How to Get to the Keys/Secrets From Azure Active Directory

Introduction This article has been written to help find where the keys/secrets are in the Azure portal depending on how you have set up your application. It will also provide some help in regards to extending/changing the Client Secret for an Enterprise Application in a Multi-Tenanted Scenario.     Custom AAD Registration Keys/Secrets In order…


Certificate Transparency

Certificate Transparency (CT) is a new Internet standard that addresses the concern of mis-issued certificates and certificate repudiation by making the Transport Layer Security (TLS) ecosystem publicly auditable. Without CT, as a domain owner, there was no way to be aware of certificates issued to your domain by the various public CAs, unless you yourself…


Azure Load Balancing Solutions: A guide to help you choose the correct option

In this post, Sr. App Dev Manager Fidelis Ekezue explain Azure Load Balancing options and highlight considerations for choosing a solution. Azure Load Balancing Solutions: When to choose which one? Microsoft Azure provides customers with many ways to load balance traffic requests to their environments. Customers have the options to choose Traffic Manager, Azure Load…


Still the OneNote we love, just a better version

The OneNote Team at Microsoft, last week announced a more streamline experience for OneNote Windows users with one combined version of OneNote which encompasses all of the great features from both the Windows 10 app and OneNote 2016 Desktop version. This latest announcement comes as another example of how the Microsoft OneNote team is dedicated…


Update on the Service Fabric 6.2 Release Roll-out

Last week we announced the release of Service Fabric 6.2 and started cluster upgrades in Azure together with making SDKs and standalone available for download. During the upgrade roll-out, a bug caused clusters health monitoring to trigger an automatic rollback of the upgrade; resulting in zero downtime for our users. This has caused the roll-out…


クラウド側から IoT Edge 上のモジュールの状態を監視する方法

クラウド側から IoT Edge 上のモジュールの状態を監視する方法をご案内します。 ただし、Azure IoT Edge は現在プレビューであるため、一般公開時には変更となる可能性がございます点にご留意ください。   1. Azure ポータルから状態を確認 ======================= 以下の手順でAzure ポータルよりご確認いただくことができます。   (1)         Azure ポータルのIoT Hub の左側のペインから [IoT Edge (preview)] をクリックし、右側のペインで IoT Edge デバイスの デバイス ID をクリックします。     (2)         [デバイスの詳細] 画面の下部の Deployed Modules タブで$edgeAgent と$edgeHub などの各モジュールのRUNTIME STATUS がrunning となっていることが確認できます。     2. プログラムから確認する手順 ======================= プログラムから監視する場合は、HTTP REST API を利用することでモジュール ツインから状態を取得可能です。  …


How to use Azure Monitor for Azure Government

In this episode of the Azure Government videos series, we explore Azure Monitor on Azure Government. What is Azure Monitor? What are its main features and capabilities? What sources are relevant? We answers all these questions and more in this demo-heavy session focused on giving you everything you need to know to get started quickly…


[Power BI Visual Tips] カスタム ビジュアルを使ってみよう

Microsoft Japan Business Intelligence Tech Sales Team 伊藤   Power BI には様々な視覚化パーツが標準で用意されていますが、より豊かな表現を実現するために、標準にはない独自のパーツ(カスタム ビジュアル) を作成し、レポートに取り込んで利用することもできます。カスタム ビジュアルは TypeScript をベースに開発しますが、Microsoft を含め多くのパートナー企業様などが作成されたカスタム ビジュアルが数多く公開されており、一から開発を行わなくてもかなりの表現力を即座に手に入れることができます。今回はその利用方法とイチオシのカスタム ビジュアルを紹介します。 カスタム ビジュアルはこちらの Microsoft AppSource ページ からダウンロードするか、Power BI Desktop や Power BI サービスから直接 Marketplace に接続してインポートすることで利用できます。レポートに取り込んでからは標準の視覚化と同様に利用できますが、一部のビジュアルについては専用の設定画面が提供されています。 数ある カスタム ビジュアルの中から、個人的に便利だな、使えるなと思ったものを3つ紹介します。 Gantt https://appsource.microsoft.com/en-us/product/power-bi-visuals/WA104380765 タスクの開始日時と期間でガントチャートを表示します。プロジェクトの進行状況などの可視化に適しています。 Timeline Slicer https://appsource.microsoft.com/en-us/product/power-bi-visuals/WA104380786 年、四半期、月、週、日の中から任意のレベルを選択して日付範囲の指定ができます。年度の開始日や週の開始曜日を指定できるのが便利です。下図の赤枠で囲った部分が Timeline Slicer です。 Infographic Designer https://appsource.microsoft.com/en-us/product/power-bi-visuals/WA104380898 任意の図を使って棒グラフを表現したり (人数を人のアイコンで表す。商品の売上をその商品のイメージ図で表す)、グラフを分割して並べて表示したりできます。 認定済みのカスタム ビジュアル カスタム…


Azure App service: Using Custom domain with Azure Traffic Manager

Azure Traffic Manager provides a default hostname on Traffic manager creation. It is of the Format <TrafficManagerName>.trafficmanager.net. When we browse this URL, the Domain Name Server (DNS) resolves the Traffic Manager and it further redirects the requests to the most appropriate Endpoint. If you decide to provide an alias (Custom URL) to the Azure Traffic…