Affordability of devices

Mark Anderson is a former teacher and school leader and now award-winning author, blogger, speaker, thought-leader and trainer around all things to do with teaching, learning and effective use of technology in the classroom. Mark firmly believes that education is a force for good and under his moniker of the ICT Evangelist he strives to…


Build hybrid cloud analytics solutions with ADLA Task in SSIS

Today, we are pleased to announce new support for the Azure Data Lake Analytics Task (ADLA Task) in the Azure Feature Pack for Integration Services (SSIS). The ADLA Task enables you to easily extend your existing SSIS workflows with big data compute capability in the cloud powered by ADLA. More and more customers are storing…


Device Provisioning Service のグループ登録で使用する証明書について

こんにちは。Azure IoT 開発サポートチームの中神です。 Device Provisioning Service では X.509 証明書を使ったデバイスの認証ならびにプロビジョニング (デバイスの登録) をサポートします。その方法としては以下の 2 種類があります。 [1] デバイスの自己署名証明書を使った個別登録 (Individual Enrollment) [2] ルート認証局 (Root CA) や中間認証局 (Intermediate CA) で署名された証明書を使うグループ登録 (Group Enrollment) 今回は [2] のグループ登録で使用する証明書とその注意点についてご紹介します。 X.509 証明書を使ったデバイス登録では、SSL / TLS での接続時にデバイスがクライアント証明書を Device Provisioning Service に対して提示します。Device Provisioning Service は提示された証明書を検証して、デバイス登録の可否および対象となる登録エントリを判断します。そして該当する登録エントリで指定された接続情報をデバイスに対して返すことにより、デバイスは IoT Hub に接続することが可能になります。 ここでグループ登録に使用される証明書は一般に以下のような証明書チェーンを構成しています。左端が Root CA の発行する自己署名証明書、右端がデバイス個別のクライアント証明書です。 また Device Provisioning Service における検証済みの証明書とは、Device Provisioning…


非管理テナントのアカウントで Custom Vision Service のポータルにサインインできない場合の対処方法

こんにちは、Cognitive Services サポート チームの江連です。 今回は、Cognitive Services の Custom Vision を利用するために https://customvision.ai/ にサインインしようとすると、アカウントの種類によってはサインインできない現象についてご案内します。   現象 以下の手順でサインインできない現象が発生します。 https://customvision.ai/ にアクセスして [Sign in] を選択する。 アカウントのメールアドレス、およびパスワードを入力する。 サインインの画面遷移が行われるが、以下の画面が表示される。       原因 弊社ブログ (https://blogs.msdn.microsoft.com/jpcognitiveblog/2018/03/14/cannot-sign-in-luis-portal/) でも紹介しているとおり、Cognitive Services のポータル サイトでは、認証のため、Azure AD の v2.0 エンドポイントを利用しており、下記 3 種類のアカウントのサインインをサポートしています。   AAD テナントに登録されているメールアドレス @[AAD テナント名].onmicrosoft.com やカスタムドメイン名 (例. consoto.com) を追加した場合の …@consoto.com など Windows Live のメールアドレス @outlook.com, …@live.com, …@hotmail.com…


workaround for SQLNexus fail to import SQL 2016 trc file(SQLNexus ReadTrace匯入sql 2016 trc失敗)

workaround for SQLNexus fail to import SQL 2016 trc file(SQLNexus ReadTrace匯入sql 2016 trc失敗) Problem: Readtrace (SQL Profiler TRC Files) Import failed. Analysis: from ReadTrace.log 07/23/18 00:32:50.485 [0X00001364] The major version number (13) in the trace file header is not a supported file version. 07/23/18 00:32:50.485 [0X00001364] ERROR: Read of file header for file C:Temp20180712110000SQLSERVER-1_SQLDIAG__sp_trace.trc failed…


Visual Studio Dev Essentials

Dev Essentials es una colección de herramientas y servicios gratuitos para desarrolladores que lleva ya algunos años disponible; los elementos incluidos han cambiado con el tiempo y muchos de los servicios no necesariamente requieren uno se suscriba al programa. Aún así, la suscripción es una forma conveniente de acceder a todos los beneficios. Los beneficios…


Running Gadgetron in Kubernetes in Azure

In my not so distant past, I started an Open Source project called the Gadgetron. There is a scientific publication that lays out the motivation and use cases. It is a medical image reconstruction engine, which has been used primarily for processing of Magnetic Resonance Imaging (MRI) raw data. Specifically, it is used to transform…


Who will be announced as the next Small Basic Guru? Read more about July 2018 competition!!

What is the TechNet Guru Competition? Each month the TechNet Wiki council organizes a contest of the best articles posted that month. This is your chance to be announced as MICROSOFT TECHNOLOGY GURU OF THE MONTH! One winner in each category will be selected each month for glory and adoration by the MSDN/TechNet Ninjas and community as…


Azure Firewall, a step towards a “managed” VNA?

Hi, Microsoft recently made Azure Firewall available in public preview. This Firewall as a Service offers a new way to protect and control network traffic via both network and application rules. At the time of writing, Azure Firewall is used to control outbound traffic only. Network rules are similar to what you can do with NSG…


8/2 Webinar: See how PowerApps and PowerBI can provide school teachers the apps with reports they need by Daniel Christian

Join Charles Sterling and Daniel Christian as Daniel covers how PowerApps and PowerBI can provide school teachers the apps with reports. Session Abstract: Education should be the #1 priority and school teachers should be provided all the tools they need. PowerApps, Flow and Power BI can be part of those tools. In this webinar Daniel…