[SfBO] 役職、部署、顔写真を削除しても反映されない

こんにちは、Japan Skype/Lync Support チームです。 Skype for Business Online (AD同期環境、ハイブリッド環境等)で役職や部署、顔写真を変更すると、時間がかかる場合はありますが反映されます。 ところが、役職、部署、顔写真を「削除」した場合、反映されず前の情報が残ったままとなります。 これは現時点での制限事項となります。 Skype for Business Online では各属性について定期的に更新情報を受け取り反映させています。(すべての情報ではなく「更新」を反映させています) しかしながら「削除」については変更があったことを認識できないため、そのままの状態となります。 本現象については問題であると認識しておりますが、修正時の影響範囲などを考慮して現在までのところ修正されておりません。 大変お手数ですが別の値を入れていただくか空白・白い画像等をインプットしていただきご対応いただければと存じます。  


Know your Azure Subscription Quota and Usage

There are two ways by which you can face the Azure Subscription limit, Wait till you script fails provision the resources Check regularly on important services and their limit. Obviously the second option is the desired one and PowerShell do give few easy to run commandlets Few things you need, Login to Azure using PowerShell…


ClickOnce アプリケーションのインストールや更新の後に発生する場合があるアプリケーション起動時のエラーについて

こんにちは、Visual Studio サポート チームです。 今回は、ClickOnce アプリケーションのインストールや更新後に発生する場合がある、アプリケーション起動時のエラーとその対処方法についてご案内します。 当ブログの下記の記事でも ClickOnce アプリケーションの起動時のエラーについて取り扱っていますが、今回は、この他によくお問い合わせをいただく既知の問題についてご案内しています。 ClickOnce 起動時のエラーについて https://blogs.msdn.microsoft.com/jpvsblog/2011/08/05/clickonce/   現象 ClickOnce アプリケーションをインストールした場合や更新した場合に、以下のようなエラー ダイアログが表示され、アプリケーションの起動に失敗する場合があります。 “詳細” ボタンを押下すると、エラーの状況に応じて以下のようなエラーの詳細が記録されている場合があります。 ※ 当記事の原因に該当する場合、多くのケースではスタック トレース上に ComponentStore.ActivateApplication が現れますが、スタック トレースの内容など詳細は .NET Framework のバージョンにより異なる可能性がございます。また、代表的なエラー メッセージを挙げており、すべてのパターンを網羅するものではございませんので予めご了承ください。 必要なレジストリ キーが見つからなかった場合 この操作中に次のエラーが検出されました。 * [2018/02/19 14:35:33] System.ArgumentException – 値が有効な範囲にありません。 – ソース:System.Deployment – スタック トレース: 場所 System.Deployment.Application.NativeMethods.CorLaunchApplication 場所 System.Deployment.Application.ComponentStore.ActivateApplication 場所 System.Deployment.Application.SubscriptionStore.ActivateApplication 場所 System.Deployment.Application.ApplicationActivator.Activate 場所 System.Deployment.Application.ApplicationActivator.PerformDeploymentActivation 場所 System.Deployment.Application.ApplicationActivator.ActivateDeploymentWorker…


Setting up Azure for your Enterprise

Did you hear about “Secure DevOps Kit for Azure”? This is all you need to set up Azure for your enterprise with control and compliance. It is a collection of tools, extensions, automations etc. It has six major areas, Secure the subscription Enable secure development Integrate security in CI/CD Continuous Assurance Alerting and Monitoring Cloud…


Governance v Azure: jak se kupuje, organizuje a dělají subskripce

Jste enterprise firma a myslíte to s cloudem vážně? Pak určitě budete chtít dobře řídit governance – kdo co smí, co komu patří, jaké politiky se mají vynutit, jak si rozdělit práci, jak řídit náklady. V tomto seriálu se na to zaměříme. Pokud Azure zkoušíte a platíte kreditkou, máte asi jen jednu subskripci. Jakmile ale…


Mission Hack- Cognitive Services, Bots, IOT and gaming fun

Guest blog by team Mission Hack from Cambridge Hack by Johannes Goslar Microsoft Student Partner at Oxford University So the idea In the beginning, we had a motivated team of 4 randomly mixed together people, set out on a mission to not cure cancer, but visually identify different skin conditions, we built a hardware prototype…


Experiencing Data Access Issue in Azure and OMS portal for workspace data – 02/20 – Investigating

Update: Tuesday, 20 February 2018 05:31 UTCWe continue to investigate issues within Azure Log Analytics service. We have identified an issue with latest monitoring agent upgrade which is causing our system to not process the data as expected. Some customers continue to experience issues while accessing workspace data in Azure portal as well as in OMS…


Sharepoint 2016 : Enforcing Retention policy on OneDrive Documents.

You may be familiar with the Information Management Policies that can be used to configure the retention policy on documents, eg: Introduction to information management policies and Create and apply information management policies . However have you ever wondered who the document retention policies can be applied for the documents within the users’s Mysites ? Sharepoint 2016…


Azure で Go アプリを構築: Azure SDK for Go の一般提供を開始

執筆者: Josh Gavant (Senior Program Manager, Azure Developer Experience) このポストは、2018 年 2 月 12 日に投稿された Build Go apps for Azure with the Go SDK, now generally available の翻訳です。   このたび、Go での Azure 用アプリの構築を支援する Azure SDK for Go (英語) の一般提供を開始しました。この SDK では、Cosmos DB や Azure Storage のデータ ソースへの接続、プログラムによる Azure リソースのデプロイ、ユーザー認証といったさまざまな機能がサポートされます。また、Azure Go デベロッパー センター (英語) からドキュメントの参照も可能になりました。 マイクロソフトは今回の発表によって、オープンなクラウド構築の取り組みを再び強化し、Go…