Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 1

みなさん、こんにちは。 Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能から、 プロセスの統合と拡張された機能をご紹介します。 バージョンとしては、8.2.x  で利用可能です。バージョン アップデートについて詳しくは、 前回のブログをご参照ください。   概要 Dynamics 365 では、業務ルール、業務プロセス フロー、モバイル タスク フローをカスタマイズ する際のデザイン画面が一つになり、同じ画面で作業できるようになりました。 業務プロセス フローは、独立したエンティティとして扱われ、セキュリティロールで読み書きなどの 細かな権限の制御までできるようになっています。 さらに、ワークフローから、業務プロセスの情報を取得してそれに対する条件やアクションを指定する などの複雑な作業を自動化したり、一つのレコードに複数の業務プロセス フローを平行に使う シナリオもサポートされるようになっています。   シナリオ 以下のシナリオで、プロセス機能を確認してみます。 案件の引き合いがあったら、取引先企業を特定し、支払い情報を確認 対象企業が “クレジットの留保” になっていた場合は、 特定の支払い条件が指定され、Finance チームによって確認されることになっています 営業案件を作成し、提案を作成 プロセス開始から一定時間以上経過した場合は、レビューが必要 マネージャーに実施を促すメッセージを送信 既定のソリューションとサンプル データまたは新規作成するレコードのみで試しているため、 実際のビジネス プロセスにはそぐわないところもありますが、ご容赦ください。 では早速、営業担当者として作業を開始してみましょう。   ビジネス推奨事項 該当の取引先企業レコードを開き、業務プロセス フローを確認します。 プロセスのステージで、”クレジットの留保” には、情報アイコンが表示されています。 同フィールドにも同じアイコンが表示され、クリックするとガイドが表示されています。…


Guest Post Steven Worrall: It’s a Family Affair – but not quite like you know it

The Microsoft Worldwide Partner conference is one of my favourite events of the year – the single opportunity for Microsoft partners and colleagues to come together as a team, to celebrate the year that was and set the course for the year ahead. Some might think it trite to describe us like family, but there…


Microsoft Dynamics 365 新機能: ラーニングパスのカスタマイズ: その 1

みなさん、こんにちは。 今回は、Dynamics 365 新機能からラーニングパスの作成について紹介します。本機能は、Dynamics 365 オンラインでのみ提供されています。 概要 ラーニング パス は、ページを開く、アクションを実行する、またはヘルプ ボタンをクリックするときに、ユーザーが Dynamics 365 で表示するカスタマイズ可能なヘルプを追加することができます。ラーニング パスは、前バージョンより提供されておりましたが、本バージョンよりカスタマイズできるようになりました。前バージョンの記事は以下を参照ください。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: アプリ ガイダンスにより評価しやすくなりました!https://blogs.msdn.microsoft.com/crmjapan/2016/06/29/dynamics-crm-online-2016-update-1-app-guidance-1/ 前提条件 – ラーニングパスとカスタマイズ可能なヘルプの併用はできません– Dynamics 365 オンラインでのみ提供されています– システム カスタマイザー、またはシステム管理者ロール、または ラーニング パス の作成特権を持つ別のロールが必要です。– Office 365ラーニング パス 作成者のセキュリティ グループのメンバーである必要があります。 早速、ラーニングパスの作成を有効にしてみましょう。 ラーニングパス作成の有効化 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [設定] > [管理] > [システムの設定] をクリックします。 3….


Computer Science and STEM critically important to Australian students future success

Post by Dan Bowen, Microsoft Australia Academic Programmes Manager (STEM Education Lead) / Minecraft: Education Edition PMM. Dan will be at FutureSchools 22-24 March running a workshop on Minecraft: Education Edition and beyond – Building skills for the future. Computer Science and STEM are critically important to the success of the future of Australia and…


Visual Studio Code と Python で Azure Data Services にアクセスしてみよう (Azure SQL Database 、 Azure Machine Leaning 編 )

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 清水 みなさん、こんにちは。昨年末の記事では、 Visual Studio 2015 で Python 環境を構成し、 SQL Server 、 Azure SQL Database にアクセスする際の手順やポイントをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか? 今回は、 Visual Studio Code で Python 環境を構成し、 Azure SQL Database 、 Azure Machine Learning へアクセスする際の手順、ポイントをお伝えします。


Hackathon: Internet of Things

Hallo zusammen, das Microsoft Student Partner Programm lädt wieder zum Hackathon ein. Sichert euch einen der 20 begehrten Plätze des diesjährigen IoT-Hackathon im Cisco OpenBerlin, dass wir dank der großartigen Kooperation mit der Cisco Networking Academy für diese Verstanstaltung bekommen konnten. Auf Euch warten Raspberry Pi’s mit diversen Sensoren, 7″ – Touchscreens und Azure Passes…


[SQL Server] Autogrowth

Quando o arquivo de um banco SQL Server atinge o limite do seu tamanho, o recurso autogrowth (auto-crescimento) pode aumentar o tamanho do arquivo automaticamente, isso evita que operações DML e DDL falhem por falta de espaço no arquivo; logo, é uma boa prática manter o autogrowth habilitado. Quando um arquivo chega ao limite do tamanho…


Notes from the ASP.NET Community Standup –February 21, 2017

This is the next in a series of blog posts that will cover the topics discussed in the ASP.NET Community Standup. The community standup is a short video-based discussion with some of the leaders of the ASP.NET development teams covering the accomplishments of the team on the new ASP.NET Core framework over the previous week….


Interview with an Azure Development Ninja – Andreas Helland

Welcome to another Azure Development Community Interview! You can find all our interviews here. This interview is with… Andreas Helland 325 Forum Answers 1,301 Forum Replies Long-time contributor to Azure Advisors, directly impacting the Azure services I’ve known Andreas for quite awhile, as we’ve worked together in Azure Advisors, getting feedback for our product teams….


Create a secure Url to a file

In the very last paragraph of this post, I talk about specifying a certificate pfx file as a Url for http://aka.ms/navdemodeploy: The Url needs to start with http:// or https:// and today (while writing this post) this is the only parameter that you need to specify as a secure Url, but I am planning to create more…