex.com/microsoft-oss/ GitHub 等の既存のアカウントでログインすることや、新規にアカウントを作成することが可能になっています。 GitHub の場合上記のような連携画面が表示されます。ログイン後にプロジェクトとして上記2つを選び、あとは翻訳者として承認してもらうのを待つのみとなります。 もし本業に少し余裕があって、この先弊社の製品のまわりを支えている OSS に対して何か貢献したいという思いが少しでもある方はぜひご参加いただき、技術的なご支援をお願いいたします。…


vswhere Available

After feedback on the VSSetup PowerShell module to query Visual Studio 2017 and related products, I’m pleased to say that a native, single-file executable is available on GitHub: vswhere. The VSSetup PowerShell module is also available on GitHub and provides a number of benefits for PowerShell scripts, but build tools and CMake and deployment scripts…


MSTest V2 – Now and Ahead

MSTest V2 has crossed 100K downloads. It has been but just a few months since we shipped it on NuGet. Over this course of time, you have reported issues and given us feedback, and we have tried to address them as fast as we can, refreshing the bits at a feverish pace. We are now…


Application Insights – Advisory 02/24

Starting from 2/24/2017 4:00 AM UTC customers who are sending data at a rate faster than 8K eps will experience throttling during data ingestion. This is due to some optimizations that we are making to some of our pipeline services. We do not expect normal data ingestion use cases to be affected by this temporary…


Developing and Deploying a Service Fabric Voting App to Azure

While preparing for a partner meeting on Service Fabric, I went through two labs, Part I by the Service Fabric team and Part II by my colleague Max Knor, and created a working Voting app on Windows. If you are interested to learn how to develop a Service Fabric app, I highly recommend that you…


A shift from SRx back to blogging all things SP Search…

Over the last year, I’ve been putting far more focus into the Search Health Reports (SRx) and incorporating my lessons learned into this PowerShell tool-kit to empower anyone using it. As such, my time for blogging has suffered and let this site get a bit stale. That is soon going to change now that the SRx is…


How to delegate the Power BI Administrator Role via to the Office Administrator Portal

In October we added the ability to make it easier to administer Power BI with the Power BI Service Administrator Role. https://powerbi.microsoft.com/en-us/blog/making-it-easier-to-administer-power-bi/  The documentation showed how to add this via PowerShell; today i was  asked for a pictorial walk through of adding a User to the Power BI Role via Office Administrator Portal which can…


Issue with Update tile in Microsoft Dynamics 365 for Operations platform update 4 release on LCS

We recently announced the availability of Platform update 4 through Lifecycle Services. Since the release, we have discovered issues with the Servicing workflow for the Platform update 4 environment. The Updates tile, in the Environment details view, should only show updates that are applicable to your environment. However, for customers who have deployed a Platform…