[Sample Of May. 25] How to Create Master-Detail ListBox in a universal Windows app

May. 25 Sample : https://code.msdn.microsoft.com/How-to-create-detail-b87a60fa This sample demonstrates how to create master-detail ListBox in a universal Windows app. You can find more code samples that demonstrate the most typical programming scenarios by using Microsoft All-In-One Code Framework Sample Browser or Sample Browser Visual Studio extension. They give you the flexibility to search samples, download samples on demand,…


SQL Server Integration Services ( SSIS ) Scale Out

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 中川 SQL Server の ETL ツールとして提供してきました SQL Server Integration Services (以降 SSIS と称す) ですが、SQL Server 2017 にて Scale Out という機能拡張が行われました。今回はその Scale Out という機能についてご紹介します。


Create Secondary Tiles from your Desktop Application

Starting from the Insider Preview Build 16199 you can create SecondaryTiles directly from your desktop application by leveraging the Desktop Bridge. A secondary tile provides a consistent, efficient way for users to directly access specific areas within a packaged app from the Start screen. Although a user chooses whether or not to “pin” a secondary…


拝啓『変わらない開発現場』を嘆く皆様へ ~変わっていくエンタープライズ系業務システム開発とマイクロソフトエンタープライズサービスの取り組み~

 昨年、今年と 2 回に渡って de:code にてエンプラ系 SIer さんの PL, PM, SE を対象としたセッションを担当しました。エンプラ系 SIer の『闇』はかなり深いものがあり、現場担当の方々はそれを改善すべく日々奮闘されていると思うのですが、その一方で、全体論としての捉え方が正しくないが故に、アプローチが誤っていたり掛け声だけで終わってしまっているケースも少なくありません。例えばエンプラ系開発現場でも最近はトップダウンで DevOps に取り組め、なんていう指示が出たりすることもあるのですが、実際にそれがうまくいっているお客様をほとんど見かけないのも事実です。  こうした背景があり、de:code 2017 ではセッションを担当すると同時に、参加者全員に配布するマーケティングのリーフレットを使って、筆者赤間の所属するマイクロソフト エンタープライズサービス(有償サービス部門)での最近のコンサルティングの取り組みをいくつかご紹介するという試みをしてみました。マーケティング部門の費用を使っている関係で、弊社サービス部門の営業色が入った内容にはなってしまっているのですが、その一方で、この情報は(特にエンプラ系 SIer のマネジメント層の方々にとって)組織やチームをどういった方向に導いていけばよいのかの指針になる、とも考えています。実際、いくつかのお客様でこの取り組みを私からご紹介したのですが、自組織の今後の方向性を整理する上で非常に参考になった、という F/B が多かったです。  個々の皆様の事情はそれぞれ違えど、多少でも参考になる部分があればと思い、blog 化してこちらのサイトにも掲載することにしました(基本的な骨子はリーフレットと同じですが、ページ数の関係で書ききれなかったことを加筆修正しています)。よろしければぜひご覧いただければ幸いです。 ■ エンプラ系 業務システム開発を俯瞰する  クラウドに代表される昨今の技術革新は、業務システム開発の在り方に大きな影響を与えてきました。インフラ、アプリ、運用などの領域に分けてみると、以下のような変化が起きています。  これらの中でも特に重要なのが、「アプリ特性に応じた開発のやり方をする」という考え方です。様々な分類方法が提唱されているのですが、ここではシンプルでわかりやすい、SoE(System of Engagement / お客様との絆を強めるためのシステム)、SoR (System of Record / 事実を記録していくためのシステム)という分類を取り上げてみます。SoE 型システムとは「コンシューマ向け、フロントエンド、オープン、B2C」といった特性を持つシステムで、代表例としてはコンシューマ向け Web サイトやゲームアプリ。一方、SoR 型システムとは「エンタープライズ系、バックエンド、基幹系、B2B/B2E」といった作成を持つシステムで、代表例としては金融系勘定システムのようなものが挙げられます。  並べてみると明らかなように、これらはシステム開発としての基本的な特性が大きく異なります。例えば SoE 型システムはページ数や業務数は少なめですが、かわりに極めて先進的な技術が投入されます。一方、SoR 型システムは、一つ一つのロジックはさほど難しくないものの膨大な数の業務が存在し、品質の安定性重視のために枯れた技術が好まれる傾向にあります。  また、開発特性が異なれば、求められる開発文化も当然異なります。例えば SoE 型システムでは「素早くリリースして素早く軌道修正していく」という Try & Error の文化が重視されますし、SoR 型システムでは「大規模システムを早く・安く・上手く作るためにいかにプロジェクトやメンバーを制御するのか」といった点が重視されます。…


Visual Studio中支持的CMake—在2017 15.3 update版本中有哪些更新

[原文发表地址] CMake support in Visual Studio – what’s new in 2017 15.3 update [原文发表时间] 2017/05/10 我们很激动地宣布Visual Studio 2017 15.3 update 的第一个预览版和我们的 Build 2017 大会同一时间发布了。这次的预览版包括两个新功能,使用CMake的开发者都会对这两个功能感兴趣的。。包括开始支持CMake Ninja 生成器和在IDE中CMake CTest的集成。 请下载预览版本并试用最新的CMake功能。如果你刚刚开始使用CMake,可以通过博客 在Visual Studio中学习更多CMake支持功能 进行学习。我们期待你的反馈。 使用Ninja 生成器生成 你们反馈说希望可以支持更多的CMake build 生成器,我们采纳了。Visual Studio最新的预览版本中的CMake tools支持Ninja生成系统。请注意,这是一个预览版本所以还存在一些限制。Visual Studio中的CMake 工具当前只支持x86的生成并且和CTest是不兼容的。另外,Ninja 生成器现在只支持64位的OS。不过不用担心,这些限制都将会在15.3正式发布版本中被解决。 在使用Ninja 生成器之前,你需要编辑CMakeSettings.json 文件。如果你的文件夹中没有CMakeSettings.json文件,你可以右击CMakeLists.txt文件然后选择“更改CMake设置”打开或者创建CMakeSettings.json文件: 如果你的文件夹中还没有添加一个CMakeSettings.json文件,你将看到下面的情形: 如果你想使用Ninja 生成器,你可以在每一个配置里的“generator”设置中选择Ninja 生成器。如果你的文件夹中已经存在CMakeSettings.json文件,你需要将生成器从 “Visual Studio 15 2017”更新到 “Ninja”。注意,这里也仍然不支持x64配置。 在15.3预览版本中,x86的生成是默认选择Ninja 生成器,但是一旦在公开路径发布后这个也将被改变。…


Adding External contacts to a Distribution List in Office365

As a community person i run a lot of discussion lists (in Exchange called distribution list) and always adding new people to these lists. In the Exchange Admin interface this takes to separate steps and filling out several fields of metadata . The two separate steps are: 1.  Adding the contact 2.  Adding that contact…


グローバルなオンライン経済に大きな役割をもたらす「信頼醸成措置」

2017 年 1 月 18 日 – Paul Nicholas – Trustworthy Computing、シニア ディレクター このポストは「Confidence building measures can make a huge difference to the global online economy 」の翻訳です。 インターネットと関連技術の継続的な進化は、政府、企業、および一般市民に新たな機会をもたらしましたが、同時にそれらを新しいリスクにさらすことにもなりました。しかし、インターネットはどこでも同じように採用されているのではなく、各国や経済はそれぞれ異なる方法、異なるペースでオンライン化されています。このため、サイバー リスクの認識とその管理アプローチは、管轄区域によって大きく異なる可能性があります。これは特に新興経済国の場合に顕著で、一般的にそうした国々は、ヨーロッパや米国の先進国市場とは大きく異なるオンライン化の過程をたどっています。このギャップを確実に解決できる方法の 1 つが、信頼醸成措置 (CBM) を使用することです。


Improve Windows Update Performance for New Windows Embedded Image Deployments

Occasionally, the Windows Update (WU) process can take significantly longer than expected for new image deployments on Windows Embedded Standard 7 SP1, POSReady7, and ThinPC. To help speed up this process, you need to install three specific KB packages, and you must stop the Windows Update service before each installation. The packages are: KB3138612 KB3172605…


ありがとうございました!

de:code 2017、大変多くのお客様にご来場いただき無事にメインの 2 日間を終了することができました。 関係者一同、御礼申し上げます。 ありがとうございました。   明日から2日間の Hack Days もありますので、Hack Days ご参加の皆様は引き続きお会いできることを楽しみにしております。